★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 837.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
鳥インフル 北海道で新たに野鳥4羽強毒性
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/837.html
投稿者 セーラー服ときかんぼう 日時 2011 年 1 月 23 日 23:14:48: q5/COp9BAVzoM
 

毎日新聞 1月23日(日)21時39分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110123-00000023-maip-soci

 北海道浜中町の国指定厚岸・別寒辺牛(べかんべうし)・霧多布(きりたっぷ)鳥獣保護区内で野生のオオハクチョウから強毒性の高病原性鳥インフルエンザが確認された問題で、環境省は23日、周辺で回収した4羽の野鳥から新たに同型のウイルスを検出したと発表した。同省は感染状況の確認のため、24日から同保護区内で野鳥のふんの採取を始める一方、釧路湿原や知床を含む周辺5保護区でも監視態勢を強化する。

 新たに確認されたのはオオハクチョウ2羽、カモ1羽、オナガガモ1羽。22日に感染が判明したオオハクチョウが発見された近辺で今月12〜21日に回収されていた15羽のうちの4羽で、簡易検査では陰性だったが、北海道大の確定検査で陽性反応が出た。5羽ともウイルスの遺伝子が完全一致しているといい、感染源は同一だった可能性が高いという。

 また道は23日、1例目の感染判明を受けて発見場所から半径10キロ以内にある養鶏施設4カ所(計80羽)を立ち入り調査し、異常がなかったことを確認した。

 同保護区は渡り鳥の大規模な飛来地で、毎年約1万羽のオオハクチョウが飛来する。発見場所に通じる同町の道路の入り口2カ所ではこの日、石灰散布による消毒措置が取られた。同日昼からは同省職員らが発見場所の半径10キロ以内を巡回。火散布沼でホオジロガモ1羽の死骸が浮いているのを発見したが、感染リスクの高い種ではなく、場所も水上のため回収は断念した。
【山田泰雄、和田浩幸】
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧