★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK53 > 465.html
 ★阿修羅♪
公明党の代表選挙の不可解さ&創価学会に支配されたマスメディアと田原総一郎【せと弘幸Blog】
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/465.html
投稿者 ブッダの弟子 日時 2008 年 9 月 12 日 14:23:58: WrVq5GKL9DWTY
 

全文
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52031818.html


 新聞はこれまで民主党の代表選挙や自民党の総裁選挙についてはかなりのスペースを割いて報道していますが、同じように代表選挙に立候補した公明党の大田昭宏についてはベタ記事扱いでした。

 公明党の代表に立候補した大田昭宏がどうでも良い話題ではないが、これはマスコミ的にはやはりどうでも良い記事になってしまう。

 何故ならば、これまで公明党の代表者を選ぶ選挙は、結党以来一度も行なわれた事がない。対立候補が出ないという政党な訳ですが、これは創価学会の操り人形であるからなのです。

 田原総一郎氏の長女は田原敦子さんといい、テレ朝のプロデューサーをしているが、創価学会の出版物である第三文明に『全力でトライする精神』というコラムを連載で書いている。

 また、この第三文明社からはエッセイ集『転がる石はダイヤモンド』なる本も出している。つまりは田原総一郎氏の娘はすっかり創価学会によって取り込まれてしまっているのです。

 田原氏がいくら辛口の批評を売りにしている政治評論家と言えども、創価学会と公明党の政教一致問題などで語ったことがない。娘が世話になっていれば、それは何も言えないでしょう。

 これはほんの一例に過ぎず、創価学会はあの手この手を使って、このようにテレビ局だけではなく、評論家そしてその家族まで面倒を見てしまうのです。

 ところで、この田原総一郎の看板番組である『サンデープロジェクト』ですが、このところ視聴率が急降下している。やはり日本国民もバカではないようです。

 最近クレームがテレビ局に寄せられており、批判の内容は多面的に渡るが、どうも公正な報道をしていないという批判のようです。これにはテレビ局も頭を抱えており、番組の打ち切りも含めて検討する時がやって来そうです。


関連

【植草氏の指摘で気づく】公明党の無投票再選には一切、文句を言わずに、民主党にだけ注文をつけるマスゴミの矛盾 08 年 8 月 23 日
http://www.asyura2.com/08/senkyo52/msg/684.html

鳩山幹事長「公明党は代表選をやったことがない」【国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行】08 年 8 月 27 日
http://www.asyura2.com/08/senkyo52/msg/770.html

サンプロで田原が公明太田代表に質問。田原による公明バッシングはこれで二度目。【クレイジーパパ】 08 年 9 月 08 日
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/335.html

田原総一朗の政財界「ここだけの話」 公明党の東京大移動について触れる【日経BP】 08 年 8 月 04 日
http://www.asyura2.com/08/senkyo52/msg/374.html


コメント

田原が最近、公明を叩いたのは、こういう事情があった部分もあるのかもしれません。政府御用キャスター 田原の番組など見るべきではない。様子をたまには見てみたいと思うけれども。

創価はこうしてメディアをほぼ手中に収めている。小泉郵政選挙の時の様な麻生偏向報道。これに大衆が騙されるのは、大衆が創価のマインドコントロール下にあるという証明にもなるだろう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK53掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。