★阿修羅♪ > アジア13 > 726.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国、北朝鮮の羅先特区に20億ドル投資…過去最大
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/726.html
投稿者 ドキッ!プロ奴隷だらけの水泳大会 日時 2011 年 1 月 07 日 10:11:12: hSNyXCkDoAhxY
 

中央日報日本語版 1月7日(金)9時40分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110107-00000001-cnippou-kr

中国国有企業が北朝鮮羅先(ナソン)経済貿易地帯(特区)に20億ドル(約2兆2300億ウォン)を投資することで北朝鮮と合意したことが確認された。これは、これまで公開された中国側の対北朝鮮投資のうち最大規模。

6日に中央日報が単独入手した資料によると、中国・北京の国有企業である商地冠群投資有限公司(以下、商地公司)は昨年12月20日、北京で北朝鮮朝鮮投資開発連合体と10項目の投資意向書を締結した。

商地公司は意向書で、2−3年間に羅先経済特区の建設に必要なインフラを建設し、5−10年かけて北東アジア最大核心工業特区を建設すると明らかにした。

このため商地公司は計20億ドルを投資し、火力発電所、道路、タンカー専用埠頭、石油精製工場、製鉄所を建設する計画だ。また商地公司は咸境北道茂山(ハムギョンブクド・ムサン)磁鉄鉱山など北朝鮮の地下鉱物資源を開発し、国際金融銀行も設立することで北朝鮮と合意した。

商地公司の関係者は「北朝鮮の豊かな地下鉱物資源に深い関心があり、鉱物資源を円滑に輸出できるよう、まず3億ドルを投資して無煙炭鉱山に火力発電所を建設し、鉄道・道路・港湾埠頭を拡大建設する予定」と強調した。これは北朝鮮が商地公司に鉱物採掘・開発権を譲渡し、投資を誘致したことを意味する。

商地公司は昨年12月末、平壌(ピョンヤン)に「朝鮮常務処」を設立、視察団を構成して羅先経済特区を訪問した。商地公司は石油加工貿易・鉱物資源投資・国際金融サービスを主要業務とする国有貿易会社で、1995年に設立された。中国の第12次5カ年(2011−2015)計画に合わせて、石油ガス田開発・石油精製・石油化学・鉱物資源投資の開発に力を注ぐ方針だ。

商地公司のカウンターパートである朝鮮投資開発連合体は昨年7月に設立された朝鮮合弁投資委員会の傘下機関で、4大経済特区(新義州・羅先・金剛山・開城)を総括している。

商地公司の関係者は「北朝鮮投資事業を円滑に進行するため、中国および香港の複数の会社が参加する予定であり、すでに発電所設備会社、鉱山物加工専門会社、原油会社などと設備供給意向書を締結した」と明らかにした。

◇羅先経済特区=北朝鮮が1991年、中国の経済特区をモデルに咸境北道の羅津(ナジン)と先鋒(ソンボン)を合わせて指定した「羅津−先鋒自由経済貿易地帯」をいう。北朝鮮は昨年1月、羅先市を特別市に昇格させ、海外からの投資が円滑に進むよう羅先特区法を改正した。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧