★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 571.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
宮崎の口蹄疫、68例に 殺処分家畜、全額を補償 赤松農林水産大臣(農業共同組合新聞)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/571.html
投稿者 そのまんま西 日時 2010 年 5 月 12 日 01:59:06: sypgvaaYz82Hc
 

宮崎の口蹄疫、68例に 

宮崎県で発生している口蹄疫は5月11日までに合計で68例に達している。

 5月10日には同県川南町で繁殖、肥育、酪農家で合わせて8件、養豚農家で3件、合計11例の擬似患畜が確認された。

 また、11日はえびの市の肥育農家1件で新たに擬似患畜が確認された。これで確認事例は68例となり、発生以来の殺処分対象家畜は7万6000頭を超えた。
(2010.05.11)

http://www.jacom.or.jp/news/2010/05/news100511-9173.php


殺処分家畜、全額を補償―口蹄疫 

赤松農林水産大臣は5月10日、牛、豚に口蹄疫が続発している宮崎県を訪れ東国原知事やJA関係者などと意見交換し、今後の支援策などを表明した。

 東国原知事は

(1)支援対策の充実、(2)防疫措置などに携わる人員の確保、(3)殺処分家畜の埋却用地の確保などを求めた。

 これに対し赤松農相は殺処分される擬似患畜についての手当て金として家畜伝染病予防法の規定では、家畜評価額の5分の4を国が補償するとしているが、これを全額とする方針を表明した。5分の1部分については県が農家に単独事業で交付し、その財源を国が特別交付税として支払うという。

 11日の会見で赤松農相は「県からの申請があれば直ちに支払う」と話した。ただ、その他の生活支援策については新たな財源や仕組みとともに今後検討する考えを示した。

 また、防疫対策の人員については派遣獣医を50人から倍増させるほか、国からの派遣職員も100人に増やす。殺処分家畜の埋却地について海岸沿いの防風林などの国有地を地元から要望があれば提供するという。

 会見でこれまでの防疫対策について、甘かったのではないかとの質問に「それはまったくない。やるべきことは全部やってきた」と述べた。
(2010.05.11)

http://www.jacom.or.jp/news/2010/05/news100511-9172.php  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月13日 12:26:12: wZfk10nrMU
>発生以来の殺処分対象家畜は7万6000頭を超えた。

一頭いくらの保証金なんでしょう?
78,000×100,000万円?(一頭)
もっと低いのかな?
それにしても国の保証金って、あなたの税金だからまあいいっか。
(ちなみに私は低額所得者)
民主党 事業仕分けどころじゃないですね。


02. 2010年5月16日 01:25:48: w6m1iWoSZ6
クソの役にも立たん自衛隊の装備を削ればいいと思うよ。
僅かな海兵隊が居ないと抑止力にもならんというザマだ。
戦車とか戦闘機とか、不要だろう。中国にでも売ればいい。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 豚インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 豚インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧