★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板3 > 352.html
 ★阿修羅♪
熱力学の第二法則を理解する能力が無いアホ共が、良く使う反論ですね。
http://www.asyura2.com/08/nature3/msg/352.html
投稿者 スパイラルドラゴン 日時 2008 年 7 月 21 日 14:37:08: 0zaYIWuUC0gac
 

(回答先: あまりにもこの人の投稿が酷いので一言言わせていただきます 投稿者 代理投稿1 日時 2008 年 7 月 21 日 07:11:38)

>エネルギー保存は閉鎖系で成立するもので、地球は開放系です。

上記の反論は、熱力学の第一法則と第二法則との関連を全く理解していない「と学会」の信者や、永久機関を夢見る連中から時々私に寄せられる反論ですが、反論の意味が理解できないので放置しているのですが、温室効果ガス地球温暖化仮説は「再放射」という「熱の不可逆過程」が組み込まれた「第二種永久機関」を肯定するトンデモ理論です。

それに、この宇宙のどんな物質(惑星)も「熱的」には、開放している系だという大前提を理解していますか?

それに、熱力学第二法則に反する熱移動は、どんな系でも起こりません。

☆(参考)【熱的変化があるとき、熱が伝わる条件】・・

 「熱」とは二つの物体間で実際に移動するエネルギーの移動形態をしめす。そして大切なことは実際に伝わる熱で、「放射」ではありません。

 ここが“トリック”になっているのですが、“熱”が“実際に伝わる”ための二つの条件について。

(温室効果論の支持者は、このポイントを理解できていないで、トリックにはまってしまっていることにより起こるものです!!。)

@必要条件 ・・ 熱力学第一法則 

 熱的変化があるときの[必要条件]であって、熱的変化があるときには必ず成立するが、この条件が満足されても変化が必ずしも起こるわけではない。
      ・・エネルギーが必要(virtualは不可!)

A十分条件 ・・ 熱力学第二法則 

 熱的変化があるときの〔十分条件〕であって、この条件が満足されるように熱的変化が起こる。
 熱的変化の【方向性】(不可逆過程)
 熱が移動するにはその方向性を持った《温度差》が必要。
 《何でも“再”はダメ、廃熱の回収不可・覆水盆に返らず》。

 また、放射による熱エネルギーの伝播は・・

 内部エネルギー(=温度)→ 電磁波 ⇒ 内部エネルギー(温度)⇒仕事 
 と、“内部エネルギー”を介して相手に“熱”を伝える。

よって、放射のエネルギーは相手の物体の“内部エネルギー”より高い(“温度”が高くなる)ことが必要。 

 「温室効果」は、《十分条件》を満たさない。・・《熱の不可逆過程》のハードルを越えることができない。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 環境・エネルギー・天文板3掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。