★阿修羅♪ > アジア13 > 558.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北朝鮮女子サッカーチーム入国許可決定【デイリースポーツその他】
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/558.html
投稿者 ×× 日時 2010 年 1 月 06 日 23:23:54: QVkkDEqqKcOUw
 

http://www.daily.co.jp/soccer/2010/01/06/0002622836.shtml
北朝鮮女子サッカーチーム入国許可決定
 政府は5日、東京で2月に開催されるサッカー東アジア選手権に出場する予定の北朝鮮女子チームの入国を許可することを決めた。チームの参加をめぐって中井洽国家公安委員長は昨年12月、「(北朝鮮に)制裁がかかっている段階だから当然反対だ」と発言していた。平野博文官房長官が同日、中井氏と面会し、麻生政権時代の昨年7月に許可を決めていたことを伝え、「認めざるを得ない」と理解を求め、中井氏が了承したという。
(2010年1月5日)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&rel=j7&k=2010010500325&j1
北朝鮮チームの入国許可へ=スポーツを理由、特例で−政府
 政府は5日、2月に東京で開催される東アジア女子サッカー選手権決勝大会に出場する北朝鮮チームの入国を許可することを決めた。政府は日本人拉致問題や核実験に対する制裁措置を実施中で、北朝鮮関係者の入国を認めていないが、スポーツ活動と制裁とを切り離し、例外とした。
 平野博文官房長官は同日午前、北朝鮮チームの入国に反対を唱えていた中井洽拉致問題担当相と首相官邸で協議し、入国を認めることで一致。平野氏はこの後の記者会見で、その理由について、スポーツであることや、麻生前政権が入国許可を内々に決めていたことを挙げた。
 一方、中井担当相は会見で「昨年7月、麻生政権下で既に入国を許可するサインが行われておりやむを得ない。今回は特別な措置として了解した」と説明。その上で「北朝鮮に対する入国制限措置を緩和するものではない」と強調した。(2010/01/05-13:12)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100106-OYT1T01107.htm
北女子チーム入国許可、救う会「誤解招く」
 2月に東京で行われるサッカー東アジア選手権を巡る北朝鮮女子チームの入国問題で、拉致被害者家族会と支援組織「救う会」は6日、政府が同チームの入国を認める方針を決めたことについて、「北朝鮮が、日本の拉致問題解決を求める姿勢が緩んだと誤解することを強く心配する」などとする声明を発表した。
 同チームの入国を巡っては、中井国家公安委員長が昨年12月、「(北朝鮮国籍保有者の入国を原則禁止する)制裁があり、入国には反対」と意見を表明していたが、平野官房長官は5日の閣議後会見で、「スポーツであり、前政権がすでに決定した経緯もある」として、入国を認める方針を明らかにしていた。
(2010年1月6日19時57分 読売新聞)

=======================================
(コメント)
このニュースのキーは、北朝鮮入国に反対していた閣僚から『麻生政権時代の昨年7月に許可を決めていたことを伝え』とか
『昨年7月、麻生政権下で既に入国を許可するサインが行われておりやむを得ない。』とかの言葉が出たことですね。

これで沖縄も辺野古で決まりか?
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 卍と十と六芒星 2010年1月07日 00:43:42: xsXux3woMgsl6

選手團に紛れ込んで入國して來る北朝鮮政府高官と、
民主黨政權は何を話し合う積もりなんでせうか。
拉致被害者返還交渉でもする積もりなんでせうか。
小泉のサプライズのパクリですか。

(卍十*)


02. 2010年2月28日 10:23:20
開催国として参加国の入国を拒んだら日本がペナルティを受けるだろ。

03. 2012年11月21日 02:35:59 : TpvfdWELkg
朝鮮体育大学と日本体育大学との
サッカーの試合が行われる

http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2012/11/15/11-14-0.htm
朝鮮体育大学と日本体育大学のサッカーの試合が11月14日、金キム日イル成ソン競技場で行われた。

張チャン成ソン沢テク・国家体育指導委員会委員長と李リ鐘ジョン茂ム体育相、朴パク根グン光グァン・朝日友好親善協会会長、シン・ドンギュ朝鮮体育大学学長、関係部門の幹部、サッカー専門家、愛好家、平ピョン壌ヤン市内の勤労者、青少年・学生たちが試合を観た。

日本イノキ・ゲノムフェデレーション株式会社会長の猪木寛至一行、松浪健四郎理事長を団長とする日本体育大学代表団がともに観た。

http://www.naenara.com.kp/ja/news/news_view.php?0+46486


04. 2013年12月20日 21:48:33 : UrpQBMLE4Y
サッカー熱上がる北朝鮮の大変革

国家を挙げてジュニア年代育成を実行

キム・ミョンウ

2013年12月20日 11:00

北朝鮮サッカー界に大きな変革が起こっている
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columnphoto/201312190001-spnavi_1
2014年ブラジルW杯はアジア3次予選で敗退となった北朝鮮。しかし国内のサッカー熱は上がり大変革を迎えている〖写真:アフロ〗
 最近、テレビのワイドショーで“北朝鮮”という単語を聞かない日はないと言っても過言ではない。それくらい北朝鮮に関する動きが注視されているわけだが、政治の世界とは別に、サッカーの強化に大きな変革が起こっていることを知らない人は多いだろう。

 2014年ブラジルワールドカップ(W杯)に出場する32カ国が決定したが、その中に北朝鮮代表は含まれていない。2010年南アフリカ大会では、44年ぶりに本大会出場を決めた北朝鮮だったが、今回はアジア3次予選で敗退し、2大会連続出場は果たせなかった。

 もちろん、次に狙うのは18年ロシアW杯となるのだが、その先の22年カタールW杯まで見据えた強化が始まっているという。


スペイン、イタリアにジュニア選手を派遣
 それは今年10月、スペインやイタリアなどの欧州へジュニア選手を派遣して育成をスタートさせたことだ。まずは、その中身について在日本朝鮮蹴球協会理事長で朝鮮サッカー協会副書記長の李康弘氏に聞いた。
「すでに日本メディアでも報道されたように、スペインとイタリアに選手が留学する話は事実です。今年5月に開校した平壌国際サッカー学校の選手たちからの選抜者が留学の対象となっています。10月末にスペイン・バルセロナの養成団体『フンダシオン・マルセ』で10〜11歳の14人の選手が留学をスタートさせました。期間は1年です」

 現在、スペインに留学している北朝鮮選手たちは、すでに生活にも慣れてきたようで、スペイン人選手たちと1日約3時間の練習で汗を流し、現地の学校にも通っているという。

 李氏は続ける。
「イタリアには10〜12歳の20人が留学することが決まり、予定よりも1カ月遅れて12月11日に到着したようです。イタリア・ペルージャにある会社『イタリア・サッカー・マネジメント』と契約を結び、トレーニングを行う予定です。もちろん、選手だけでなく、コーチの養成プロジェクトも同時に行っていきます。今後はブラジルなどの南米にも選手を送る計画があり、そこから海外クラブでプロになった選手たちが、さまざまな経験を積み、将来的には代表の強化につなげたいという考えです」

世界の潮流である育成を本格的にスタート
 ここに来てようやくジュニア強化に本腰を入れ始めたのには理由がある。一にも二にも、国民が代表チームに五輪やW杯での活躍を願っているからであり、代表チームやファンの熱が国の政策の一つに変わったというわけだ。
「代表チームが前回の南アフリカW杯に出場したことで、北朝鮮国民のサッカーへの関心がグッと高まりました。それを政府も感じ取っていたわけです。4年前は惨敗でしたが、朝鮮人民たちに強いインパクトを残しましたし、自分たちの国もやればW杯に出られるんだと思った人は多かったと思います。ブラジルW杯は出場を逃しましたが、代表チームには世界で勝ってもらいたいという要求が高まっています。国は国民の文化生活向上を掲げているのですが、その中にサッカーが大きく位置づけられたというわけです。だからこそ国からのバックアップが大きいんです」(李氏)

 ジュニア育成が大切なことは、世界の有名クラブやJリーグチームを見ても、もはや当然のこと。だが、その“潮流”に取り残されていたのが北朝鮮だった。
「過去、朝鮮サッカー界はジュニア育成に力を入れてきませんでした。近年の朝鮮サッカーが低迷している原因がどこにあるのかを議論してきた結果、ジュニアからの育成が大切だという結論に至りました。今までは各地域の学校のサッカー部は、協会の管理下になく強化に限界がありました。サッカー強豪国には、サッカーに専念できる環境を整えて育成するプログラムがありますが、それを朝鮮でも本格的にスタートさせたということです」(李氏)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columndtl/201312190001-spnavi?page=1

サッカー熱上がる北朝鮮の大変革

国家を挙げてジュニア年代育成を実行

キム・ミョンウ

2013年12月20日 11:00

20年東京五輪、22年カタールW杯を視野に強化
 思えば4年前、平壌市内にある代表選手のトレーニングセンターを取材したときに感じたのは、トラップやパスの精度など、基本的な技術レベルにかなりバラつきがあったことだった。普段から現場で見ているJリーグ選手のレベルに比べると、明らかに技術で見劣りするシーンが見られ、世界との距離を感じざるを得なかった。

 北朝鮮の選手たちはスピードも速く、球際は抜群に強い。戦いに挑む気迫もあるのだが、サッカーのエリート教育を受けていない選手の集まりでは世界ではどうしても勝てない。世界の潮流に追いついていない現状を打破すべく取り組まれたのが、今回のジュニア育成なのだ。
「10年後には欧州でレベルアップした選手たちの中から、代表が出てこないといけない。ジュニア世代が国際舞台に登場するのは、20年東京五輪、22年カタールW杯あたりでしょう。目の前の大会よりも、より長期的な目で見ています」(李氏)

15年アジアカップでは鄭大世、梁勇基らの勇姿は見られる?
 それでも気になるのは、直近の北朝鮮代表の動向だろう。2015年には豪州で開催されるアジアカップも控えており、国際大会に登場する機会は増えてくる。
「南アフリカW杯予選敗退後、メンバーはすべて入れ替わったといっていいでしょう。すごく若返りました。まずはジュニアユースの各年代別W杯、五輪、W杯と大きな大会がありますが、今後の代表は先を見据えて、22歳前後の選手を中心にメンバーを構成していくと思います。15年アジアカップは若手メンバーに加えて、実績のある鄭大世(水原三星ブルーウィングス)、梁勇基(ベガルタ仙台)ら在日コリアン選手も含まれる可能性もあります。その時々でJリーグで活躍している選手がいれば、そこから他の選手が選ばれることはあり得ます」(李氏)

 個人的に期待したいのは、やはり鄭大世と梁勇基だ。次回W杯になると年齢的にもきつい時期かもしれないが、代表の座を狙えるなら狙ってほしい。せめて2015年アジアカップでは日本代表と戦う勇姿を見せてもらいたいものだ。

 いずれにしても、スペイン、イタリアに留学した北朝鮮選手たちが、段階的に成長すれば代表チームの強化につながるのは確実。東アジア全体のサッカーレベルの向上、注目度を挙げるためにもこの留学制度を定着させ、数年後、数十年後にでもビッククラブでプレーする北朝鮮選手の登場を期待したいものだ。

<了>

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columndtl/201312190001-spnavi?page=2


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。