★阿修羅♪ > アジア13 > 682.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
憂鬱な北朝鮮官僚
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/682.html
投稿者 taked4700 日時 2010 年 9 月 30 日 02:10:44: 9XFNe/BiX575U
 


憂鬱な北朝鮮官僚

 北朝鮮で金王朝が第三世代に入りそうだ。一般の官僚は多分憂鬱に感じているだろう。一部の高級官僚を除いて普通の官僚たちは一般市民に近い存在で、特に地方市民の疲弊をよく知っているはずだ。中国が改革開放政策でどんどん豊かになっている現実も理解しているだろう。金王朝が続くことは、北朝鮮社会がそういった豊かさから後れを取ることを意味している。金王朝を官僚として支えることは、そういった体制を維持することで一般市民を犠牲にし、自らの官僚としての地位を保つことに他ならない。

 なぜ、北朝鮮ではクーデターが起こらないのか?ラングーン事件は1983年にビルマのラングーンで当時の韓国大統領全斗煥の暗殺を狙って北朝鮮が起こした事件だとされる。しかし、結果的に全斗煥大統領は無事だった。全斗煥はほぼ確実にアメリカの傀儡で彼が生きていることはアメリカの利益になったはずだ。だから、1983年の時点で、かなり北朝鮮政権内部にアメリカと内通する勢力がいたと考えてもいいように思う。つまり、北朝鮮の政権内部にアメリカの影響下にある人たちがいて、彼らが金王朝転覆を防ぐ働きをしているのではないだろうか?

 北朝鮮に原子炉を供与したのも基本的にはアメリカの考えだった。そしてその結果、北朝鮮は原爆開発に成功してしまう。イラクには大量破壊兵器としての核兵器があると言って侵攻し、北朝鮮には明白に核兵器があるにもかかわず侵攻しようとはしない。中国との関係があると言っても、爆撃機で原子炉破壊などやろうと思えば北朝鮮の原爆保有を防ぐことが出来たはずだ。

 ラングーン事件は金正日が指揮を執ったと言う。そして、金日成からの権力移譲の際は、自分以外の金日成の血族をかなり殺したり国外追放したりしたと言う。この結果、金正日は自分以外には頼るものがいなくなり、一般の官僚組織から人材を登用することが出来なくなったはずだ。このころから金正日自身がかなりアメリカの影響下に入ったと思う。

 1987年の大韓航空機爆破事件でも北朝鮮の犯行であると言うことに一応反論はしている。しかし、例えば金賢姫について、その経歴についてかなり詳しいものが公表されているのだから、それらが偽の情報だと証明することがかなりできるはずだ。しかし、自分が調べた限りでは北朝鮮がそういったことをしたことはない様子だ。

 今年起こった韓国哨戒艇の爆破事件でも北朝鮮の犯行だと言われたが、当初かなりの怒りを表明したが、例えば実際に北朝鮮魚雷を使って船体の破壊実験をやるなど科学的な反論をしようとはしなかったはずだ。

 金日成の時代はソ連の影響が大きかったのだろうが、金正日の時代にはすでにアメリカに取り込まれていたのではないだろうか?そして今、それが金正銀の時代になり、本格的にアメリカのリモコン装置付き政権になりつつあるはずだ。

 北朝鮮の官僚の方たちは、少なからずそういった経緯を身近で見ていて、金一族の正体を知っているのだと思う。そして、アメリカの国際政治を動かすための駒として使われる未来が、より一層困難なものになることを予測しているはずだ。
 
*6月8日の記事「近づく戦争・テロ社会、これらの動きを止めるべきでは?」から一連番号を付しています。<<194>>  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2010年9月30日 12:52:49: 9XFNe/BiX575U : A95BwvurYs
結局、北朝鮮は究極的な格差社会、つまり、金一族が頂点にいて、その下に幹部が居、一般官僚、そして最下層に一般市民という階層社会が出来上がっている。しかも、これは、自国の安定のための格差社会ではないから、つまり、国際社会で鉄砲玉の役割を負わされている格差社会だから、日本の江戸時代のように、実質的なメリットシステム、つまり、社会をよりよくより住みやすいものにしようという動きが出てこない。却って、一般市民の生活を抑圧し、いつでも暴発が可能なのようにコントロールしているとさえ解釈できる状況だ。

小泉政権時代、拉致を金正日が認め、拉致した人たちを何名か日本に帰国させた。その後、小泉政権はもともとの約束である北朝鮮へ送り返すという約束を破り、日本に永住帰国させた。そして、この後、日本では北朝鮮は一般市民をこれだけ迫害しているというキャンペーンが始まる。政治犯はこんなところへ投獄され、性的な暴力を受け、、、というように、ありとあらゆるひどいことが日本のマスコミに載った。この時、金正日政権が反論のようなものをしたかどうか、自分はわからないが、多分、かなりの程度は事実に基づいた報道だったのだろう。結果的に日本で北朝鮮に攻撃をしかけろという世論は盛り上がらなかった。ただ、これらのキャンペーンのきっかけとなったのは、金正日が北朝鮮による拉致を認めたことだった。つまり、これも、ある意味、アメリカの意向に沿って金正日が動いたとみることが可能だ。


02. 2011年11月20日 03:50:09: ummLFIvSGA
北朝鮮とアメリカが実は裏では内通していたんじゃないかと、TPP問題が沸き起こってから、考えるようになりました。この記事を読んで、アメリカが何故北朝鮮を温存させてきたのかが、少し分かりました。ある意味、日本封じ込めのために、北朝鮮を手持ちの駒として使ってるんじゃないかと思います。最近になって、横田めぐみさんの生存情報や、サッカーの君が代ブーイングのニュースが報じられているのは、日本人の敵対心を北朝鮮に集中させ、TPPへの関心をそらす為ではないでしょうか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧