★阿修羅♪ > 文化2 > 592.html  
(レビュー)「尼僧ヨアンナ」    西岡昌紀
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/592.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2012 年 6 月 06 日 19:36:53: of0poCGGoydL.

*
http://blog.livedoor.jp/nishiokamasanori/archives/5578059.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1850434905&owner_id=6445842


(レビュー)


尼僧ヨアンナ [VHS]
ルチーナ・ピンニッカ (出演), ミエチスワフ・ウォイト (出演), イエジー・カクレロヴイッチ (脚本) | 形式: VHS
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BC%E5%83%A7%E3%83%A8%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A-VHS-%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%AD%E3%83%B4%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81/dp/B00005FW0M/ref=cm_cr-mr-title
3 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


5つ星のうち 5.0


中世ポーランドにおける悪魔憑きを題材とした映画, 2006/6/6


By 西岡昌紀 -


レビュー対象商品: 尼僧ヨアンナ [VHS] (VHS)
 キリスト教の歴史は、一面において、悪魔の歴史であった。この世を創造したのが善き神であるなら、この世に何故悪が存在するのか?と言ふ問いに、正統派のキリスト教は、答えられない。その事が、キリスト教徒に、悪魔を意識させて来た最大の理由であったと思はれる。
 悪魔は、ヨーロッパ人にとって、神と並ぶ問題であった。しかし、日本人の多くは、その事に気付いて居ない。そうした意味で、ヨーロッパ人の悪魔に対する深層心理を映すこの映画は、日本人に何かを教えてくれる筈である。
 恐ろしい映画である。中世ポーランドにおける悪魔憑きを題材にした映画であるが、共産主義時代のポーランドでこんな映画が作られて居た事に驚く人も居るのではないだろうか?
 ポーランドが、ソ連の支配下においても、キリスト教の国であった事を痛感させてくれる映画である。又、キリスト教徒とユダヤ教徒が議論をする場面が、非常に印象的であった。

(西岡昌紀・内科医)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★だれでもOKコメント投稿場所。
よかったらこの記事の感想を聞かせて下さい。
コメント投稿するとすぐに表示されます。投稿メルマガで即時配信アリ

ペンネーム:
パスワード: ペンネームとパスワードは無くても投稿できます。ペンネーム+パスワードは記録されます。後日投稿するときのためパスワードは覚えておきましょう。
スパム対策画像認証: ←左の画像に表示されている文字を↓に入力してください。これはいつも・みんな同じです。

コメントルールを確認する?
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 文化2掲示板

ツイッター★阿修羅♪ 投稿コメントツイッター自動つぶやき中

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用もとを表示することを強制いたしません。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 文化2掲示板