★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57 > 613.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本國内に於ける對米隷屬外交の國是を死守せんとする勢力、在日米軍日本駐留撤退の最大の抵抗勢力とは一體誰なのか
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/613.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 11 日 22:38:53: xsXux3woMgsl6
 

 
 
 
 
日本國内に於ける對米隷屬外交の國是を死守せんとする勢力、
在日米軍日本駐留撤退の最大の抵抗勢力とは一體誰なのか。

其れは日本支配者層に壓倒的に多い基督教人脈。
天皇を頂點として、
其の天皇制を自己の都合の良い道具、
裝置として利用し、
甘い汁を吸い續けてゐる勢力。
日本と云ふ國家に寄生し續け、
自己の既得權益を其の制度の上に構築、保持する勢力。

其の勢力以外に有り得ない。

なにゆゑ鳩山は苦惱するのか。
其れは鳩山自身が其の基督教人脈及び、
其の寄生體勢力其の物だからである。
同じ穴の狢であるのだから苦惱するのは當然。
其れを進める事は、
自らの屬する勢力の、
最大の後ろ盾を失う事を意味するのだから。
だうも今年の夏に訪れた幣立b宮に行く道すがらに目撃した、
鳩の轢死體を思ひ出さずにはゐられない。
鳩山は辭めるに辭められない状態にあるのかも知れない。
鳩山はケネデイのやうな股裂き状態にあるのかも知れない。
其れは暗殺される可能性を示唆する。
 
 
 「太陽は一面、血に染められてゐる。
  美しい日よ、さようなら!
  どちらの側に、私は味方しなければならぬのか?
  どちらの側にもついてゐるので、どちらの軍勢にも手が延ばされ、
  其れが荒れ狂えば、兩方につながつてゐるだけに、
  私の體はばらばらに引き裂かれてしまふ」
 
 
此れに關聯する阿修羅投稿の最近の記事を幾つか讀んだが、
はつきり言つて大して面白くないし本質に迫らうとする記事が無い。
情報攪亂が目的の記事ばかりと云ふ印象を受ける。
恐らく其の源流は明治維新から始まつてゐるのだらうが、
其れが決定的な状況に成つたのは、
大東亞戰爭敗戰に據る、
米國占領體制下に求める事が出來るのだらうなと。
そもそも個人的には此の問題に附いて大して興味が無い。
どのみち此の聯中は世界支配者層に見切りを附けられた聯中でしかない。
遲かれ早かれ排除される運命にある。
興味關心がある人は自分で勝手に此の視點から調べてみたらいい。
解る筈だから。
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2009年12月12日 00:45:21
先日は「コメントへの返事」ありがとうございました。
今は大本を通過しバビロンを通ってnikaidou.comを読みつつ、ちょぼちょぼ勉強しています。(便宜的に今後自分の名前は0005とします。)

今回は勢力についての質問です。
推測の範囲で構わないのでもしよければ考えを教えてはいただけないでしょうか。
手がかりだけでも頂けたらと思います。

■以下の共通項にて推測できる派閥名
「日中国交正常化前にも中国と貿易をしていた日本人ないし日本の会社及び関係者」
「日中国交正常化での田中角栄訪中の事前交渉にて中国側の使者を日本の迎賓館?にて蘭での出迎えに関わった関係者」
「東京タワーが個人所有であった時?の持ち主の特殊関係人と近しい人」
「三菱 MRJを一機、個人でもらえる立場にある人」
「安倍 晋三と近い」
「おそらく同和とも近い」
「所属は貿易関連」

自分での推測:清和会?創価系?統一教会系?
よろしくお願いします。

0005


02. 2009年12月14日 20:41:11
旧漢字は、直されては、いかがですか?
読みにくい。一応旧漢字自体は理解しますが、現代漢字も使用できるのでは?

03. 2009年12月14日 23:31:22
旧漢字や旧仮名遣いでも一向に構いませんが、誤った表記をすべきではありません。
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/201.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。