★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 684.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
WHO科学者は豚インフルエンザワクチンメーカーとつながっていた(ABC News)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/684.html
投稿者 阿保の洞窟 日時 2010 年 6 月 06 日 15:04:53: bqCIRkIGb9yyY
 

http://abcnews.go.com/Health/SwineFlu/swine-flu-pandemic-world-health-organization-scientists-linked/story?id=10829940&page=1
(World Health Organization Scientists Linked to Swine Flu Vaccine Makers)

Excite翻訳による抜粋
--
インフルエンザ政策に関して世界保健機関にアドバイスした科学者といわゆる豚インフルエンザが 「世界的流行病」であると宣言するという決定を推薦で含むのにおいて、タミフル(WHOが公的に明らかにしなかった事実)のようなワクチンと抗ウイルス薬を製造している会社との密な結びつきがありました。

ワクチンとインフルエンザ治療薬でお金を稼ぐアドバイザーと会社の間のリンクはイギリスの医学雑誌BMJによってオンラインで発表されたレポートで詳細でした。BMJは WHOの政策におけるアドバイザーの役割を調査しました。

デボラ・コーエン、BMJの読み物記事担当デスク、およびフィリップ・カーターによるレポート(ロンドンのInvestigative Journalismの事務局のジャーナリスト)には、インフルエンザの専門家が「病気のために可能な限り良いドラッグを開発するために産業と共に働くのが必要である」と認めましたが、産業専門家に公衆衛生政策の定式化における役割があるのを許容するのが、危険な連鎖であると書かれていました。
--
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年6月06日 19:34:26: QORUUT3OT6
ガーディアン紙の記事には

"The tentacles of drug company influence are in all levels in the decision-making process," said Paul Flynn, the Labour MP who sits on the council's health committee.

「WHOのあらゆる意思決定過程において、製薬企業の影響が触手のように蔓延っている」と、ヨーロッパ・カウンシルに出席した英国労働党のPaul Flynn議員。
http://www.guardian.co.uk/business/2010/jun/04/swine-flu-experts-big-pharmaceutical?&

あれだけパンデミックを煽った日本のメディアは、完全にスル―ですね。


02. 2010年6月07日 22:07:05: OHJu6LUP1Q
日本のメディアもずっと以前から五角形共同体に組み込まれていますから、肝心な事は絶対言わない、報道しないとハナから思っていた方が安心?ですね。

このような大切なニュースを流すわけがありません。
そして、日本のお役所も国民には教えない。

知っているのはホンの一部のトップ連中だけでしょう。
国会議員だって知らない人のほうが多い。

民主主義国家と言っても内実は「国民に真実を教えてはならない」戦時の国家とかなり似ています。
国民が何も知ろうとしないという「バカ丸出し」という事の方が源泉かな?

いや、こんな本当の事欠いたら「バカ丸出し」だと叱られました。
ウソや欺瞞で他人様を「洗脳するな」とも。

これは笑い話にするか、それとも、実際まじめにそう思っている日本人の方が多いとみて大いに失望するか、おそらく後者の方かな?

という事で、貴重な情報ありがとうございました。
決してウソや欺瞞ではないと確信しています。
いや、
ずっと前からWHOの要のところはそんなもんだろうと思っていたから普通の感覚ですね。


03. 2010年6月07日 22:17:04: OHJu6LUP1Q
こういうのを「ウソや欺瞞」の結果と言うのでしょうね。


ーーーーーーーーーー
編集元:ニュース速報板より「被害総額1000億超 WHOと製薬会社の死ぬ死ぬ詐欺に日本政府も騙される」

1 はさみ(福島県) :2010/01/20(水)

新型インフル 輸入ワクチン実需なし 1126億円無駄に?

 厚生労働省が欧州の二つの製薬会社から輸入することを決めた新型インフルエンザ用のワクチンについて、医療機関の需要はほとんどない状態であることが十九日、本紙が行った四十七都道府県への聞き取り調査で分かった。 

 輸入予定のワクチンは成人換算で九千九百万人分で、総額千百二十六億円。

 厚労省は二十日付で都道府県から輸入ワクチンを希望する医療機関の数などの報告を受けるが、現時点での需要を「ゼロ」「発注見送り」としたのは二十六都府県に上った。国産ワクチンも余剰気味の状況を受け、このうち需要調査そのものをしていない県も十一あった。

 「少しだが需要はある」としたのは七府県あったが、「場合によっては使いたい」と流行が再燃した場合に限定するなど実需とは言いがたい内容。 そのほかの県も、輸入ワクチンは接種方法が国産ワクチンとは異なる点や、出荷単位が大きく中小の医療機関は使いづらい点などを挙げ、「需要はほとんどないだろう」と回答した。

 流行が収まってきたことや、一回の接種で十分な効果が得られることなどから、フランスやドイツなど欧州各国では、製薬会社に発注を取り消す動きが広まっている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010012002000109.html


04. 2010年6月07日 22:23:16: OHJu6LUP1Q
ひとのうわさも○○日・・・

などとのんきなニッポンジンだから、また騙されるでしょう、きっと。

家畜の口蹄疫騒動でも「丸呑みこみ」で信じちゃったりして・・・

まあ、これだけ簡単に騙される国民は世界一だったりして・・・

ーーーーーーーーーーー転載

今回のパンデミックはWHOと製薬会社の陰謀であったことが明らかになりましたが、 h...

slow_eco_life_is_beautifulさん

今回のパンデミックはWHOと製薬会社の陰謀であったことが明らかになりましたが、
http://www.bmj.com/cgi/content/full/340/jun03_4/c2912
.

日本でも厚労省や国立感染症研究所と製薬会社の癒着は周知の事実であり、
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/31006751.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/31006741.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/31006710.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/32145806.html

国家ぐるみで国民をインフルエンザの恐怖に怯えさせ、安全性や有効性が証明されていないワクチンや抗ウイルス薬を、
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/31069718.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/32184560.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/30947672.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/30925322.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/30920629.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/30865238.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/30855679.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/31270643.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/31186512.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/31006813.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/31081283.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/32283554.html

http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/30828805.html
http://www.kangaeroo.net/D-maebashi.html

B層を中心に売り捌き、多数の薬害被害が発生していますが、
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/32340973.html
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/32025216.html

知恵袋にいる識者はこうした事実を重く受け止め、権力の暴走を監視し、安全性が確立していない薬剤を単なるガイドライン主義で奨めたり、悪辣なマスメディアの情報を垂れ流すことは慎むべきと考えますがいかがでしょうか?

ソクラテスではありませんが、自分はまだ何も知らないということを知るべきです。

http://www.thinker-japan.com/medical.html
http://www.thinker-japan.com/media.html
http://www.thinker-japan.com/war.html

特に最近話題に上る子宮頸癌や日本脳炎のワクチンなんかも、商業主義の塊だと気付きませんか?

補足
WHOと製薬会社の癒着は,公の調査によって裏づけられました.
詳細は↓をお読み下さい.
http://blogs.yahoo.co.jp/slow_eco_life_is_beautiful/folder/1193129....

ウイルスをばら撒いたか否かの確証はありませんが,ソ連型H1N1は実験室から齎されたと考えられています.新型もその可能性を否定できず,事実であれば全ての現象の説明が付きます.

賄賂はごく普通にやり取りされ,評論家も信用なりません.機密費をも受け取っています.

URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1041847725
ーーーーーーーーーーーーーー


05. 2010年6月07日 22:40:19: OHJu6LUP1Q
この医学界の上層部(下層部はほとんど教育で洗脳されている)関係はかなりヤバイ暗黒の世界でした。(これから大変化するでしょう。)

しかし一度その闇を明るみに出す作業も次の最善の策づくりに必要でしょう。

次は精神科方面の話しですが、この一部に限ったことではなく医学界は全体的に同じようです。
それこそ、「ウソや捏造、欺瞞の渦巻く世界」であるとしたら、それがマスメディア、政府、役人、学者を仲間にしてしまったらどれほどの世界的権力が行使できるか?

国民はすっかり信用しきっている状態ですから、思うままやりたい放題・・・

しかし、今までの様には行きません。そういう時期なのです。

でも、鍋底にべっとりとへばりついていたモノが表面に浮かび出てこそ、鍋がきれいになるというもの。

まだその鍋底ベッタリに荷担しようとしている輩もいるようですが、「時節到来」という言葉を贈ります。

ーーーーーーーーーーーーーー転載ーーー

隠された論文

精神科が患者を獲得するために有利な論文は、多くの医学誌・マスコミに何度も登場しますが、患者の利益にはなっても「患者獲得・薬剤売り上げ増」にマイナスになるような論文は、総力を挙げて排除する傾向にあります。

研究者自身をも完全に排除してしまうことすらあります。

つい最近も自閉症とワクチンの関連を研究したイギリスの医師(Wakefield 医師)が、その手法に問題があったとして医師免許をはく奪されましたが、一方で世界にADHDを広め、児童精神科と製薬企業に多大な利益をもたらしたアメリカの医師(Biederman 医師)は、製薬企業からの多額のワイロをもらってデータのねつ造、講演会、論文のゴーストライティングを行っていたことが明らかになったにもかかわらず、身分もほぼそのままで、日本のマスコミはそれを一切報じず、ワクチン・ビジネスに都合の悪かったWakefield 医師 のニュースだけは伝えております。

例えば統合失調症にしても、すでに薬剤治療を行った場合と行わなかった場合の長期にわたる研究があり、「薬剤治療を行わない方が転帰(その後の状態)が良い」としています。

近々訳そうかなと思ってる論文も、そうした論文の一つです。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17502806

"Factors involved in outcome and recovery in schizophrenia patients not on antipsychotic medications: a 15-year multifollow-up study"

「抗精神病薬による治療を受けなかった統合失調症患者の転帰と回復に関する要因:15年の多年追跡調査」

この長期にわたる調査研究は信頼性も高いと思われますが、「薬剤治療を受けてない統合失調症患者は40パーセントが回復したのに対し、薬剤治療を受けた患者の回復率はわずかに5パーセント」としています。

こうした論文を精神保健研究所(国立精神・神経センターに所属)などが発表することがないため、多くの精神医療従事者には知らされていません。

現実には多くの患者が被害を被っているはずです。

親も教師もそうですが、製薬企業や権威と呼ばれる「確信犯」以外の医療従事者自身が、まずそうした今の資本主義医療の実情をしっかりと理解しないと、無垢で無知なままでは患者を廃人にし、命すら奪うことになりかねません。

それを防ぐには、テレビ・新聞などのマスコミが製薬企業や各種医師会と手を切って、本当に読者の利益となる中立・公正な情報を提供することですが、すでに洗脳や情報操作のツールと化してますから、もはや「自分の身は自分で守る」しかないのかもしれません。

"By ignoring the environmental factors the psychiatric profession gives itself complete job security by diagnosing life as a mental illness. The only people who will not qualify for a disorder are those who are dead." Joseph Arpaia, MD

"精神医療従事者たちは環境要因を無視することで人生を何らかの精神疾患に診断し、自らの職業の安定を確保している。今や何の障害にもあてはまらないのは死人だけである"

― 医学博士 ジョセフ・アーパイア


DATE:2010/06/07
URL:http://schizophrenia725.blog2.fc2.com/blog-entry-79.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


06. 2010年6月19日 23:44:33: h6Eq4QKjYY
WHOでさえ繋がっているのだから、日本の厚生労働省を筆頭に農水省も既に繋がっているのでしょうね。
官房機密費がマスコミ対策に使われてきた様な日本国ですから、製薬利権の関係は密になっているのでしょう。

新型インフルの時、感染研究所のどなただったか、かなり宣伝していましたよね。爆発的感染力を持つと言って。だからタミフルやワクチンだと。

この人達いまどういう言い訳しているのかな? 
しかし日本人ってこりないねえ。
あれほど人間でだまされて、また家畜でだまされている・・・

どうりで殺して埋める家畜にわざわざワクチン打っているというのも何だか偽善っぽい。それにそのワクチンって本当に効果あるのかどうかも大規模調査されているのかな?

マスコミが先頭に立って国民を煽って洗脳しているのだから、だます方はそれがずっと仕事だからよいけど、だまされる方もいい加減きづいたらよいのに、なんども同じくり返し。これじゃあ、「おれおれ詐欺」みたいなものがいっこうに無くならないわけだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧