★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK54 > 499.html
 ★阿修羅♪
アフガン政府 タリバンと和解交渉 オマル師に手紙−−副大統領会見(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo54/msg/499.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 10 月 08 日 09:30:57: twUjz/PjYItws
 

http://mainichi.jp/select/world/news/20081008ddm003030127000c.html

【カブール栗田慎一】アフガニスタンのカリム・ハリリ副大統領は7日、カブールで毎日新聞と単独会見し、敵対する旧支配勢力タリバンの最高指導者オマル師に対し、アフガン政府が手紙などを通じた和解交渉を開始したと語った。オマル師側には武装解除や同国憲法を認めることを求めており、副大統領はオマル師側が条件をのめば政治勢力として受け入れるとの考えを示した。

 副大統領は「サウジアラビア政府に対し、政府とオマル師側との和解交渉の仲介を依頼した」とも述べた。

 カルザイ大統領はこれまでもオマル師に対し、武装闘争を捨てて対話に応じるよう呼びかけていたが、具体的な交渉が明らかになったのは初めて。オマル師が受け入れるかどうかは不明だが、タリバンの勢力回復でアフガンでの対テロ戦争が泥沼化する中で、米国や国連などもアフガン政府の対話努力を受け入れるとみられる。

 一方で副大統領は、アフガンや隣接するパキスタンで活動する国際テロ組織アルカイダ系の外国人武装勢力については「交渉しない」方針を示した。自国民のタリバンと、外国人主体のアルカイダを明確に分けて対応するもので、外国人勢力に対する米軍の軍事作戦は有益との認識を示し、米軍のアフガンへの増派も否定しなかった。

 オマル師は01年の米国によるアフガン侵攻後、所在不明。タリバンは現在も最高指導者として健在だとしている。米軍はアルカイダ指導者のウサマ・ビンラディン容疑者とともにオマル師の捕捉や殺害を目指してきた。

毎日新聞 2008年10月8日 東京朝刊

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。