★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 832.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国と同様、宮崎県の口蹄疫検証でも発症前の感染確認をしなかったことを問題視しない。
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/832.html
投稿者 taked4700 日時 2011 年 1 月 16 日 01:17:55: 9XFNe/BiX575U
 

2000年の口蹄疫では初例発見後すぐに半径50kmの農場へ立入検査がされ、血液検査もされて初例以外は全て発症前に処分ができた。これが、2000年と2010年のちがいだ。2010年は目視検査を農場へ要請するばかりで、2000年のときにやったような積極的発生動向調査をやっていない。これが口蹄疫の大規模流行を許した原因だ。このことは色々な方が指摘されているはずだが、国も宮崎県も認めようとしないし、マスコミも指摘しない。

 このような状況を許せば、新型インフルエンザの流行によってお年寄りの大規模死亡という事態が意図的作られ、しかし、誰もそれを問題視しないということになりかねない。

http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000001101150001
「初発」国と異なる見解 県の口蹄疫検証委
2011年01月15日

 宮崎県で昨年4月に発生した家畜伝染病、口蹄疫に対する国や県の対応などを検証してきた同県の口蹄疫対策検証委員会(座長・原田隆典宮崎大教授)は14日、最終報告をまとめた。最初のウイルス侵入について国の疫学調査チームの推定と異なる農場の可能性を指摘。一方で、感染原因の特定には至らず、「意図的な見落としや報告遅れはない」とした。
 国の疫学調査チームが昨年11月に出した中間報告では、発生確認6例目の水牛農家(都農町)が最初のウイルス侵入農場と推定された。最も早い3月26日に初期症状が確認され、同31日に採取した検体が遺伝子検査で陽性だった。同チームは今年度末までに最終報告をまとめる。
 これに対し、県の検証委は、7例目の大規模牛農場(川南町)の可能性を指摘した。この農場では3月下旬に体調を崩した牛がいたことが聞き取り調査でわかり、最終報告で「6例目が初発と結論づける明確な根拠はない」とした。この農場では1人の専属獣医師が多数の関連農場も担当していたことから「家畜伝染病予防法だけではなく、獣医師法に照らしても問題がある疑いがある」と指摘。7例目の発生以降、殺処分が顕著に遅れ始めたともした。
 農林水産省の対策検証委員会は昨年11月の最終報告書で県の初動の遅れなどを指摘した。これについて、県の最終報告は「県は防疫指針に基づいて、基本的に国と協議しながら対策を講じており、むしろ問題は防疫指針を超える対応が取れなかったことにある」などとした。また、国の対応については、ワクチン接種はもっと早い時期に決定されるべきだったとした。
 県の問題点としては、事前に埋却地が準備されていなかったことなどで家畜の殺処分に時間がかかり感染拡大の要因となった▽口蹄疫を想定した研修や訓練がされていなかった▽口蹄疫の可能性が否定できなければ速やかに国に検体を送る判断も必要だった▽当初は民間の獣医師の活用が不十分だった▽事態の進展に追いつかず、人員の有効活用や計画的な処理ができなかった――などを挙げている。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年1月18日 11:05:50: NBu1R6q0CI
DNA検査は、サンプル調査したのでは???

確か韓国の口蹄疫のDNAと類似があった記憶があるが。


02. taked4700 2011年1月21日 15:09:06: 9XFNe/BiX575U : 4gernJDDZQ
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000001101190001

通報遅れ 農場指導へ 口蹄疫で宮崎県
2011年01月19日

 宮崎県で昨年発生した家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)をめぐり、発生初期に通報の遅れなどを生じる不適切な管理がなされていたことから、県は、同県川南町などで大規模農場を運営する畜産会社安愚楽(あぐら)牧場(栃木県)に対し、家畜伝染病予防法(家伝法)に基づく改善指導を行うことを決めた。


 川南町の大規模農場では当時、牛725頭を飼育しており、国や県の対応などを検証してきた県の口蹄疫対策検証委員会(座長・原田隆典宮崎大教授)が14日にまとめた最終報告書で、他の農場と併記して「初発農場の可能性がある」と指摘されていた。


 報告書によると、この農場では昨年4月22日に獣医師が牛の異常を確認し、県の家畜防疫員が24日に立ち入り検査を連絡した際に「感染疑い」を県に届け出たが、同日の検査時には既に多くの牛が発症していた、とされている。


 昨年の口蹄疫は4月20日に同県都農町の農場で1例目の感染疑いが確認された。報告書によると川南の農場では4月8日に複数の牛に食欲不振が見られ、18〜20日には全頭に抗生物質を投与していた。作業日誌などから3月下旬に風邪などの症状を示す牛がいたことも確認されている。


 この農場の獣医師は計13農場を一括管理しており、3〜4月には農場を訪れることなく、電話で従業員から症状を聞いただけで投薬などの処方を指示していたという。県の検証委は「家伝法だけではなく、獣医師法に照らしても問題がある疑いがある」と指摘していた。


 県は、獣医師不足や多頭数の飼育が感染拡大につながった可能性があることから、獣医師の拡充や埋却地の確保などを近く同社に求める方針。同社は既に県に対し問題点を大筋で認めているという。


 安愚楽牧場は「県や市町村などの指導に従い、体制を改善したい」としており、契約獣医師の拡充や、数カ所の農場を1人で担当していた管理責任者を各農場1人ずつ配置することを検討するという。また「初発」の可能性が指摘されたことについては「1人の獣医師が複数の農場を担当していたため、気付くのが遅れた面があった可能性はある」としている。

.


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧