★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 602.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
宮崎・口蹄疫 ワクチン接種先送り 知事、首長「補償が不明確」 (西日本新聞) 5月21日
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/602.html
投稿者 むにゃ 日時 2010 年 5 月 21 日 15:12:51: okMc52wnlhCtY
 

(回答先: 口蹄疫ワクチン 地元首長 接種に難色(西日本新聞) 投稿者 ニューニュー 日時 2010 年 5 月 20 日 15:45:29)

宮崎・口蹄疫 ワクチン接種先送り 知事、首長「補償が不明確」 (西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/173066  2010年5月21日 00:06  

 宮崎県で広がる家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、政府の現地対策本部(本部長・山田正彦農林水産副大臣)は20日、感染発生地から半径10キロ圏内にいる牛や豚全頭へのワクチン接種‐殺処分に向け準備に着手した。しかし現地本部と協議した川南(かわみなみ)町など対象地域の首長と東国原英夫知事が「補償や支援の内容が不明確で農家の理解が得られない。接種に入れる態勢ではない」と主張して合意に至らず、接種開始は当面、先送りとなった。
 協議に臨んだのは、感染発生地の川南、都農(つの)、高鍋、新富4町と、隣接する宮崎、西都両市などの首長。ワクチン接種などの対策が「地元の理解を得ず発表され、生活保障も見えない」(東国原知事)として県庁で山田副大臣と意見交換した。
 会談後、山田副大臣は記者団に「ウイルスは増殖しており同意してもらえないと大変なことになる。農家を説得していただきたいと要請した」と説明。十分な補償については「やりますとしか答えようがない。財務省や農水省と予算措置を詰めているが、すぐに決まるわけではなく、理解してもらうしかない」と大筋の同意を得て接種に踏み切りたい意向を示した。
 これに対し、川南町の内野宮正英町長は「補償問題などを含め、市町村や農家との具体的な協議ができていない」と政府の対応を批判。接種については「合意は必要だが、スピード感を持ってやらないといけない」と一定の理解を示した。東国原知事は「予備費1千億円拠出という報道があった。総理が補償は政府がきちっとやるから、ワクチン、全頭処分に協力をと発信してほしい」と、政府に踏み込んだ対応を求めた。
 一方、JA宮崎中央会は20日、口蹄疫による被害総額(19日現在)は約300億円との試算を公表。ワクチン接種による全頭処分などの被害は含んでいない。
 ◇   ◇
 農林水産省は20日、口蹄疫でワクチン接種後の全頭殺処分対象となる農家に対し、肉牛1頭当たり5万9千円、肥育豚1頭当たり1万2千円の経営再開支援金を支払う方向で検討に入った。
■感染疑い農場 新たに15ヵ所
 宮崎県は19日夜、家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いのある牛や豚が新たに川南(かわみなみ)町9カ所、都農(つの)、新富、高鍋3町各2カ所の計15カ所の農場で見つかったと発表した。感染とその疑いのある牛や豚が判明したのは、これで計146カ所。市町別は川南町125カ所、都農町7カ所、高鍋町6カ所、新富町4カ所、えびの市4カ所。
=2010/05/21付 西日本新聞朝刊=  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧