★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 798.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新タイプの耐性菌 日本初検出
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/798.html
投稿者 あややの夏 日時 2010 年 9 月 06 日 19:34:22: GkI4VuUIXLRAw
 

9月6日 18時46分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100906/t10013813541000.html

インドやヨーロッパなどで感染が広がっている、ほとんどの抗生物質が効かない新しいタイプの耐性菌が、日本で初めて、栃木県の獨協医科大学病院で入院していた患者から検出されていたことがわかりました。この耐性菌は、病院内だけでなく、健康な人の間でも感染が広がるおそれがあるため、専門家は警戒を呼びかけています。

これは、栃木県壬生町の獨協医科大学病院が、6日午後、記者会見して明らかにしたものです。それによりますと、去年5月、入院していた50代の日本人の男性患者に発熱などの症状が出たため検査したところ、血液から抗生物質が効かない大腸菌が検出されたということです。先月になって病院で菌の遺伝子を詳しく調べたところ、インドやヨーロッパで感染が広がっている「NDM−1」と呼ばれる酵素の遺伝子を持つ耐性菌であることがわかったということです。この男性は、入院する前にインドから帰国していて、治療の結果、回復して去年10月に退院したということです。病院では個室で男性の治療にあたり、感染対策を徹底したことから、ほかの患者に感染することはなかったということです。日本でNDM−1の遺伝子を持つ耐性菌が検出されたのは初めてです。記者会見した獨協医科大学の菱沼昭准教授は「この耐性菌は今後も日本に入ってくる可能性が高いと思われるため、国内の監視体制を強化する必要がある」と話しています。NDM−1の遺伝子を持つ耐性菌は、2年前にインドのニューデリーの病院の患者から初めて検出されたあと、ヨーロッパやアメリカで相次いで検出されています。大腸菌や肺炎かん菌から多く見つかり、健康な人の間でも感染してぼうこう炎や肺炎を引き起こし、死者も報告されていることから、先月にはWHO=世界保健機関が加盟各国に監視体制を強化するよう呼びかけています。これまで問題になってきたアシネトバクターや緑のう菌などの耐性菌は、病院内で抵抗力が落ちた患者の間で感染が広がってきましたが、NDM−1の遺伝子を持つ耐性菌は、病院内だけでなく、健康な人の間でも感染が広がるおそれがあるため、専門家は警戒を呼びかけています。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月07日 01:54:12: kQfeKRV4hQ
私は陰謀論とかは信じるタイプではないがNDM−1がインドで発見された
と言う箇所がどうも引っかかる。
鳥インフルエンザ・サーズは中国と人口大国&新興国の2巨頭である。
多剤耐性菌は抗生物質の安易な投与や間違った用法で発生すると説明されているが
そもそも、日本みたいにインドで抗生物質投与って頻繁にされているのか?
MRSAは薬漬け儲け主義医療の日本でも発生したのは納得できるのだが
諸外国の薬の使用量や用法のデータを知っている方
申し訳ないが、どなたかご教授ください。

02. 2010年9月07日 11:41:57: QCq4BR80KI
>>01 さん
確かにMRSAのような細菌の場合、抗生物質を多用していると耐性をもつものが現れるます。

ただ、抗生物質が効かない新しいタイプの耐性菌が発見されたからといって、全てが抗生物質や抗ウイルス剤を多用したので発生したという訳ではありません。
例えば、エボラ出血熱のエボラウイルスは、おおよそ「薬漬け医療」とは無縁の国で発見されています。

自然界には人間の知らない微生物が沢山います。微生物全体から見れば、発見されている微生物はごく一部です。

ペニシリンが発見されて以来、数多くの抗生物質や抗ウイルス剤などが作られてきましたが、これらの薬剤が効力を示す微生物は、発見されている微生物の中でもごく一部です。

川原に転がっている石の中にも微生物はいます。たまたま、割れた石の中から人間に脅威をもたらす未知の微生物が出てきて、大惨事を引き起こすかもしれません。
反対に、これらの微生物のおかげで、夢の特効薬が作られるときが来るかもしれません。


03. 2010年9月09日 17:37:20: JsFAka4nVk
MRSA (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌) を殺す物質がバッタやゴキブリ等の脳内に含まれていることが発見されました。

Locust brains could thwart superbug plagues
http://www.newscientist.com/article/dn19404-locust-brains-could-thwart-superbug-plagues.html


04. 2010年9月10日 11:19:43: OU45NNHkXI
>>02
「これらの微生物のおかげで、夢の特効薬が作られる」
幻想です。製薬会社や医者(その裏には国際金融資本、イルミナティ)に洗脳されていますね。
学校でも当然その洗脳をしますから当然のことですが。

1 彼らは、新たな細菌を作り出して人類削減作戦を展開しています。勿論戦争時の細菌兵器
  です。その効果を確認するために、感染を意図的に起こします。(遺伝子操作など)
2 自然界には、生存のための仕組みがあり、いろいろな物質(いわゆる薬)を自ら生成して
  防御していますが、その防御物質を使いすぎると、菌はその物質に耐性を持つ様になり
  ます。(世代交代が早いため耐性菌のみが生き残る)その耐性は、最初に耐性を獲得した
  菌だけではなく、まったく無関係の別の菌も持つ様になります(水平遺伝)。
  どんな有効な耐性物質でも多用したら、利かなくなると言うことです。彼らはこの自然界
  に存在する耐性物質を多量に生成する植物を作り出し、その物質に対する耐性菌を作ろう
  としています。(目的は人類の削減です)
3 西洋医学は、無菌状態が望ましい環境だと考えますが、自然界では無菌などという環境は
  あり得ません。一時無菌に出来たとしても、すぐに菌が繁殖します。その繁殖時にもとも
  と保たれていた菌と菌のバランスが崩れると、思わぬ症状を引き起こします(いつもは
  どうということのない菌が原因で病気になる)。人間の身体の表面や腸管には人間の身体
  の細胞よりも多い数の細菌が存在します。生存するために多くの菌と共生していると考え
  る方が妥当でしょう。このごろ、怪我をしても殺菌しないようになったのはこの理由で
  す。殺菌すると重症になることがあります。
4 薬、抗生物質だけに限らず、人口の肥料や農薬でもよく似た状態にです。結果として、
  農業の衰退、食料の不足、人類の削減をもたらします。


参考
超細菌の報復  ジェフリー キャノン  三田出版界  1996 絶版 です



05. 2010年9月10日 12:14:45: 6zj06NqRNM
>>04
>「これらの微生物のおかげで、夢の特効薬が作られる」
>幻想です。製薬会社や医者(その裏には国際金融資本、イルミナティ)に洗脳されていますね。

幻想かどうかは >>03 のリンク先もよく読み、ペニシリンが何から作られたのかも勉強してね。

それと、>>02 は『作られるときが来るかもしれません。』と言っており、『作られる』と断言していませんよ。

日本語ぐらいちゃんと読めるように勉強してくださいね、お馬鹿さん。



06. 2010年9月11日 17:33:03: MXyF3g4yFo
>>02 >>03 >>04 さん
ペニシリンはブドウ球菌の培養中、青カビに汚染された周囲でブドウ球菌が増殖しないのを偶然発見したことに由来しています。抗生物質というと化学薬品のように考えがちですが、抗生物質や薬品はそのほとんどが「自然由来」の物質から作られています。

昔の人は「ワサビ」と「餅」を一緒に入れておくと「餅」にカビが生えない、リンゴとジャガイモを一緒に保存するとジャガイモが発芽しにくい、といった科学ではない先人が偶然見つけた知恵を伝承してきました。また、ニンニクを玄関に吊すと悪病が入ってこないというのもあります。
これらの先人の知恵は現代科学で解明されて薬品などに応用されています。
地球上では先人の知恵や言い伝えを含め、まだまだ解明されていないことは沢山あります。自然界が微生物から人間までバランスを保っているということは、自然界にバランスを保つ要素があるはずです。


07. 2010年9月16日 22:33:01: g41cwf0LLX
NWO実現のために戦争をやっても大して人口減少しなかったから、
パンデミックにシフトしたんでしょう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧