★阿修羅♪ > 文化2 > 353.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アルファベット 18 ( 最期を迎えたイエスは天への階段を昇って行く)
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/353.html
投稿者 散史 日時 2010 年 4 月 30 日 10:09:12: gWGjY3X98XDf6
 

Yは13列目、最期の列。Aから25字目。字形はイエスが十字架に掛けられた様子。であると同時に漢字の<人>を逆さにした形。<人>とは、初めての人間であるアダムとエバが寄り添っている様子だと私は解釈しているが、それが逆になっているということは、人であって人でないイエスの本質を表していて絶妙だと思う。

Yの基準となる語はやはりYES。これが日本語のイエスと同じ音だからと言うからではなく、その意味が「同意」であるのは、YESが神の教えと自らの使命に忠実に従ったものを記念した言葉だと思われるからだ。

「YES」と口に出して言う場合にヤーと言うことが多いようだが、ヤーがヤハウエであることを考えると、このような用い方をするのは正にアルファベットの意図を無意識のうちに表現していることになる。

ZはYの下、Aから26文字目、アルファベット最後の文字。字形は下の横線が表す地上から上の横線が示す天に階段が繋がっている図。磔刑に処せられたイエスは、その階段を昇って天に帰って行ったのである。従って、Zはキリスト教徒の最後の希望を託す文字ということになる。

前にも書いたが、これほど簡単なデザインでこれほど深い内容を表現できるアルファベット作者達の技には脱帽するほかない。

Zの基準となる語はZERO。ゼロとは言っても一つひとつの文字をみると、その意味が<無>ではないことが分かる。Zは地から天へ続く、Eは永遠、Rは往来、復活、Oは完成、神など。これを解釈すると、イエスは地上から天へ復活し、永遠に神となる、という言葉がZEROである。

さて、延々と続いた小論も今回で最後となった。読んで下さった方々には心から感謝申し上げたい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日 2010年4月30日 22:25:02: IR1H95zbmUf8k: pdi832Eqf2
漢字破字法ならぬアルファベット破字法、知る限りでは初めてです。
貴重な論考をありがとうございました。
これに言語考古学を加えたら、どうなるのでしょう。
あと、Jについての真実は明かされぬままですか?

02. 2010年5月01日 10:29:32: Ngwo6QXJ96
01)様

コメントをありがとうございます。読んで下さっている方々が私よりはるかに多くのことを知っていらっしゃるので(言語考古学、も初めて目にしました)ハラハラしながら書いていたのですが、ようやくZまで辿りつきほっとしています。
これから2,3回、アルフアベットを使って遊んだ結果を投稿する予定ですのでよろしければ閲覧頂ければと思います。
Jにつきましては、Zまで書き続けることに集中していて余裕がありませんでした。数日休んだ後に投稿するつもりですが、その際、「空耳」の方になるかもしれませんのでそちらをチェックして頂ければと思います。             散史


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 文化2掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 文化2掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧