★阿修羅♪ > カルト6 > 215.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 黒い手帖と集団ストーカーの考察
http://www.asyura2.com/08/cult6/msg/215.html
投稿者 azumijunko 日時 2009 年 3 月 07 日 20:39:36: Wbjph3gH6IIHQ
 

(回答先: Re: 黒い手帖と集団ストーカーの考察 投稿者 K24 日時 2009 年 3 月 07 日 14:34:58)

http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=521727&log=20070609
2007/06/09 (土) 陸幕二部別室

 私が自衛隊に居た頃、何をやっているのかわからない所として聞いていたのが「陸幕二部別室」という名前だった。当時は「軍隊だから秘密組織があってもおかしくはない」という程度だった。

 「自衛隊中央病院の上の階に、多くの精神状態がおかしくなった高級幹部が入院している」という事を私に話した人も、精神面の治療でその病院に入院させられた事を知り、自衛隊の闇の部分をなんとなく感じていた。

 退官後、自衛隊で心理戦の専門教育を受けたという人物から、「自衛隊には戦前から『ある金持ち組織』のためにあらゆる工作をおこなう所がある。」という話を聞いた。その人物の祖父は特別な組織の教官をやっていたという。また、最近では人の前頭葉の一部を破壊して廃人にする方法に変わり、カテーテルを使って脳のごく一部を破壊して人格を変える技術が使われているとも語った。 その後、彼は施設の入所者を虐待したということで警察に逮捕されたという報道があった。 

 報道で国会議員達の発言を聞いたり、市議会議員をしていて実感するのは政治家の間抜けぶりと、役人組織の悪かしこさだ。こんな状態で政治や行政がまともに機能すると考える方がどうかしている。世間はバカや欲深人間ばかりではない。あまりにもおかしなこの状態が続いている事こそ奇跡的でさえある。

 この馬鹿げた状態が偶然に続いてきたとは考えられない。大きな強い闇の力が働いていると考えるべきだ。日本を動かしてきた極悪秘密組織の正体が姿を現してきている。
私は、例の『ある金持ち組織』は天皇家や吉田、岸、児玉というメンバーを含んでいると考えている

http://anarchist.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=112905471&stq=session%3A%3Ablog%3A%3A540fd1f7f8d72384e8d02e8b0d2bb706
漆間巌クンの華麗なる経歴
昭和44年6月 東京大学法学部卒業
     7月 警察庁入庁
55年  3月 在ソ連邦日本国大使館 一等書記官
62年  2月 防衛庁陸幕調査部調査第2課調査別室長
16年  8月 警察庁長官
19年  8月 警察庁顧問
20年  3月 財団法人交通事故総合分析センター理事長
     9月 内閣官房副長官(麻生内閣)

兄も警察庁長官 綜合警備社長を勤めた。オウム事件で狙撃された国松長官の隣に住んでいた。


内閣情報調査室
http://musume80.exblog.jp/1939904/

初代の室長は村井順。
内務省出身の警察官僚。
後に官を退いた後に、
大手警備会社「綜合警備保障」を設立した人物。

村井は戦時中は上海に駐在し、
上海興亜院で諜報工作活動に従事していた。
彼は、そこで多くの現地の特別機関と接触した。

調査室の設立と共に
村井は旧軍の諜報関係者を糾合し、
CIA型の巨大情報機関にまで成長させようと構想していた。
官房長官の緒方竹虎も情報機関の必要性を常々唱えており、
この両者は二人三脚の関係にあった。

ところが1953年、村井は突如失脚する。
欧州出張旅行中に公金横領のスキャンダルが浮上し、
これを嫌った吉田首相が彼を左遷したのである。


上海興亜院で諜報工作活動とは? 
影佐機関と接触があったということですね。

綜合警備保障
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%9C%E5%90%88%E8%AD%A6%E5%82%99%E4%BF%9D%E9%9A%9C

転載「サイバッチ」内閣情報調査室経済分析官の正体が判明!!
投稿者 倉田佳典 日時 2002 年 1 月 21 日 19:07:04:
http://www.asyura.com/sora/nihon1/msg/3.html
http://www.emaga.com/bn/?2002010072897252015342.cybazzi

村井順のその意味は、やがて旅券の申請で判った。
 それに書かれた旅行目的は、世界的宗教団体の大会に出席するという理由だった。
たしかに、村井順はMOA[注.4]の会員である

MOAとは世界救世教 大本系 美術館で有名
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%95%91%E4%B8%96%E6%95%99
絵画を使ったマネロンか? 後に創価も真似る ノウハウ教えられたかな?

http://banners.freett.com/scripts/pop.asp?no=26655&FreettContentUrl=http%3A%2F%2Fpage.freett.com%2Fsokagakkai_komei%2Fkatsudou%2Fbougai_hirasawa02.html&w=1280&bgt=DefBG1
15億円消えたルノワール疑惑捜査で…“池田大作名誉会長にパトカーつけろ”


MOAとは世界救世教 大本 真光と繋がっている。
戦後大本教から派生した新興宗教の多くがユダヤ星のマークをつけているのは何故なんでしょう。

鳩山兄 と石原伸晃が崇教真光のバッジをつけていたそうですが
崇教真光のマークはユダヤ星とナチス十字
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E6%95%99%E7%9C%9F%E5%85%89
アッシジ市長が来賓としてきています。フランチェスコ会ですね。
鳩山兄の妻の父は戦前上海で貿易商 本人はフランチェスコ会系ミッションスクール 宝塚と進んでいます。

キムチとユダヤとナチスのコラボとは強烈でつね。(爆w
創価学会が学芸会レベルに見えてくる。(w
というアンチキムチさんのコメントがあります。
http://antikimchi.seesaa.net/article/104218042.html

http://www.asyura.com/2003/nihon3/msg/184.html
思考盗聴システムを利用して盗聴・盗撮・ストーキング・暴行・傷害・殺人未遂・不法住居侵入・ワイセツ行為など犯罪を繰り返すダスキ○
投稿者 1 日時 2002 年 12 月 30 日 17:02:03:

この会社は真光系です。

昔 住んでいた家は右隣は 必ず創価 左隣は警察官で弟 妻がダスキ○でした。
後ろの家は『阿片王』といわれた里見甫が好んで使っていた変名と一時違いの人物で 本に載っていた写真とそっくりで(同一人物ではありません)例の会社に勤めていました。
この人が持っていた土地を在日パチンコ屋が借りていました。そのパチンコ屋を買ったのが福岡の業者です。里見甫は福岡出身です。
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/718.html


http://ameblo.jp/disclo/entry-10024191570.html
米議会初の学会議員と米民主党

もともとSGIは「戦時中に反戦を主張したので(日本政府に)弾圧された」という”お話”を

アメリカ社会向けの一種のキャッチフレーズとしていたので、平和がお題目になるのは

必然です。

そこから見るとSWCとの連携は自然といえば自然です。

SWC サイモン・ウィーゼンタール・センター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > カルト6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。