★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 286.html
 ★阿修羅♪
庶民のコミュニティとアメリカの可能性
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/286.html
投稿者 愚民党 日時 2008 年 10 月 04 日 09:15:13: ogcGl0q1DMbpk
 

(回答先: 奈落の底に突き落とされて、リセットするとよい 投稿者 sunshine 日時 2008 年 10 月 03 日 20:25:20)

sunshineさん。元気でなによりです。
お言葉ありがとうございました。

sunshineさんの文章を読みながら、雄大な南北を貫いたアメリカ大陸の
普遍性の感情の海と感覚の山脈を感じとりました。

アメリカUSAの「敗戦」から、「協働的世界形成」という
「庶民のコミュニティ」その外延的発展の芽生え、南北アメリカ大陸の常民による
「普遍性をめぐるイメージ情感」が2009年から誕生すると直感いたしました。

それは「AMERO」共通通貨に対抗する、庶民の通低するアメリカ大陸「情感イメージ」となるのかもしれません。

やはりアメリカ大陸には、「高齢全体主義」の日本と違って
新たなるイメージが誕生する「地底からの音声」があると
sunshineさんの文章を読みながら感じました。

イスラエルを旅した友人が言った結語は
「どこでも常民はまっとうだ」という言葉でした。

平凡に生きる庶民それが「常民」の定性ならば
柳田國男は常民の物語そのイメージにおける「協働的世界形成」の生成を
記述したと、今朝は
合成酒を飲みながら妄想するのみです。

やはりアメリカは「敗北の過程」と「敗戦の過程」から
出発するのです。
それが21世紀のガイストであることは間違いないと思います。

自分はひたすら朝から合成酒を飲むのみです。

「日本」にはなんら期待もせず絶望もせず、ひたすら合成酒を浴びるほど飲みながら
生存するのみ、これこそが「日本」で生き抜く怨念の生活方法です。

もはや「日本」は個的な妄想においてしか成立していないと感じております。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。