★阿修羅♪ > アジア13 > 855.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
金正男氏が日本人記者に語った父・金正日(朝鮮日報)
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/855.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 1 月 17 日 21:44:21: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/01/17/2012011701356.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/01/17/2012011701356_2.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/01/17/2012011701356_3.html

金正男氏が日本人記者に語った父・金正日

『月刊朝鮮』が報道

「北は核問題のため天安を攻撃した」

 17日発売の『月刊朝鮮』は、昨年12月に死去した北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男・正男(ジョンナム)氏=写真=が、日本のメディア関係者と7年にわたってやりとりした電子メール対話録を入手したと報じた。この対話録は、2004年から昨年12月まで、金正男氏と東京新聞の五味洋治編集委員がやりとりした100通以上の電子メールと、2011年1月、5月に直接会ったときの話をまとめたもの。五味委員はこれを基に『父・金正日と私 金正男独占告白』というタイトルの本を出版する。

■「金総書記は世襲に反対した」

 正男氏は、五味委員に「祖父(故・金日成〈キム・イルソン〉主席)と外見が似ているだけの正恩(ジョンウン)が、北の住民をどれだけ満足させられるか心配。現在の正恩は象徴的な存在にすぎず、既存のパワーエリートが権力を主導するだろう」と語った。正男氏は、金総書記が当初「息子が権力を受け継ぐようにはしない。世襲は、自分と父・金日成の業績を駄目にする」として3代世襲に反対していたと語った。にもかかわらず、結局3代世襲を決心したのは、体制維持のためには「白頭山の血統(金日成主席の血統)」が重要だという現実的判断があったからだという。正男氏は、中国が3代世襲を見詰める視点について「中国政府は、世襲を歓迎しているというより、北朝鮮内部の安定のため、後継構図を認めているだけ」と語り「3代世襲は世間の笑いもの」とコメントした。

 また正男氏は、延坪島砲撃をめぐり「北朝鮮軍部が、自分たちの地位や存在理由、核保有の正当性を浮き彫りにするために実行した挑発」と語った。哨戒艦「天安」爆沈については「北朝鮮の立場からすると、西海(黄海)5島(西海沖の北方限界線〈NLL〉近くにある五つの島)地域は交戦地域だというイメージを強調する必要がある。それでこそ、核、先軍政治のいずれにも正当性が付与される」と語った。

■「改革・開放を直言して遠ざけられた」

 正男氏は、自分が後継者の座から遠ざけられた理由について「スイス留学を終えて北朝鮮に戻った後、父に改革・開放を主張してから遠ざけられ、その後警戒の対象になった」と語った。「父は私を留学させた後、とても孤独だった。異母兄弟の正哲(ジョンチョル)、正恩、ヨジョンが生まれると、異母弟たちに愛情を注ぐようになった。私が長い留学期間を経て資本主義的な考えを身に付けると、父は弟たちの海外留学期間を短縮させた」

正男氏は「私はチャンスがあるたびに、(父に)あるがまま、計画もなく直言する。以前は核実験、ミサイル発射実験に対する国際社会の懸念も直言した。最近も、住民たちの豊かな暮らしのために突き進むよう、弟(金正恩氏)をよく教育してほしいと注文している」と語った。また正男氏は、正恩氏の強力な後見人となっている叔母の金敬姫(キム・ギョンヒ)氏、その夫の張成沢(チャン・ソンテク)氏との関係について「私は今でもよい関係にあり、格別な愛情を受けている。(2人の)特別な関心の中にある」と語った。

■「正恩氏とは一度も会ったことはない」

 正男氏は、正恩氏の性格について「異母弟ではあるものの、ただの一度も会ったことがなく、当人の性向についてはよく分からない」と語った。しかし正哲氏とは海外で何度か会ったという。正男氏は「金正恩体制は長くは続かないだろう」と述べ、正恩氏の「若さ」と「統治経験のなさ」に懸念を示した。また、既存の権力の間で勢力争いが起こるだろうという見解も示した。

 正男氏は、北朝鮮の体制について「改革・開放をしなければ北朝鮮が倒れ、改革・開放を進めれば北朝鮮の政権が崩壊するだろう。改革・開放か体制守護かをめぐって手をこまねいている間に、時間が過ぎてしまうのではないかと心配」と語った。また正男氏は、北朝鮮が対外強硬路線に固執する理由について「生存のための政治的システムだ。核を絶対放棄しないだろう」と語った。

 正男氏は、2011年9月14日に五味洋治編集委員に送ったメールで「最近、後継者(金正恩氏)が重視する軍部の家族9人が脱出し、北朝鮮当局が頭を痛めている」と語った。正男氏が言及した「軍部の家族9人」とは、昨年9月に日本の領海内で発見された朝鮮人民軍の家族9人である可能性が高い。一行の引率者役となっていた男性は「私は北朝鮮の最高人民会議議長を務めた白南雲(ペク・ナムウン)の孫」と主張していた。

■「中国は私を保護しながら監視」

 正男氏は「中国政府は私を保護しているが、監視している面もある。避けられない私の運命だ。逃れられない運命なら、楽しみながら暮らすのがいい」と述べ、さらに「私がよくマカオに出掛ける理由は、家族が住んでいる中国本土から最も近い、自由な地域だから」「私には女性遍歴があるが、妻は1人だけで、私がこの世で最も愛している人は妻だ。2001年の日本での事件(同年5月に不法入国しようとして摘発され、退去強制処分を受けた時のこと)で、幼い息子(グムソル氏)と手をつないでいた女性こそが、私の妻。眼鏡を掛けた若い女性は秘書」と語った。

 正男氏は、01年の日本への不法入国事件について「偽造パスポートで海外に出ることは、当時(北朝鮮で)一般的だったことで、何度も日本を訪問し、東京の有名ホテルやレストランを訪れた。正恩もブラジルのパスポートを偽造し、日本を訪問したことがある」と述べた。このほか「アルコールが好きだが、痛風を患っており、その痛みと発作のため、尿酸調節剤を毎日服用している」とも語った。

 正男氏は、11年10月にメディアで明らかにされた自分の息子(ハンソル氏、マカオに住んでいる愛人の息子)について「息子は冒険心が強く、自分から紛争地域だったボスニアのモスタルにあるインターナショナルスクールを選び、私はその見解に従うしかなかった。今、心配している」と語った。

■どのように対話を交わしたのか

 五味洋治編集委員は、東京新聞のソウル特派員を経て、04年に北京へ赴任した。同年9月、北京国際空港で正男氏と偶然会ったのがきっかけだった。04年12月、正男氏が五味編集委員にあいさつのメールを送ったことで、メールによる対話が始まった。それから数年間、連絡は途切れたが、10年10月、正男氏が五味編集委員に「頼み事」のメールを送ったことで、対話は再開された。当時、正男氏は「全ての質問に答えるつもりだから、私の考えをよく整理し、適切な時点で公開してもらいたい」と要請した。このメールが送られる1カ月前、異母弟の正恩氏が金総書記の後継者として公式に登場しており、関連があるとみられる。


ペク・スング『月刊朝鮮』記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月20日 22:39:24 : 73bXusNA22
◎20120120 たね蒔き「金正日総書記死去1か月・最新北朝鮮情勢」〖録音〗

http://www.youtube.com/watch?v=qIAbPDmbFtQ
http://www.youtube.com/watch?v=9VzLLH81G10


02. 浅見真規 2012年1月22日 17:34:11 : AiP1TYI88G3dI : 78gzDj7Pnc
(MSN産経ニュース記事参照)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120122/kor12012215250003-n1.htm
>北朝鮮で公安幹部連続殺人 「人民の名で処断する」

(MSN産経ニュース記事参照)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120120/kor12012014230003-n1.htm
>金正恩氏批判ビラ発見か 北朝鮮・清津 道路封鎖し「犯人」探し

北朝鮮の夜明けを感じる。日本の幕末の討幕運動の幕開けみたいだ。感動した。

父親の金正日の悪政で北朝鮮が飢餓地獄に堕ちたのに、世襲独裁し、 わずかしかない北朝鮮の食糧を豚のように貪り喰う金正恩に人民の裁きを!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧