★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 761.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
口蹄疫に迅速対応 農水省、簡易診断キットなど導入方針(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/761.html
投稿者 ニューニュー 日時 2010 年 7 月 17 日 07:35:07: sncY6HQfx5PvU
 

http://www.asahi.com/special/kouteieki/TKY201007100330.html
より引用
-------------------------------------------------------------------
口蹄疫に迅速対応 農水省、簡易診断キットなど導入方針

2010年7月11日21時12分


 家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)の問題で農林水産省は、現場で短時間に感染を診断できる簡易キットの輸入や、家畜の死体を分解処理する装置を備えた車両の導入などの対策に乗り出す。宮崎県での流行で家畜の処理の遅れから感染拡大を招いたことを教訓に、今後、別の場所で発生した際にすばやく対処できるよう、来年度の予算概算要求や定員要求にこれらの事業を盛り込む方針だ。

 宮崎県で計約27万頭の牛や豚が殺処分された今回の流行では当初、診断はすべて遺伝子検査で行っていた。検査できる施設は東京の1カ所しかなく、検体の輸送などに1日以上かかったため、6月以降は写真などで症状を診断し判断する方法に切り替えた。

 今後、別の地域で感染が疑われる事例が出た場合、症状を見ただけで適切に診断できる獣医師がすぐ確保できるとは限らない。このため、現場で検体を採取して2〜3時間で診断できる簡易検査キットをスウェーデンから近く輸入する方向だ。ただ、これまでに英国や韓国などで使われた際、感度に問題があったとの報告もあり、判定は遺伝子検査や写真判定と併用して総合的に実施される見込みだ。

 また今回の流行では、豚への感染が発生した際に大量の家畜を埋める土地が用意できなかったことが、感染のさらなる拡大を招いた。埋める以外に、処理施設で死体を肉骨粉と油に分解する方法もあるが、宮崎では施設への家畜の運び込みに周辺の農家が反対し、実施できなかった。

 このため農水省は、家畜の死体を処理する装置を備えた大型のトレーラーの開発を検討している。車両が口蹄疫が発生した農場まで出向き、殺処分した家畜を現場で分解処理する。1日あたり牛で100頭程度を想定している。

 農水省が現在所有する車両では鶏を焼却することしかできない。大きさや費用の面で課題もあるが、開発する際は鶏の死体を粉砕する機能を持つデンマークの車両を参考にする予定。

 早期の殺処分、埋却を実現するため、発生直後に現場に入って処理を支援する国の専用チームを設ける。チームは殺処分に当たる獣医師数人と、補佐の作業員十数人などで構成。普段は動物衛生研究所や各家畜改良センターなどで勤務するが、口蹄疫が発生した場合は通常業務を離れて素早く現地入りする。山田正彦農水相は「日本のどこでいつ起こってもおかしくない状況。そのときにさっと処理できるよう準備している」と話す。(大谷聡)
-----------------------------------------------------------------
引用終わり

※目先の出来事(種牛問題とか)にかまけてこのニュースに気づかなかった。我ながら情けない。検索していたら農林水産省の6/24付口蹄疫防疫措置実施マニュアル
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/fmd_manual.pdf
で簡易キットの実用化と、移動式レンダリング車と焼却炉との組合せによる焼却の実用化について触れられているため、それをさらに調べて記事にしたものであろう。

※この簡易検査キット、感度に問題があったらしいがどの程度問題なのかわからない。記事から判断するとサーモグラフィの類( http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Animal%20Health/Technologies%20Improve%20FMD%20Detection.htm )とは違うようだ。よほどの役立たずでない限り、安価であれば各都道府県に1個ずつ常備して、農家から通報があれば即かけつけて短時間で診断でき、早期発見の助けになる、ということは考えられる。

※しかしどんなに優秀な技術・機材を導入しても、結局大切なのはより厳重な危機管理体制(他国での発生状況とその対応の調査、テロの可能性とその危険性も認識する)と被害を最小限に食い止めるシステム(異変を見つけたら即報告、迅速で正確な診断、素早い防疫措置、積極的な発生動向調査など)の確立、高い危機意識を持つことだと思う。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月17日 08:34:52: iKUeD3ED8E
こういう機材こそ、国産で開発すべきですね。
高い海外産を導入するより安くつくだろうし、国内産業の活性化にもつながる。
性能が良ければ、海外市場にも割り込めるだろう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧