★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 775.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
子宮頸がんワクチンに公費助成=来年度予算で要求へ−長妻厚労相 (時事通信)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/775.html
投稿者 ダイナモ 日時 2010 年 8 月 04 日 23:17:18: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010080401006

 長妻昭厚生労働相は4日の参院予算委員会で、子宮頸(けい)がんを予防するワクチン接種の公費助成について、「重要項目の一つとして予算要求をしていきたい」と述べ、2011年度予算の概算要求に盛り込む考えを明らかにした。民主党の桜井充氏への答弁。
 子宮頸がんは、国内では年間約1万5000人が発症し、約3500人が死亡しているという。近年は20〜30代の発症が増加している。
 欧米諸国では10代前半を対象に公費によるワクチン接種が行われている。日本でも昨年ワクチンが承認されたが保険が適用されず、3回接種で4万〜6万円掛かる自己負担が普及のネックとなっている。一部自治体は助成を始めているが、国の補助を求める声が高まっていた。

-----------
ようやく日本でも欧米諸国と同じくワクチン接種に公費助成が行なわれる見通しになった。
これで女性の負担が大きく減少することになる。
ワクチン接種が広く行なわれるようになり、死亡率は今までの1/3に減少するようになるだろう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月06日 19:28:45: qQzZIhyYNA
ダイナモさんも相変わらず無邪気な方ですね。
板が違うと指摘が出そうですね。
春先に色々と「子宮頸がん」板が立ったがダイナモさんが主張していた
がん発生数やその病状の病理学的な厳密な区分けが、信頼性に疑いがある
統計だと「子宮体がん」と「子宮頸がん」の区別があやふやだった。
概要は以下を参照ください。
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/272.html#c5
コメント中の参照記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100612-00000065-mai-soci

日本産科婦人科学会
小西郁生常務理事は「40〜50年前までは子宮体がんの患者はほとんどいなかったので、子宮頸がんを子宮がんとしても問題はなかったが、食生活の変化などで子宮体がんの患者が増え続け、混合が見過ごせなくなってきた。昨年、子宮頸がんのワクチンが承認されたが、死亡者数が正確に分からないと、効果も詳しく把握できない」と説明する。

日本の場合、もともとの数字は子宮がんの中に入り込み
子宮頸がんを個別に区分けできない数字だ
数字自体に曖昧さがあるのだから
参照コメント中の記事にあるように検証はこれからです。
検証されていない数字をもとに死亡率が1/3になるとは楽観論すぎる。


02. 2010年8月07日 08:58:21: Im8gEsYp7E
医療支配者たちは、この二つの病気に対して「免疫化」はできないかと必死になって研究している。しかしある種のワクチンは病気そのものよりも恐ろしいのではないか、といった疑問を彼らは最後まで懐かないであろう。(引用注:疑問を抱いているものは増えているが、マスコミにはでないことになっている)

もう一人の著名な医師、サンフランシスコのJ・M・ピープルズ博士[Dr. J. M. Peebles[外部リンク], 1822-1922]はワクチンについて著わした本の中でこう述べている。

   「予防接種は政府が黙認することで義務化され、医療従事者によってあらゆる機会に強要されている。しかし予防接種は、単に成長期の子供たちの健康にとって重大な脅威や危険をもたらすというだけでなく、米国市民の医療選択の自由を踏みにじる暴虐行為の最たるものである。 天然痘を予防するという奇妙な信仰のために、人間の血液を獣から抽出したリンパ液で毒するという強制的な種痘接種は、一九世紀最大の汚点である」
経済的利益を期待して、医者たちは乳幼児への予防接種をもっと幼いうちに受けさせるよう毎年要求している。
子供たちに強制される予防接種が、もしこのように現実の危険をもたらすのが明らかであるならば、誰がこれを強制しているのかを探る必要がある。

米国であらゆる感染性疾患の解決法として予防接種を絶えず活発に推奨しているのは、次のような政府機関である。すなわちジョージア州にある疾病管理センター[外部リンク]CDC、保健教育厚生省HEW[外部リンク]、公衆衛生局[外部リンク]PHS、食品医薬品局[外部リンク]FDA、米国医師会AMA[外部リンク]、世界保健機関[外部リンク]WHOなどである。

政府機関の職員が永年、予防接種の義務化をこのように熱心に奨めながら、そのワクチンを製造敗売する巨大製薬会社に「天下り」してきたのは、偶然の一致とは考えられない。医療独占支配の代理人たちが立案した予防接種義務化の法律を「国法」化するために画策したのは、これらの政府機関であった。

http://mblog.excite.co.jp/user/satehate/entry/detail/?id=10242298


03. 2010年8月07日 09:22:57: Im8gEsYp7E
永妻さん、先の大臣の様に周りの厚生官僚にうまくやられていますね。
もっとも知らないのだから無理もないけど。
この省庁は非常に奥が深いのですから、素人ではとても敵わないのです。
しかし、
決してながつまさんが悪意で決定しているわけではありません。
周囲からささやかれるのです。
「これは絶対に国民のために必要な事ですよ」と。
なるほど、
聞いてみればもっともな話しばかり。
それじゃ、国民の為に即決断して、将来ボクの名前も感謝されて残るだろうナア・・  ナニ! 名がつまらん

政治家だますなんて赤子の手をひねるようなものだな。
じみんの時は癒着があったけど、こんど、みんしゅの時は「みな正義感くすぐるだけでヨシ」

君盲猟のごとく、君たち(政治家)はまったく迷盲だから騙しやすい、猟犬にかかったらイチコロだね。 (魑魅魍魎完了の言)

医療独占支配の代理人たちの巣窟。そんなところに入っていったら、即、猟犬の餌食にされてしまう。

厚生だけでもアタマいっぱいのところに労働までくっつけて大忙しでアタマ混沌にしておけば、適正な判断など出来ないように「既に計画実行済み」厚労省。

市民はもう政治家も完了も当てにしてはならない非常時国家なのだと気づくべき時なのだが・・・・
それも、まだまだのようだし・・・
どうなるんだろう?


04. 2010年8月07日 09:30:15: Im8gEsYp7E
毎日新聞記事は削除されていますが
一度出したら拡散するのです。

http://www.google.co.jp/search?q=%EF%BC%9C%E5%AD%90%E5%AE%AE%E3%81%8C%E3%82%93%EF%BC%9E%E7%94%A8%E8%AA%9E%E5%BB%83%E6%AD%A2%E3%82%92%E8%A6%81%E6%9C%9B%E3%81%B8%E3%80%80%E6%97%A5%E7%94%A3%E5%A9%A6&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧