★阿修羅♪ > アジア13 > 617.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
声明 戒厳令にも非常事態宣言にもクーデターにも反対! 民主主義と社会的公正を (第四インターナショナル)
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/617.html
投稿者 ダイナモ 日時 2010 年 4 月 22 日 19:04:56: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.jrcl.net/frame100426f.html

 おもにタイの労働者、農民、貧しい人々からなる「赤シャツ」は、政権の退陣、早期の選挙を求めて一カ月にわたりバンコクでデモを行ってきた。現在の危機は、民主的に選出されたタクシン・シナワトラ政権を転覆させた二〇〇六年のクーデターに原因がある。アピシット・ヴェイジャジヴァ現政権には正統性がない。同政権は、議会内連合の変化によって軍部が設立したものである。それはタイの伝統的エリートたち、すなわち軍部、官僚エリート、王制の表現である。
 一カ月にわたるデモと危機の後に、政府はバンコクと隣接諸州に非常事態宣言を発令することで、反対派の口を封じようとした。「赤シャツ」の主な指導者たちに逮捕状が出された。「赤シャツ」の人々の間できわめて人気の高かった「民衆テレビ・チャンネル」や、政府の宣伝を受け売りしない三十六の独立インターネット・サイトが閉鎖された。同時に「黄色シャツ」(反動的王制支持派)のASTVは、デモ隊に対する憎悪と暴力の呼びかけを放送し続けた。タイのエリートたちは、強者と名門一族に奉仕するその本質を、またも明らかにした。
 こうした措置は、いっそうの社会的公正と民主主義のために闘うデモ隊の決意を増大させただけだった。彼らはアピシットの退陣と早期の選挙を求めて金曜日(4月9日)も土曜日(4月10日)も数万人の規模でバンコクの街頭にとどまった。四月十日の土曜日、軍隊は非武装のデモ隊に残虐な弾圧を行い、一部は実弾を発射した。政府当局は、二十一人が死亡し、八百五十人以上が負傷したと語った。被害者の多くは「赤シャツ」である。これは、一九九二年のクーデター以来、タイで起きた最悪の弾圧である。
 現在、「赤シャツ」勢力は、数十年にわたる「タイ型民主主義」、すなわち投票結果が自分たちに有利な場合にのみそれを受け入れる、軍、高級官僚、王室への権力の集中に、終止符を打つために闘っている。
 第四インターナショナルは、社会的公正と民主主義を求める「赤シャツ」の闘いに連帯する。バンコクでのデモ隊への弾圧は、かれらの決意を減退させなかった。流血の惨事の責任者であるアピシットは退陣し、可能な限り速やかに議会選挙が公示されなければならない。
 弾圧、メディアの検閲、民主主主義的自由の拒絶を終わらせなければならない。組織化、結社の自由、ストライキとデモの権利が尊重されなければならない。

2010年4月10日
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月26日 10:54:36: HawDmpIEkM
朝日の社説 ?

02. Narongchai 2010年5月04日 23:51:07: 4aBcXH78umd1Q: srv6gHnWjg

ただ、タクシン派の独裁も問題です。

私見ですが、最高権力者闘争に国民が巻き込まれている感があります。

日本的な政治のタクシン氏は、つまるところ政治は金と票を熟知していて、民衆闘争と言うより、新しい王朝でもつくりつもりかい?と疑ってしまいます。
特に奥様の権力強すぎます。


ただし、それが小さな起爆剤となって、自分の一票の平等に気づいた人も多いのではと思います

今のところの決着は、最高権力者の下の中間権力者はどちらでも構わず、そのまま既得権は持ち続けるでしょう。

タイで農地解放や相続税までは長い道のりで、真剣なイーサン地方の赤シャツに借り出された貧困層は可哀想でもあります。

デモ隊の血走った目を見て、相当な薬物も出されているなって感じました。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
コメントの2重投稿は禁止です。
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧