★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57 > 860.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
園芸植物ばらと超古代文明 5 死と生をつかさどる聖なるハーブ、オリガヌム・ディクタムノス
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/860.html
投稿者 あのに 日時 2010 年 3 月 24 日 00:33:48: xZaQXyDl16EGo
 


園芸植物ばらと超古代文明 5 死と生をつかさどる聖なるハーブ、オリガヌム・ディクタムノス

聖なるハーブ、クレタン・ディタニイ(オリガヌム・ディクタムノス Cretan dittany 、 Origanum dictamnus)について記した書物は少ない。、プリニウスには、鹿が矢を射込まれて逃げて、ディタニイの生えているところに行き、食べると矢が抜けたとか、妊婦にこの草を近づけると堕胎してしまうとか、出産をらくにする目的で使われるなどとある。ヒルマン著 「麻薬の文化史」 p295によれば、古代でもっともよく知られた医薬ファルマコンとして、クレタのハナハッカのことが述べられているが、これが聖なるオリガヌム・ディクタムノスである。すなわちドラッグという言葉の起源植物なのである。ヤギたちが好んで食べるのは興奮して至福感に浸るからだということらしい。またギリシア神話のなかで、クレタの深い穴に落ちた人が、中に蛇がいたので石をぶつけて殺したが、仲間の蛇がやってきて草を口に当てたら生き返ったという伝説の草でもある。この植物、ディタニイの生育期は3〜4月頃で、蛇のようにくねくねと長く伸びる。そしてこれも、聖なるばらローザ・リカルディと一緒にクノッソス神殿(宮殿)の壁画に描かれていたという。

聖なるばらローザ・リカルディや、聖なるオリガヌム・ディクタムノスが壁画に描かれていたということは、なにか死と生の重要な観念が壁画に示されていたことを意味する。すなわちクノッソス神殿はヴンダーリッヒが言ったように王の居城ではない。死と生の観念に満ち溢れた神殿であり、聖所であったのだ。
さて、クレタのエピメニデスやピュタゴラスがこの聖なるオリガヌム・ディクタムノスの死と生にまつわる古来からの伝説に深く関心を持ったに違いないだろう。なにも記録に残っていないが、これはありうる。クレタの霊峰を2人で分け入って死と生にかかわる対話をしたのだろうか。

古代エジプトでもこれに関連すると思われる話がある。ウォーリス・バッジ著 「古代エジプトの魔術」p27で、ザクラスは、死者の口と胸をある植物で三度さわり、死者の顔を東に向けて祈ると、その死骸は息を吹き返し、心臓が鼓動しはじめた、とあるが、その植物がこの聖なるオリガヌム・ディクタムノスであろう。ウォーリス・バッジ著 「世界最古の原典 エジプト死者の書」p68 に「死者に口を与える儀式」でウル・ヘウカ(魔言の杖)という蛇のような杖がある。これを死者の唇に触れることにより、さまざまな呪文が効果を発揮するという。いわゆる「口開けの儀式」だ。このハーブの強烈な薬品臭が何らかの効果を与えたのだろうか。そのときに死者の体に塗る軟膏も興味深いが、このレシピは、おそらく「ギリシャ語魔術パピルス」の中にあるのだろう。エジプトの口開けの儀式は、おそらくこのオリガヌム・ディクタムノスと関係があるのだろう。

古代の伝説としては、これは古代クレタから古代エジプトへの方向である。自生地もクレタの霊峰である。常識とは方向が逆だ。古代エジプトが一番重要な祭式を輸入することは考えられない。また、こんな重要な薬草がエジプト産でないのは、古代クレタや古代エジプトなどより遥かに古い超古代文明を仮定し、その残存としたほうが理解しやすいのだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧