★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK46 > 622.html
 ★阿修羅♪
風雲急の通常国会 政界インサイドレポート − data-max (小沢氏「決戦が2ヶ月早まるぞ」)
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/622.html
投稿者 児童小説 日時 2008 年 1 月 29 日 04:18:42: nh40l4DMIETCQ
 

風雲急の通常国会 「福田おろし」を狙う福岡3人衆 | 政界インサイドレポート

 1月18日に開幕した通常国会で福田内閣はいきなり正念場を迎えている。自民党内では「3月総辞職説」がまことしやかに語られ、各派は早くも総裁選の準備を始めた。
《前門の虎》はいうまでもなくガソリン税の暫定税率廃止を掲げる小沢民主党だ。議員60人のキャラバン隊を編成して全国行脚を開始し、「ガソリン値下げ」を争点に解散・総選挙に追い込む構えだ。

 福田首相のお膝元の町村派幹部さえこう見ている。
「予算関連法案が3月末までに成立しなければ、ガソリンの暫定税率は一時廃止され、価格も下がる。そうなった後に、与党が衆院の3分の2で関連法案を強引に再可決すると野党は問責決議を行い、福田首相は解散を迫られる。しかし、自民党内のほとんどはガソリン引き下げを争点に勝ち目のない選挙を戦うより、福田内閣の総辞職と引き換えに関連法案の修正可決という道を選ぶしかないと考えている」

 与党内は解散時期を早くても洞爺湖サミット(7月)を終えた今年秋以降に先送りすることを絶対条件にしており、もともと安倍退陣による「暫定政権」の性格が強い福田首相は事実上、解散権を与えられていないに等しい。

 
◆政界再編をにらむ山拓の布石

 自民党各派は薬害肝炎問題と「消えた年金」問題解決の公約違反で福田内閣の支持率が急降下した昨年末から、「この政権は長くない」と見切りをつけ、ポスト福田に向けた総裁選の準備に走り出した。

 古賀誠・選対委員長と谷垣禎一・政調会長が当初5月に予定していた派閥(宏池会)合流を通常国会前に前倒ししたのも、「この国会で政権交代がありうる」(同派幹部)と判断したからだ。これで古賀氏は谷垣氏という総裁候補を担ぐ態勢を整えた。

 山崎拓・元副総裁も有力な次期総裁候補を握った。昨年12月に山崎派入りした若手リーダーの一人、石原伸晃だ。石原氏は行革担当大臣、元国土交通大臣、政調会長を歴任し、若手の中ではピカ一のキャリアを持つが、旧加藤派を離脱して無派閥だっただけに、これまでは総裁選に立つチャンスがなかった。

 それが山崎派40人の勢力をバックにつけたことで、いつでも総裁選に出馬できる。山崎氏側近はいう。
「石原入会は後援会長で山崎氏と近い氏家齊一郎・日本テレビ会長が仲介した。氏家氏は渡辺恒雄・読売新聞グループ会長とともに自民、民主大連立構想に関わったとされる人物であり、伸晃も民主党若手幹部と太いパイプを持つ。その意味で山崎氏の石原スカウトは総選挙後の連立や政界再編をにらんだ布石だ」


◆麻生は派閥分断作戦に活路

 昨年の総裁選で大健闘し、ポスト福田の”本命”と見られている麻生太郎・前幹事長はもちろん虎視眈々と「次」を見据えているものの、前回とは情勢がかなり違ってきた。
 古賀派と谷垣派の合流によって古巣の宏池会議員からの麻生支持は難しくなった上、石原氏が出馬すれば、若手の票を奪われかねないからだ。

 その麻生氏の最後の手段は各派の分断作戦しかない。
「山崎派が石原を擁立したら甘利明・経済産業大臣が反発して派を割り、こっちにつく。麻生さんは他にも伊吹派会長代理の中川昭一・元政調会長、津島派の鳩山邦夫・法務大臣、古賀派は菅義偉・元総務大臣という各派の最高幹部を味方にしている。次の総裁選では、自民党の派閥がバラバラになって戦うことになる」(麻生側近)
 こうした情勢を渡辺喜美・行革担当大臣は、
「自民党が液状化してきた」と言い抜いた。

http://www.data-max.co.jp/2008/01/post_372.html

風雲急の通常国会(2) 「ブリッジ法案」で最後の賭けに出た福田 | 政界インサイドレポート

◆「府知事選勝利」で自民が反転攻勢

「決戦が2ヶ月早まるぞ」
 民主党の小沢一郎・代表は党内に非常事態を宣言し、臨戦態勢を指示した。
 ガソリンの暫定税率廃止を掲げる民主党の抵抗で予算関連法案が3月までに参院で採決されなければ、4月1日から暫定税率の期限が切れ、ガソリン料金は自動的に1リットル25円程度下がる。その実績をテコに、予算審議が大詰めを迎える4月はじめに福田政権を解散・総選挙に追い込むのが民主党の戦略だ。

 ところが、政府・与党はそうした事態を避けるために、予算関連法案とは別に、「ガソリン値下げ」をさせない『ブリッジ法案』を議員立法で提出し、1月中に衆院で強行採決する方針を固めた。同じ内容の法案を2本出すという異例な手法だ。
「大阪府知事選の大勝で天の時はこっちにある。多少、無理筋でもやるしかない」

 伊吹文明・自民党幹事長、北側一雄・公明党幹事長をはじめ、与党幹部は大阪府知事選翌日の1月28日、福田首相にそう決断を迫った。この方法なら予算関連法案の参院の審議が長引いても、憲法の「60日規定」(60日以内に参院で採決しなければ否決されたとみなされる)を適用してブリッジ法案を3月末までに衆院の3分の2で再可決することで、ガソリン料金を下げずにすむ。
 民主党の戦略を空振りさせようという破れかぶれの”禁じ手”といえる。
 民主党国対幹部が怒るのは当然だ。
「与党が法案を採決すれば、審議拒否だ。国会は空転、日銀総裁など国会同意人事はすべて否決する。日銀総裁は3月から空席になる」

 まさに与野党決戦が「1月末」に早まりそうな雲行きになってきた。

◆動き出した「トロイの木馬」

 自民党は昨年暮れからこのチャンスを狙って布石を打っていた。森喜朗・元首相や中川秀直・元幹事長は、
「1月に何かが起きる。民主党は割れるぞ」
 側近議員たちにそう予告していた。
 動きは現実となった。民主党の参院側から、渡辺秀央氏と大江康弘氏らが、「暫定税率反対」をぶちあげ、反旗を翻したのだ。
「民主党内で衆参39人の署名を集めた」
 大江氏らはそう公言して党内を撹乱し始めた。参院の同調者が増えれば、野党の過半数が崩れかねない事態である。菅直人・代表代行は慌てて「除名すべきだ」と鎮圧に乗り出した。

 造反部隊の背後にいるのは自民党の二階俊博・総務会長だ。和歌山県議出身の大江氏は二階側近として知られ、昨年の参院選の際には、民主党の比例代表候補として出馬しながら、地元・和歌山でで「選挙区は自民党の世耕、比例は大江をよろしく」と運動をして党内で目をつけられていた。
 菅側近議員は2人の離党は織りこみ済みのという。
「渡辺と大江は同じ比例代表なら当選しやすいから民主党から出たが、最初から反小沢で離党のタイミングをうかがっていた。いわば二階が送り込んだトロイの木馬だ。ブリッジ法案に確信犯で賛成し、それで除名されれば大手を振って出て行けるから計算通りだろうが、民主党からの同調者はほとんどいないはずだ」

 ただし、民主党と統一会派を組む国民新党もガソリン暫定税率廃止に反対しており、同党が統一会派を解消して民主離党組と合流する可能性もある。
「今回は民主切り崩しの第一段階だ。さらに二の矢、三の矢がある」
 自民党国対幹部はそう語る。

 もっとも、「石橋を叩いても渡らない」といわれる福田首相が、自民党内の道路族議員たちの誘いに乗り、大阪府知事選の勝利を「信任を得られた」と勘違いしてブリッジ法案提出に突き進めば、国民から思いがけないしっぺ返しを受けるはずだ。

http://www.data-max.co.jp/2008/01/2_31.html

《関連記事》

『離党勧告なら甘受する』 大江氏、政府案に賛成−東京新聞 (民主党内守旧派だな) kaname
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/597.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK46掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。