★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK50 > 477.html
 ★阿修羅♪
見過ごせない曽野綾子氏の言葉 (天木直人のブログ)
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/477.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 5 月 27 日 10:23:53: twUjz/PjYItws
 

(回答先: 見過ごせない小泉純一郎氏の言葉(天木直人のブログ) 投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 5 月 27 日 10:20:46)

http://www.amakiblog.com/archives/2008/05/27/#000899

2008年05月27日
見過ごせない曽野綾子氏の言葉

 

 人の言葉の揚げ足を取るつもりはない。しかしどうしても見過ごせない言葉であったので紹介しておきたい。

 曽野綾子という作家が産経新聞に連載しているものに、「透明な歳月の光」という随筆がある。

 5月26日の第289回のそれは、植物と「後期高齢者制度」というものであった。

 どういう結びつきなのだろうと読み始めて、それが「後期高齢者制度」を変えないと頑張っている福田政権を援護しているものであることに気づいた。

 「後期高齢者制度」に怒っている多くの後期高齢者に対して、「もうすぐ死んでいく身分だから、ガタガタ騒ぐな」、と言っているのだ。

 さすがは作家である。そのような直裁的な物言いは巧みに避けている。しかしその意図するところは明らかだ。

 「私は人生の半ばに視力を失うかもしれないという危機があった頃から、突然、植物を育てる趣味を持つようになった・・・」という文章からはじまるその随筆は、その殆どが植物を育てる愛情あふれるエピソードに費やされている。

 ・・・・日本ではケヤキ、クス、モミジ、フジなど、どれを取ってみても数十年、数百年という寿命を持っている。しかし、我が家にある外来種は、数年で若い株を分け、挿し木で増やし、古い部分をさっぱり切ると、下から若い部分が旺盛に伸びてくる、という原則を繰り返すものが多い・・・

 とここまで書いたあとで、随筆の最後の6分の1あたりに、次のようなこの随筆の本音の部分が現れてくるのだ。

 ・・・庭の手入れをしながら、私はいつも、古いものは取り除かれ新しい命に譲る、生の継続と繁栄の姿を見ている。
   すると、「後期高齢者」などという制度や呼び名に腹を立て、「老人に死ねというようなものだ」などと怒ることもなくなるだろう・・・

 あまりにも強引なこじつけである。後期高齢者医療制度の問題は、このようなたとえ話と一緒にして葬り去ってしまう問題ではないことぐらい、曽野綾子氏も知っているはずである。

 それにしても、かねてから私が思ってきたことであるが、曽野綾子氏は不思議な人物である。みずからキリスト教徒を自認している氏が、その伴侶である三浦朱門氏ともども、ここまで骨の髄まで沁みこんだ保守、エリート主義の強者の論理に立てるものだ。

 もっとも、キリスト教そのものが、支配者に都合のいい、人間は原罪を背負っていると、皆に思い込ませる、弱者いじめの宗教であるという説もあるのだが。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
見過ごせない曽野綾子氏の言葉 (天木直人のブログ) クマのプーさん
コメント開始
2009/11/26 22:07

キリスト教と日本の保守層と同一視している時点でこいつも偏見の塊と同類だ。
9条関係者にキリスト教(似非本家不問)がいることをお忘れなく。

2009/11/26 22:54
某有名カトリック作家の随筆は別として、高騰する医療費の問題を
放置することはできないでしょう。
アメリカでも同じ問題があり、大統領が先頭にたって、
医療費抑制に取り組んでいます。

一方、日本では、逆に無料にしろの大合唱。

2009/11/27 05:26

自分たちはセレブな生活を送っていてろくな取材もしないで(最も取材力の無さは沖縄で発揮されたが)当てずっぽうで意見を述べる。
ほんに小説家という商売はお気楽なものですな。
2009/11/27 20:20
何人といえどもカトリックを食いものにすることは許されません。信仰の対象を売名の道具にする行為は裁きを受けます。今後は「化トリック信徒」と訂正してください。
2009/11/28 11:45
さすがは笹川良一の娘。
2009/11/30 06:06
07. 2012年12月01日 14:35:18 : oRwWZ8HtKw
曾野綾子氏の思想・哲学も知らずに、保守、エリート主義と主張するのはあまりにも軽薄で短絡。
「死」は忌むべきものではなく、そこを目指して生きて行くための「人生の頂点」なのです。
幼少時から「死」を見据えて生きてきた曾野綾子氏には、「後期高齢者」と言われて目くじらをたてている人達が、あまりにも軽薄で、往生際が悪く映るのでしょう。
いつも「死」を目指して生きていれば、そんな発想はしないでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK50掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。