★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 525.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2009年11月の記事ですが、「タダ」に騙される人々>【パリの屋根の下で】山口昌子 国家総動員のワクチン接種(産経)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/525.html
投稿者 千早@オーストラリア 日時 2010 年 2 月 10 日 11:53:05: PzFaFdozock6I
 

フランス在住の女性の記事のようですが、どうしてこうも簡単に騙されるのでしょう?

オーストラリアでもジョン・ハワード前首相は殺ゴキブリ剤とネズミを不妊にする成分が
入った"子宮頸癌予防ワクチン"のダーガシルをそこら中に公告(広告だな、あれは)を出して

タダだから、タダだから!(受けろ)

と騒いでいました。
本当は一人3回受けるのに豪$400.00かかるというのに。

誰が払うの? 税金=国民
そしてそのお金はどこへ行くの? 製薬会社&医療機関
(AND 世界中で90%を殺したいイルミナティの、人口削減に将来役立つ)

という事実をどうして考えないんでしょうか?

すっかりプロパガンダに騙されきっている(か、他の可能性もあるけど)こういう人物が
書いたこんな記事を読ませて、日本人にも「受けないとダメよ」と思わせるつもりか。

実際にガーダシルの摂取を受けた(当時)女子中学生や高校生は、報道ではほとんど
書かれなかったけれども、私が直に話した人なども

一回目は他の注射と同じように腕がだるい〜って感じ
二回目は腕の痛みに加えて頭が痛くなった
三回目は本当に気持ちが悪くなって、クラスでも帰宅する子が多かった

という状態で、他の子の母親からも(私が警告したので娘には受けさせなかった人)
受けた子は相当気分が悪くなって、早退した子がたくさんいたわよと聞いています。

将来彼女たちが子供を産めないとわかったときに、それとガーダシルを結び付けられる
人がどれほどいるでしょうか? → ほぼ皆無だと思います。

前回チェックしたときは確か世界ですでに50名ほどを殺していて、多くの女性を半身不随に
したりしているガーダシル。以前も警告投稿をしたと思いますが、まだこの先日本に
入る可能性も十分ありますので、予想通りそうなった際、これを読んだ方は周囲の人々へ
知らせてあげてください。

記事に出てくる「乳ガン検査」マモグラムも結局レントゲンをとって。。。ということは
癌の元である放射能を浴びせるわけで、Natural News.comのマイク・アダムスやDr. Mercola
(マーコラ医師)のサイトなどではそのインチキが暴かれ、女性に「受けないように!」
と訴えている詐欺です。

え〜っと、お名前を忘れてしまったが 高木学校の方が医療機関等で受ける放射能の
量を記録するための手帳を作っていらっしゃいましたよね。

あ、これこれ 崎山さん!

2月19日(日)「市民版医療被ばく記録手帳」を作ってみて ―患者が知りたがっていること―」
(2006年2月ですので、お間違えのなきよう)

そういう風に落ち着いて考えれば当たり前のことなのに、メディアや権力者(医療関係も
含む)の意図的、非意図的を問わずの嘘に騙される人が本当に多いですね。
#私もその一人だったけど>フッ素に関しては

皆さん、今後も気をつけましょう!

では、その呆れる記事を以下にご紹介。

【パリの屋根の下で】山口昌子 国家総動員のワクチン接種
(1/2ページ)
2009.11.18 08:00
このニュースのトピックス:新型インフルエンザ

 「あら、もう終わったの? ちっとも痛くなかったわ」。いささか太目の二の腕をさすりながら、バシュロナルカン保健・スポーツ相が、テレビカメラの前でにっこり笑ってみせた。

 フランスでは11月12日から、新型インフルエンザのワクチン接種第二弾が、体育館など約1060の公共施設で始まった。10月20日開始の第一弾では、医療関係者が接種を受けたが、第二陣は、約1200万人の学童や両親などに対象が拡大。11月20日からは、約40万人の妊娠初期の妊婦や乳幼児の接種も行われる。

 仏健康監視研究所によると、仏本土だけで11月中旬現在、43人が新型インフルで死亡、小学校などの学級閉鎖も珍しくない状況だ。今後、冬場に向けて新型インフルが猛威をふるう可能性があるが、「拒否する権利」を認めていることもあり、ワクチン接種が第一弾から数えて、接種を受けた人は約8万人で、受けるべき人の約10%と少ない。

 副作用は5万人に36人という確率で、発熱や頭痛などにとどまっていて、「重大な例はない」(仏当局)とされているものの、「流言飛語」(仏保健省筋)も多いとあって、当局は安全面での宣伝にも躍起だ。

 子供はもちろん、大人でも「注射好き」は少ないうえ、接種する場所が遠いとか、分からないといった批判も少なくなく、「身近な主治医による接種を認めるべきだ」との声も強い。

 「人身御供」(仏紙リベラシオン)と、からかわれた保健相のお出ましも、国民の疑心暗鬼を少しでも鎮めるためにほかならず、副作用の事例も毎週、公表することになっている。それにしても、国民の健康

(2/2ページ)

となると、「国家の責任」(ウッサン同省次官)ということで、かなり神経質だ。

 毎年、インフルエンザの季節になると、50歳以上の男女にはフランス政府の書面で、「ワクチン接種」を受けるようにとの通知が届く。35歳以上の女性のもとには2年に1度、乳ガン検査の通知が、50歳以上には毎年、大腸ガン検査の通知も来る。すべて無料だ。

 私の場合、すべてに該当するため、せっせと通うことにしているが、インフルエンザのワクチン接種を受けずにいたら、「あなたはまだ受けていない」との警告の通知まで来たので驚いた。拒否する場合はその理由を設問中から選んで回答することになっている。

 乳ガンの検査は、パリ市内の検査所の住所の一覧表があるので、そこから最寄りの場所を選んで受ける仕組みだ。無料なので、ぞんざいに扱われるのではないかと不安になるが、「そんなことはない。患者は無料でも、医者など関係者には社会保障から普通より多い手当が支払われている」(同省筋)とのことだ。

 フランスの2010年の財政赤字予測は約1160億ユーロ(約15兆4100億円)で、そのうち健康保険費の赤字は約305億ユーロ(約4兆500億円)。欧州連合(EU)欧州委員会からは赤字削減を強く勧告されているが、国民の健康はおカネには換えられないということか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月10日 15:43:23
欧米から嘘つきゴロツキ詐欺師を排除しないとかわりませんね
温暖化詐欺師 金融詐欺師 医療詐欺師 テロ詐欺師
悪の枢軸をでっち上げた悪の枢軸

欧米には嘘つきと詐欺師しかいなのとちがいますか?

アメリカ国債を売り浴びせて監視役の在日米軍を追い出して

鎖国しませんか


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 豚インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 豚インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧