★阿修羅♪ > カルト6 > 217.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 黒い手帖と集団ストーカーの考察
http://www.asyura2.com/08/cult6/msg/217.html
投稿者 K24 日時 2009 年 3 月 08 日 14:32:17: RUW.8Yy8eqVmQ
 

(回答先: Re: 黒い手帖と集団ストーカーの考察 投稿者 azumijunko 日時 2009 年 3 月 07 日 20:39:36)

集団ストーカー追求に関する諸材料を探索していくと、それだけでもかなりな量になることが判ります。
以下に示す諸材料はそのほんの一部に過ぎないでしょう。

集団ストーカーという極めて策謀的で組織的かつ破壊的な人権侵害活動を追求する場合、いくつかのカテゴリーに分けたほうがよさそうです。
そこで至極簡単ではありますが、以下にカテゴリー分けに示してみます。

■1:社会的インフラ面からの材料

 大量監視社会 誰が情報を司るのか
 http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1361-6.html

 ガスライティング犯罪実行ネットワークと警察協力団体ネットワークの一致
 http://antigangstalking.join-us.jp/HtmlReport/AGSASReport09.htm

 ひろがる監視社会 ――「安全・安心まちづくり」とは何か
 http://comcom.jca.apc.org/heikenkon/20th/simizu/simizu_1.html

 大量監視に反対する国際キャンペーン宣言
 http://www.i-cams.org/declaration_jp.pdf


■2:措置入院制度の悪用を示す材料(県の役人・警察・保健所・精神病院の結託)

 僕の見た精神医療
 http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/4511/syakairinnsyouzassiyori.htm


■3:リストラストーカー及びその遠因を考える材料

 日本経団連「経営労働政策委員会報告」批判
 http://blog.goo.ne.jp/psyche-box/e/c336e445b592a299e756b4e227295bbe

 探偵からの防御
 http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Ivory/8936/


■4:創価学会関連材料

 第126回国会 予算委員会第三分科会 第2号 平成五年三月五日(金曜日)
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/126/0388/12603050388002c.html

 第136回国会 予算委員会 第22号 平成八年四月一日(月曜日)
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/136/0380/13604010380022a.html

 2008-8 特集/矢野元公明党委員長国会召致問題
 http://www.forum21.jp/2008/08/20087_2.htm

 NTTドコモ事件判決・認定された創価学会青年部幹部の犯行関与
 http://www.forum21.jp/2007/06/ntt_1.htm

 ドコモ通信記録窃盗事件は学会の組織的犯罪か
 http://www.forum21.jp/04/

 携帯電話通話記録窃盗事件と創価学会の盗聴体質
 http://www.forum21.jp/04/

 会内に”秘密工作”部局 司令塔は池田大作の周辺に!?
 http://www.toride.org/81/crime.htm#eimi3

 黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録 著者 矢野絢也
 http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=215272X


■5:集団ストーカーが外来性の策謀的手法であることを示す関連材料

 ワールド・インテリジェンス Vol.9 特集 特殊部隊と心理戦の最先端
 http://gunken.jp/blog/archives/2007/12/02_1000.php
 (※噂の流布の方法に関する米軍マニュアルが紹介されている)

 マインド・コントロール・ミニッツ:「コインテルプロって何?」
 http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/Mind_Control_Minute8.htm

 人民日報日本版
 http://www.peopledaily.co.jp/j/special/renquan/home1.html
 COINTELPRO
 http://translate.google.co.jp/translate? 
hl=ja&sl=en&u=http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO&sa=X&oi=translate&resnum=1&ct=result&prev=/search%3Fq%3DWikipedia.%2BDefinition%2Bof%2BCOINTELPRO%26hl%3Dja%26lr%3D%26rlz%3D1T4ITVA_jaJP295JP296%26sa%3DG

〜 アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ〜
http://antigangstalking.join-us.jp/HtmlReport/AGSASReport07.htm


以上は、これらは集団ストーカーを示す材料のほんの一部に過ぎませんが、
これだけでも相当に混乱してしまうかもしれません。
まるで雲を掴むかのような話になってしまいますが、このような材料が広範囲に亘る場合は、それに応じたものの見方考え方を必要としてくると見積もられます。
以上のような材料的な広範囲性を示す集団ストーカーを追及し考える場合に必要となるスタンスとしては、

1:集団ストーカーに関しては日常的なものの見方考え方で捉えるのではなく、策謀的なものの見方考え方で初めて捉えていくことができる。
2:集団ストーカーは実行組織と黒幕に分けて考える
3:集団ストーカー実行組織と集団ストーカーノウハウ自体とは基本的に別物である
4:集団ストーカーノウハウ自体は外来性でありその起源は外国である
5:集団ストーカー実行組織は外来性の策謀的ノウハウを取り入れ利用し、あるいはそれを破壊的ビジネスとしている
6:国内における集団ストーカー黒幕は警察・企業・創価学会を含めた支配権力内部(政・官・財・ヤクザ)に潜んでいる
7:集団ストーカーの最終的な黒幕は外国勢力である

ざっとこのようななると見積もられます。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > カルト6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。