★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 595.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
口蹄疫対策の協議難航 地元側、支援策に不満(西日本新聞)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/595.html
投稿者 ニューニュー 日時 2010 年 5 月 20 日 22:18:57: sncY6HQfx5PvU
 

(回答先: 口蹄疫ワクチン 地元首長 接種に難色(西日本新聞) 投稿者 ニューニュー 日時 2010 年 5 月 20 日 15:45:29)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/173020

口蹄疫対策の協議難航 地元側、支援策に不満
2010年5月20日 21:10 カテゴリー:経済

 政府は20日、宮崎県で感染拡大が続く口蹄疫対策を実行するため、現地対策本部と地元市町村が話し合った。地元側は政府による農家への支援策に不満を示し、協議は難航。発生地点から半径10キロ以内の牛や豚へのワクチン接種は21日以降にずれ込んだ。接種後に実施する全頭処分も遅れることになり、政府の口蹄疫対策の混乱ぶりが浮き彫りになった。

 ワクチン接種は家畜伝染病予防法によって、拒否すれば罰金が科せられる。しかしその後の殺処分は法律に明確な規定がなく、実施するには農家の同意が必要。農林水産省幹部は「農家がすぐに合意できる金額を示せるのが望ましいが、税金でやることなので、限界がある」と述べた。

 地元側と協議した現地本部の山田正彦農水副大臣は「接種の必要性は分かってもらっている」と述べ、説得を続ける考えを示した。

 政府がまとめた対策では、ワクチン接種後に殺処分する牛1頭につき約60万円、豚は約3万5千円の奨励金を一律に農家に支給する。このほかに「経営再開支援交付金」も農家に支払うとしているが、具体的な金額は決まっていない。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧