★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 504.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
厚生省さん、欧州評議会を励ましてあげてください。 受身はいけませんよ!
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/504.html
投稿者 リックの酒場 日時 2010 年 1 月 09 日 00:21:55: qpV8lhpWEQXWo
 

(回答先: 欧州評議会の保健委員会にアドバイス (性根がいりますよ!!) 投稿者 リックの酒場 日時 2010 年 1 月 02 日 02:13:13)

 オリオン星人さんのニュースは、下記のサイトにもありました。(参考まで)
 
   ワクチン生産の金儲け主義を暴露、EU審議会健康議長が、
   WHO、政府、大製薬会社のシステムを批判
 
   http://pourarts.iza.ne.jp/blog/entry/1403370/

欧州評議会が先頭切ってがんばっているのだから、日本からも支援が欲しい。
保健委員会は、結構、勇気がいったと想像。
 
日本は、こういう時に黙っているから、役にたたない。 なめられる。
税金の払い甲斐がないというか、保険料の負担しがいが無いというか。
優等生すぎるというか。
 
おそらく、厚生省にもエージェントの潜伏が多いと想像。
もしくは、皆さん、消されるのが、ただただ怖い。(考えるだけで怖い)
例によって、国民のことは、どうでもいいと。 自分と家族さえと・・。
 
今回のワクチン騒ぎですが、
まだ終わっていないのですが、世界的な結社組織も、頭を打っているのでないか。
こんなはずではなかったと。
 
下記、相手の立場での想像です。
 
 1.もっと各国でワクチン接種があると見ていたが、意外と低調。
   アメリカなら95%乗っ取っているが、他国はまだアメリカほどには
   思い通りにならない。
 
 2.WHOの権威で、マスコミにも協力させて、ウイルスの脅威を煽ったが、
   いまいち上手く行かなかった。
   WHOの担当官の活躍を賛美するドキュメンタリまで製作して放送したが、
   いまいちだった。
 
 2.豚インフルが、設計通りの致死性が発揮されなかった。
   まさか、自分ら悪人にまで伝染するとこまるので、イタリアやイギリスでは
   ケムトレイルがしにくかった。 (ワシントンやニューヨークも困る)
   ウイクライナでのケムトレイルは、ばれなくて済んだが・・・。
   思えば、アメリカは自由にばら撒けて、やりやすい。
   日本の駐留米軍には、もっとケムトレイルのノルマが必要だ。まだ少ない。
 
 3.結社は数年かけて、邪魔になるウイルス学者の暗殺をしてきたが、
   こういう方向では限界があるかもしれない。
   反省ではない。 ゴイムを騙せなかったことが不運だったのだ。
   
 4.インターネットが、こんなにすばやく人工ウイルスと不妊ワクチンの
   情報を広めるとは思わなかった。
   針つき腕輪や強制収容所のことまで、ばらしやがって。
   エイズの頃は、まだやりやすかった。
   アフリカの奥地の疫病という物語(捏造)で簡単に騙せたのに。
 
 5.ワクチンの陰謀は絶対にやりぬく決意だ。
   そうでないと、結社から裏切り者として、殺害される。
   だから、命がけで、陰謀を達成したい。
 
以上は、私の想像ですので、出典などはありません。
とにかく、次に、どのようなお芝居をみせてくれるか、先読みしてます。
本当に、ここまで悪いことをして、起訴にも裁判にもならない。
任意聴取もない。 怖がられると得だ。
 
先読みといえば、
航空機のテロも911以来の自作自演、捏造を再開しているようです。
かならず、芝居をみせてくれますから。
例により、悪に乗っ取られたマスコミは表だけの報道に終われます。
ここは、阿修羅の出番です。
バルセロナさんのご意見も聞きたいです。
 
余談ながら、闇の勢力からのサイト壊滅作戦も可能性あり。 注意しておきます。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. リックの酒場 2010年1月12日 02:43:48: qpV8lhpWEQXWo
 決議したのはいいのですが、その後の動きに注目してます。
 
Wolfgang Wodarg 医師の写真がありました。
  http://www.wodarg.de/english/2948146.html
 
下記のサイトにリンクされてました。
  http://enjyunokinositade.blog21.fc2.com/blog-entry-156.html
 
(引用)
ヴォダルグ医師は、WHOは議会のいかなる制御をも受けないので、
各国政府がその責任追及を行うべきであると強調する。
調査では、パンデミックのガイドライン発行に重要なドイツの二つの機関、
ポールエールリッヒとロバート-コッホ研究所の役割をも検討する予定である。
(引用終わり)
 
これからは、あらゆる組織に秘密結社対策部門が必要です。
国連本体、WHOにも。 日本の厚生省にも。
対策部門にエージェントが入り込む可能性もあります。
 
ドイツのポールエールリッヒとロバート-コッホ研究所も対策部門が必要。
セキュリティー対策が目的です。
小渕さんの脳梗塞のようにならないように対策。(脳梗塞促進剤も暗殺の手段) 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。