★阿修羅♪ > 文化2 > 593.html  
(レビュー)「イワン雷帝(下)」    西岡昌紀
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/593.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2012 年 6 月 06 日 19:47:40: of0poCGGoydL.

*
http://blog.livedoor.jp/nishiokamasanori/archives/5578074.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1850435147&owner_id=6445842


(レビュー)


イワン雷帝(下) [VHS]
ニコライ・チェルカーソフ (出演), セルゲイ・エイゼンシュテイン (監督) | 形式: VHS
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E9%9B%B7%E5%B8%9D-%E4%B8%8B-VHS-%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3/dp/B00005G191/ref=cm_cr-mr-title
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


エイゼンシュテインは芸術家の鑑−−スターリン支配下でこの映画を作った彼の偉大さ 2006/6/6


By 西岡昌紀


 エイゼンシュテインの『イワン雷帝』第二部は、タルコフスキーの『アンドレイ・ルブリョフ』と並ぶ、ロシア(ソ連)映画の最高傑作の一つである。−−そして、世界映画史上の最高傑作の一つである。

 イワン雷帝が、自らの幼少時代を回想する。それは、恐ろしい、悲劇的な記憶である。そして、その回想を胸に秘めながら、今を生きる雷帝は、ためらふ事無く、政敵を葬り、権力者として生き続ける。・・・

 若い頃、この映画(『イワン雷帝』)を観た私は、この第二部の内容に、衝撃を受けた。そして、同時に、スターリンの支配下で、明らかにスターリン批判の意味を込めたこの様な映画を作ったエイゼンシュテインの勇気と造形に深い尊敬の気持ちを抱かずには居られなかった。−−スターリンの支配下で、この様な勇気有る作品を、しかも最高の芸術作品を作ったエイゼンシュテインは、芸術家の鑑(かがみ)である。−−もちろん、この映画で主役を演じたニコライ・チェルカーソフも、音楽を担当したプロコフィエフも、である。スターリンの支配下に在っても、この様な芸術作品を生み出す事が出来たロシアと言ふ国の文化の深さを感じさせられる。

 後半のカラー画面の色彩、構図は、悪魔的なまでに美しい。そして、そこに流れるプロコフィエフの音楽も最高である。若い人は、必ず、この映画を観て欲しい。

(西岡昌紀・内科医/スターリン批判から50年目の年に)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★だれでもOKコメント投稿場所。
よかったらこの記事の感想を聞かせて下さい。
コメント投稿するとすぐに表示されます。投稿メルマガで即時配信アリ

ペンネーム:
パスワード: ペンネームとパスワードは無くても投稿できます。ペンネーム+パスワードは記録されます。後日投稿するときのためパスワードは覚えておきましょう。
スパム対策画像認証: ←左の画像に表示されている文字を↓に入力してください。これはいつも・みんな同じです。

コメントルールを確認する?
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 文化2掲示板

ツイッター★阿修羅♪ 投稿コメントツイッター自動つぶやき中

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用もとを表示することを強制いたしません。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 文化2掲示板