★阿修羅♪ > 文化2 > 585.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
(レビュー)木下恵介『日本の悲劇』    西岡昌紀
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/585.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2012 年 4 月 29 日 19:15:06: of0poCGGoydL.
 

*
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1841327882&owner_id=6445842

(レビュー)


日本の悲劇 [DVD]
望月優子 (出演), 桂木洋子 (出演), 木下惠介 (脚本) | 形式: DVD
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%82%B2%E5%8A%87-DVD-%E6%9C%A8%E4%B8%8B%E6%83%A0%E4%BB%8B/dp/B000FHVVDI/ref=cm_cr-mr-title


7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


5つ星のうち 5.0


昭和の日に見るべき作品−−当時の観客がこの作品を拒絶した理由は何か?, 2008/4/29


By 西岡昌紀 -(2008年4月29日)

木下恵介の最高傑作ではないだろうか。−−戦後の混乱期、子供たちを育て、子供たちに教育を受けさせる為に、温泉街でいかがわしい仕事をした母親が、成功した子供たちから嫌悪され、ついには、映画の結末に在る悲劇に至ると言ふ物語である。−−戦後の混乱が一段落し、日本が高度成長期にこれから入ろうとするこの時代に、小津安二郎の『東京物語』や黒澤明の『生きる』、『生きものの記録』と言った、苦労した親が子供からうとまれ、或いは拒絶されると言った題材の作品が生まれて居るのは偶然ではない。木下恵介のこの作品も、そうした時代状況を反映した作品の一つであったと、私は考える。映画評論家の佐藤忠男氏は、その著書『黒沢明の世界』(三一書房・1969年)の中で、黒澤明の『生きものの記録』を木下恵介のこの作品(『日本の悲劇』)と比較し、当時の日本の観客が、この二作品に抵抗を感じた理由を分析、考察して居るが、その理由は、この映画が描いた物が、当時の日本の現実その物だったからだと私は考える。(佐藤氏の考察は、非常に興味深い物である。『日本の悲劇』を観た人に、佐藤氏の『黒沢明の世界』の中の『生きものの記録』に関する箇所をお読みに成る事をお勧めする。)誰かが、昭和の日に、観るべき映画を一つ挙げろと言ったら、私は、この映画を挙げるかも知れない。

(西岡昌紀・内科医/昭和の日に)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 文化2掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 文化2掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧