★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 588.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
緊急【転送・転載大歓迎】 「性交で感染する」ってホントなの? - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/588.html
投稿者 千早@オーストラリア 日時 2010 年 5 月 19 日 13:30:24: PzFaFdozock6I
 

日本でも海外でも「子宮頸癌の原因はヒトパピロマウィルス(HPV)だ」と言われ、そのHPVの感染経路は「性交だ」とされています。

しかしながらフィンランドで行われた調査(米国微生物学協会の臨床微生物学ジャーナルでの同論文紹介ページ)で「高リスクタイプのHPV」の親子間の感染を調べたところ、調査対象の 78家族のうちの6家族(8%にあたる)で、乳幼児だけが高リスクHPVに感染していたことが報告されました。これは親からは検出されなかったのに、赤ん坊だけ感染していたということです。

また「出生時に採取したサンプルから、生殖器にHPVのDNAが検出された新生児が15%、口腔で検出されたのが 10%あり、それが6ヵ月後にはそれぞれ18%、21%のピークに達したあと24ヶ月で10%へと減少していった」と記されています。

これは要するに、高リスクのHPVでも「性交で感染する」のではなく、米国癌協会のサイト↓ですら明言されているように「HPVは皮膚感染する」ということです。

そこの、
Still, intercourse doesn't have to take place for HPV to spread from one person to another. All that is needed is for there to be skin-to-skin contact with an area of the body infected with HPV.

「しかしながら、HPVが人から人へうつるには性交が為されなければいけないということはない。HPVに感染した部分の皮膚と(別人の)皮膚が接触するだけでうつるのだから」

つまり、私が何度も書いてきた「接種を受ける女の子たちの中にも、すでに高リスクのHPVに感染した子がいる可能性がある& lt;/span>」ということです。そしてそれが何を意味するかというと、2006年5月18日付けのにあった

ワクチンに入っているHPVにすでに感染している人の場合、ワクチン接種が症状・病状を悪化させる可能性がある

ことに加えて

ワクチンに入っていないタイプのHPVに感染している人の場合、ワクチン(この文書ではガーダシル)に入っているタイプのHPVに対する効果が逆になってしまう可能性がある

ということです。

その「効果が逆」というのは「効果がなくなる」のではなく「逆になる」のですから、健康を害する、症状などがすでにあるならばそれを悪化させるという意味です。そしてその割合が↓、13ページの下にある表の右端の「マイナス44.6%」なのです。

さらに、カナダのワクチン犠牲者の親たちが作った団体「ワクチンの危険性に目覚めるネットワーク(Vaccination Risk Awareness Network Inc)」のエッダ・ウェストがカナダ公衆衛生局の初代局長であるデイヴィッド・バトラー-ジョーンズ医師に宛てた2007年12月 12日付けの手紙↓に出ているFDA文書からの引用を見てください。

「FDA VRBPAC Background Document: GardasilTM HPV Quadrivalent Vaccine . May 18, 2006 VRBPAC Meeting(上で紹介したFDAの文書)によると、ワクチンに含まれる遺伝子型のHPVに対して血清とポリメラーゼ連鎖反応が陽性である(訳者注:HPVに感染している)女性がガーダシルを接種した場合、高悪性度の前癌病変を発現する危険性が44.6%も高くなることが判明したので、HPVの遺伝子型を正確に検出するポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を基にした HPV検出器は今、緊急に必要とされている」

これは、下記の文書中に述べられていることだとエッダは書いていますが、

FDA VRBPAC Background Document: GardasilTM HPV Quadrivalent Vaccine . May. 18, 2006 VRBPAC
Meeting. www.fda.izov/ohrms/dockets/ac/06/briefing/2006-4222B3 ...
www.fda.gov/OHRMS/DOCKETS/DOCKETS/07p0210/07p-0210-ccp0001-01-vol1.pdf

私も直に確認しましたが、しっかり上のとおりです。
そしてエッダのレターは続けて、同文書の'XII. Conclusions and summary'(結論と要旨)の項目の最後の段落から、引用しています。そこでも上の危険性が44.6%アップすることが重ねて言及されており、加えて

「ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術がすでに20年も利用できる状況にあるにもかかわらず、FDAの承認を受けたHPVの遺伝子型をPCRを基にして検出する器械がいまだに市場には出回っていない」

ことを問題にしています。

このFDAの文書は、そうした検出器をFDAが主導して大至急開発・販売に繋げないと、「性交経験があるが、このワクチンを受けたい」と思う女性が上述の「子宮頚部の前癌病変の危険性、44.6%アップ」という憂き目に遭うと懸念する人々が請願を出していて、それに関連したものです。

またエッダのレターは、当然ですが「この危険性ゆえに、カナダ全土で展開されている14歳から17歳までの女子に対する学校での接種をすぐさまやめさせて!」という政府担当機関への訴えです。彼女は、そうした女子生徒のなかにもすでに性交経験者がいるという報告もあるうえに、HPVは皮膚感染することをも言及しつつ、接種の即刻中止を訴えています。

ノーベル賞でも、選考委員会と製薬業者との癒着が見られた今、"専門家"といわれる人々およびメディアのプロパガンダにみごとにだまされて、「自費を払ってでも受けたい」という成人女性には「別にテストをしてHPVの有る無しを確認してから接種」という手順を踏んだりしているように見受けますが(余計にお金がかかるということ=誰かが儲けているということ)、公費負担などで一斉に接種を受ける小6、中1などの女子にはそんな配慮はされていません。

彼女たちの中に、上で説明したようにすでにHPVに感染している子がいたら(ゼロではないと思います)、その子は将来子宮頚部の前癌病変の危険性を 44.6%もアップされてしまったということになるのです。それがわかるのはずっとあとのことでしょうし、そういう事態が起きても、誰が「あのワクチンが原因だ」と特定できるのでしょうか? そしてその責任は一体誰が取るのでしょう?

以前にも、インドネシアのトゥリーマンのケースを出して「HPVは子宮頸癌の原因ではない」点を指摘しましたが、まだまだ理解されず、9/11同様に公式見解を鵜呑みにしている方が多いと思うので、次回以降でそれについてまた書く予定です。

他にも、ウィキペディアなどでは「生殖器のイボ原因となるHPVと、子宮頸癌を発現するHPVとは違う」↓と書かれているのに
Some sexually transmitted HPV types may cause genital warts. Persistent infection with "high-risk" HPV types―different from the ones that cause warts―may progress to precancerous lesions and invasive cancer
http://en.wikipedia.org/wiki/Human_papillomavirus

ガーダシルを受けた女性たちのなかからその生殖器のイボが発生したケースが78件もある!と、2008年11月11日のナチュラル・ニュースは伝えています。↓

それは「私たちの娘はモルモットなの?」と訴えるフィジー・タイムズからのニュースでした。

調べれば調べるほど、嘘と隠蔽だらけなのですよ。
だから私は「子宮頸癌ワクチンは詐欺&薬害事件だ!」と公言しています。

そしてみんながやめるまで、このワクチンが禁止されるまで
何度でもくり返します。

子宮頸癌ワクチンは絶対に打たないで!


★転送・転載する場合は、必ずブログの当該ページURL
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/05/blog-post_202.html
を入れてください。

一人でも多くに読んでもらうため阿修羅掲示板内拍手↓と、ブログでの応援クリックをよろしく!  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 千早@オーストラリア 2010年5月19日 18:23:41: PzFaFdozock6I: uIxkGXH7hQ
先ほど、投稿直後に短いコメント(入力は正しいはずなのに、表示がおかしい)を入れたはずでしたが、何故か出ていないので(削除された!?)また書いておきます。

要するに、途中から「太字」でハイライト(強調)した部分がおかしくなっているので、私がどこを強調したのかわからなくなっています。

それを知りたい方は(って、勘のいい皆さんなら大体の想像はつくでしょうけど)私のブログを開けてお読みください。↓

「性交で感染する」ってホントなの? - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/05/blog-post_202.html

相変わらず「人気ブログランキング」上も私の投稿は反映されないケースが大半で、これもご同様「最新記事一覧」にも出ていないし、タイトルで「記事検索」しても出てこない。

でも今、ランキングで「14位/590人中」にいるので、そこの「ニュース全般ブログランキング」ページを開けて、14位にいる自分のブログを見ると、ちゃんと

最新記事:2010/05/18 13:18 [「性交で感染する」ってホ…] [水を癒そう! 世界各地で…] [徳島新聞へのメール&一番…]

と、検索しても出てこない記事が載っているのです。(^^;

阿修羅掲示板のアクセス数ランキングでも、これは今日の午後アップしたのに、「いまだに誰も読んでいない」ように出る。

豚インフル アクセスランキング (全期間) 全 273 件 全6ページ、
豚インフル アクセスランキング (3日間) 全 129 件 全3ページ、
豚インフル アクセスランキング (24時間)全102 件
(何故か2&3ページ目では「全 101 件」となっている)  全3ページ

を全部開けても、どこにもこれが載っていない。

まぁ、こんなこともあるのかもしれませんが、
午後1時半にアップして、日本時間午後6時過ぎで
まだ誰も読んでいないの??

色々おかしいです。


02. 2012年10月24日 20:30:31 : 6SqxxWVZq2
反論コメントです。

1900年代、天然痘や結核に対して人類は予防接種でその感染から生きながらえる術を獲得しました。
その後、死亡数が多い疾患は何だと思いますか?
日本では1970年代から死亡原因第一位に悪性腫瘍(癌)が出てきました。
あらゆる癌に対してウィルス学の先人達が躍起になって調べました。
そこで関連性のある癌に子宮頸癌があげられました。
残念ながら、他の癌は感染以外の要因との事。

google scholarで”HPV”と調べてみて下さい。莫大な数の論文が確認できます。
HPVの型の多さは、分類学の視点から推測するに、数千年の月日をかけて
人類に伝搬しているのだろうとも言われています。
("tree man"といわれる疾患もHPVが確認できます。)

そのHPVのなかでも子宮頸癌で確認できるαHPV species 5,6,7,9
に対するワクチンを作る事は妥当だと思います。

最後に、子宮頸癌でなくなる方は減っている様ですが、
まだまだいらっしゃいます。
抗癌剤、放射線治療は病期によっては限界があります。
再発となれば完治は困難です。

国をあげて予防が出来れば、未来の頸癌死亡者数を減らせるでしょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧