★阿修羅♪ > 豚インフル01 > 741.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
舛添を先頭にした『劇場形防疫体制』の結果です
http://www.asyura2.com/09/buta01/msg/741.html
投稿者 日光仮面 日時 2009 年 5 月 21 日 22:53:36: OoLe8DavfKStc
 

(回答先: 日本とドイツ、フランス、オーストラリア、ニュージーランドの検疫体制の違いを確認するべき 投稿者 taked4700 日時 2009 年 5 月 21 日 14:05:21)

インフルエンザには潜伏期間があるわけです、航空機の中でSFもどきのスタイルの防疫職員がいくら頑張って水際で防ぐことなど出来るわけがない。現に、発熱していた乗客の生徒さえ『インフルエンザAB型陰性』と判定している。

結果で批判しているわけでない。いかに厳格に機内検疫をやっても漏れが出ることは素人でも一寸考えると分かる話であり、専門家なら常識だったはずである。つまり、機内の検疫など、気休めに過ぎない。それをさも水際で防げるような話を舛添を先頭にTVで報道することで、既に国内に侵入していたインフルエンザの発見を遅らせたのである。

政府の言っていることは全て破綻している。発熱相談の電話はパンクしている。発熱外来は能力を超えているから、一般の医療機関で診察するととなった。陰圧などの設備の完備した病室では患者数に応じられないので、自宅で療養させることとした。結局、騒いでいるだけでインフルエンザ対策は何もない状態と同じになった。

『気休め』をさも効果のある対策であるように言って政治的に利用している実態を認識する必要がある。『マスク』も気休めに過ぎない、海外では効果が無いのが常識であるがTVで熱心に呼びかけられるとマスクをすると安全に思われてくる。マスクをして満員電車に乗るのならマスクしなくても満員電車に乗らない方が余程安全である。

舛添の話は、近代兵器を備えた米軍の上陸に備えて『竹槍訓練』やったのと同じ次元の話である。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 豚インフル01掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。