★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 503.html
 ★阿修羅♪
中國共産黨「日本解放第二期工作要綱」 (C)
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/503.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 11 月 27 日 21:22:13: Gsx84HOp6wiqQ
 

(回答先: 中國共産黨「日本解放第二期工作要綱」 (B) 投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 11 月 27 日 21:20:23)

 
 
 
 
國民新聞(昭和47年8月)中國共産黨「日本解放第二期工作要綱」(C)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/S47/4708/470801Cchina.html


中國共産黨

  「日本解放第二期工作要綱」(C)


     C.統轄事項


         C−1.派遣員數・身分・組員の出身

         C−2.經費

         C−3.指令・關係文獻の取扱ひ 


C−1.派遣員數・身分・組員の出身

 本工作員の組員は、組長以下約2千名を以て組織する。大使館
開設と同時に8百名、乃至1千名を派遣し、以後、漸増する。

 組長以下全員の公的身分は「大使館員」「新華社社員」「各紙
特派員」「中國銀行員」「各種國營企業代表又は派遣員」「教員」
の身分で赴任する。

 組員は、其の公的身分の如何に拘らず、全て本工作組長のみの
指揮を受け、工作組の工作に專從する。組員は、一部の責任者、
及び特殊工作を行ふ者の他、全員「第48黨校」日本部の出身中
より選拔する。

C−2.經費

本工作での必要經費は、全て中國銀行東京支店より支出される。
中國銀行は、日本國内で華僑及び日本商社より吸收する資金中、
銀行業務の維持に必要なる額を除き、殘餘は全額、本工作の爲に
支出する。 

 華僑預金は、日本人民民主共和國成立後は、全額沒收するもの
であるから、將來に於て預金者に返還する事を考慮に入れて
おく必要はない。

 本工作組長は、常に中國銀行東京支店、黨支部書記と密接に
聯絡し、資金運用の圓滑を圖らねばならない。

C−3.指令・關係文獻の取扱ひ 

 A.本指令、及び工作組織系統表、工作員名簿等の下達は、
   組長、副組長のみに限定する。

 B.關係文獻は全て組長自ら保管する。

 C.關係文獻の複印、筆冩は嚴禁する。

 D.工作組の各部責任者に對しては、訓練期問中に、組長より
   個別に其の所管事項に就いて、指令内容を傳へ記憶せしめ
   る。

 E.組員に對しては、其の所屬する各部責任者が、其の組員に
   擔當せしめんとする事項に就いてのみ教育訓練する。


(昭和47年8月特別號)
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。