★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK50 > 208.html
 ★阿修羅♪
ベンジャミン・フルフォード  「中国の地震について」
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/208.html
投稿者 新世紀人 日時 2008 年 5 月 14 日 10:26:42: uj2zhYZWUUp16
 

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/
05/13/2008
中国の地震について

昨日中国で起きた地震はアメリカの攻撃の可能性が高い。昨日だけで28回もの地震があった。そして地震の震源地は31.099°N, 103.279°Eであり、グーグルアースで見ると三峡ダムのすぐ左隣だとわかる。偶然にしては無理がある。新潟地震で見つかったプラズマ映像が中国でも発見されれば、真実は明らかになる。

http://earthquake.usgs.gov/eqcenter/recenteqsww/Quakes/us2008ryan.php

ロシア議会の証言によると、アメリカとソ連は1970年代に地震兵器を使用しないという調停を結んでいる。

http://www.bariumblues.com/haarp_geophysical_weapon.htm

しかし毎日世界各地で震度5以上の地震が平均12回程起きている。全てが自然現象だとはいい難い。また、先日日本に接近した大型の台風についても、アメリカの脅しである可能性が高いという情報も入っている。

親友が精神病になり、犯罪者へと陥るのを見るのは悲しいが、今のアメリカはそういう状況である。中国、ロシア、日本など各国が、至急に国連でアメリカの地震兵器、天気兵器、生物兵器、餓死政策について取り上げ、全世界の世論を動員し、アメリカの異常行動を止めなければならない。

Posted at 22:30 | Permalink | Comments (11) | TrackBack (0)

[新世紀人コメント]…地下核実験の正体はなにか?

いわゆる地震兵器と言われるものを論ずる時に無視できないものに「地下核実験」と称されているものが在ると私は考える。
「地下核実験」とは核爆発を地上で行う事の環境への配慮から代わりに地下で行うというものではなく、断層などの変化しやすい地下を狙っての地下攻撃いわゆる地震兵器の実験であると考える事も出来よう。
米国で何度も行われた地下核実験が米国西海岸での大規模地震を引き起こしていた可能性については過去にも疑問が提出されていたのではないのか。
今回の四川省地域での大規模地震(チベット族が多く住む)の地下断層の特殊性から圧力のかかりやすい地域の地下に大規模な圧力をかければ何時地震がおきてもおかしいくはない地下的環境を造り出す事は可能なのではないか。
ただし発生日時までを決めて行いたい場合には、信管刺激をどのように行うか? について特殊な方法(超常的魔術的方法)が必要とされるのではないかと考えるのである。
しかしまた、それまでに何度も人工的に地震を引き起こして十分にデータを蓄積したうえで引き起こせばある程度の日時を狙って引き起こす事は可能となるだろう。
既に四川地域では過去に何度も大地震が起きて(引き起こされて?)いるのだ。


 2 81 +− 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK50掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。