★阿修羅♪ > 不安と不健康14 > 225.html
 ★阿修羅♪
工場からの廃水を農業用灌漑用水として利用した中国
http://www.asyura2.com/08/health14/msg/225.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2008 年 11 月 05 日 23:48:28: KqrEdYmDwf7cM
 

(回答先: 野菜ジュースは中国産 中国野菜、カゴメ輸入削減 食品大手7割「厳選検討」 日経調査 投稿者 てんさい(い) 日時 2008 年 11 月 05 日 23:45:54)

環境問題のデパート・中国の素顔(小柳秀明)
日本さえ安全ならよいのか・中国国内でも広がる穀物汚染(08/02/18)
http://eco.nikkei.co.jp/column/eco-china/article.aspx?id=MMECcj005015022008

小柳秀明 地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所長 1954年東京生まれ。77年東大工学部都市工学科卒。同年環境庁(当時)入庁。20年間環境行政全般に従事。97年JICA専門家として中国へ。中国環境問題の研究や日中環境協力を手がける。2006年7月から現職。

 中国製冷凍ギョーザへの殺虫剤混入事件は、故意による混入の可能性が出てくるなどますます事件性を帯びてきた。日本国内では関連する中国製冷凍食品の回収だけでなく、中国産の食材そのものに対する安全への懸念が日増しに強くなってきている。

 一方、中国国内では既に2年前から全国的な土壌汚染による穀物の汚染が中央政府から指摘されており、健康被害も発生している。中国の食材の汚染は、実は我々日本人以上に中国国民にとっては避けることのできない深刻な問題となっている。輸出される農作物であれば検疫制度により発見できる可能性もあるが、中国国内で流通しているものは捕捉されないからだ。

 

◇   ◇   ◇

 

■衝撃的な発表

 2006年7月18日、周生賢中国国家環境保護総局長は全国土壌汚染防止会議の席上、衝撃的な事実を発表した。何と中国全国の耕地面積の10分の1以上が既に汚染されているというのだ。不完全な調査と前置きした上で次のように述べている。

「全国で、約1000万ヘクタールの耕地が汚染されている。そのうち汚水灌漑(かんがい)により汚染された耕地は217万ヘクタール、固体廃棄物(日本の産業廃棄物にほぼ相当)が放置されているため使えなくなっている耕地が13万ヘクタールに上っている」

 それだけではない。さらに重要な事実を報告している。

「毎年、およそ1200万トンの穀物が重金属により汚染されていると推計され、直接経済損失だけでも200億元(約3000億円)を超えている」

 中国の2005年の穀物生産高は約4.8億トンだから全穀物の約2.5%が汚染されている勘定になる。そしてこれは推計値であり、具体的にどの田畑が汚染されていると特定したものではない。このことは中国国民が知らず知らずのうちに汚染された穀物を口にしている可能性が極めて高いということだ。

 

付近の真っ黒に汚れた川で釣り餌用の貝を採る人<撮影:小柳秀明>

新中国の汚水灌漑のモデルとされた「瀋陽撫順工業廃水灌漑用水路」<撮影:小柳秀明>

 

■かつて新中国建設のモデルだった「汚水灌漑」

 この事実が発表された後、私はかつて汚水灌漑が行われていたという中国東北地方の現場に出かけてみた。汚水灌漑というのは工場からの廃水(通常は何らかの水処理が行われた後の排水)を農業用灌漑用水として利用するというもので、たとえば、化学工場からの廃水には肥料の3大要素である窒素やリンが豊富に含まれるので、作物の育ちが良くなるといわれた。また、水不足の地域では灌漑用水が不足するため、やむを得ず工場排水を使わざるを得ない場合もある。

かつて汚水灌漑用水路に流していた化学工場の排水口<撮影:小柳秀明>
 

 私が訪れたのは遼寧省撫順市、石炭の露天掘りで有名な町である。

 新中国の汚水灌漑のモデルとされた瀋陽撫順工業廃水灌漑用水路は、その起点を撫順市東部のアクリル繊維工場に発する全長71km、その灌漑面積は約1万ヘクタールであった。灌漑方式は灌漑用水路の汚水と周辺の川の水を混合して直接圃場を灌漑するものである。

 当初、作物の育ちがよく、収量が倍増したので「廃棄物を宝に変える」農業灌漑のモデルとされた。しかし、長期間にわたる汚水灌漑は深刻な汚染をもたらし、資金を投入して汚染を除去する必要に迫られることになった。なかでも、農地汚染は収量の低下を招き、穀粒中の汚染物質残留量が多く、土壌中の石油類も対照区と比べて20倍も高かった。

 地表水と地下水の汚染は、用水路のオーバーフローと浚渫(しゅんせつ)により周辺の川の汚染と川沿いの水源の汚染を招き、400本あまりの井戸が汚染により使えなくなった。汚染地区の住民の発病率と難病発病率が高く、がんにかかる比率、死亡率、奇形児発生率が高いという深刻な健康被害を招いた。

 

今では工場排水が流入しないようせき止められた。左下に見えるのが水質測定用採水器<撮影:小柳秀明>

水質モニタリングステーション:灌漑用水路の水質は24時間監視されるようになった<撮影:小柳秀明>


■固体廃棄物の未処理放置は60億トン以上

ほぼ満杯になった化学肥料工場のリン石膏廃棄物堆積場<撮影:小柳秀明>
 

 農用地汚染のもう一つの大きな原因である固体廃棄物の未処理放置も、あまり騒ぎ立てられていないが隠れた大きな問題の一つである。私は以前からこの問題に注目していた。

 中国政府が毎年発表する廃棄物処理の統計データをよくみると面白い一項がある。最終的な処分方法が決まっていない廃棄物の量に関する統計(貯存量と表現されている)である。

 毎年2.5〜3億トンずつ発生し、累積では60億トン以上にも達しているはずだが、2001年以降累積量の統計データが発表されなくなってしまった。これがどの程度多いのかをほかのデータと比較すると、日本での1年間の産業廃棄物発生量は約4億トン、中国のそれは15億トンであるから、だいたい想像がつくだろう。

 未処理放置されている理由は様々であるが、たとえば、有効利用したいが今はその技術がないというものもある。写真は、私が重慶市の郊外の農業用肥料を作る工場を訪問した際に目にしたものであるが、副産物としてできるリン石膏が有効利用できずに長江沿岸の農地に山積みされたままであった。

 

山積みにされた堆積場の下には民家が迫っていた<撮影:小柳秀明>

リン石膏廃棄物の新規堆積場予定地は、谷間の農地だった<撮影:小柳秀明>

 

■中国国民の安全確保が日本の安全にもつながる

 中国政府はようやく土壌汚染の防止に向けて本格的に取り組み始めた。現在、約150億円を投入して全国の汚染状況を調べている。また、土壌汚染防止法の立法作業にも着手している。

 上述のような汚水灌漑により汚染が進行した地域に対する対策も進められつつある。そこには、汚染の存在を明らかにし、住民に警告を与え、住民を味方につけて攻めに出ようとしている中央政府の姿勢が読みとれる。(前回コラム:攻めに入った中央政府、地方の「地元政策」に対抗参照)

 汚染された穀物が闇から闇へと流れ、知らぬ間に私たちの口に入ってしまうことのないようにしっかり調査されること、中国国民の食の安全が確保されることが、ひいては私たち日本人の食の安全にもつながっていく。

 最近のギョーザ騒動をみていると日本は自分たちの安全のことだけしか考えていないような傾向が見え、これだけで良いのかとふと疑問に思うことがある。自分たちの安全確保はもちろん大切なのはいうまでもない。しかし、自分たちよりももっと身近で危険にさらされている人たちがいるということも忘れてはならない。

 そして、最後に、私たちが冷凍ギョーザ事件に端を発して中国側に食の安全を指摘し、圧力をかけることが、中国国民の食の安全にもつながっていくことを願っているし、皆にそういう目で見てもらいたいとも思っている。

<関連記事>

# 健康被害、本格救済はこれから――公害・健康問題と向き合い始めた中国(下)(08/02/04)

# 「がんの村」抱える中国、水俣を視察――公害・健康問題と向き合い始めた中国(上)(08/01/21)

# 中国の新たな決意と協力に向けた課題・日中首脳会談と環境協力(下)(08/01/08)

# 日本が抱えた重い宿題・日中首脳会談と環境協力(上)(08/01/07)

# 中国は環境問題のデパート・現地滞在リポート<新連載>(07/12/26)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康14掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。