★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 853.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小児肺炎球菌/ヒブワクチン 4月に再開‐医師判断で同時接種も可
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/853.html
投稿者 とある母 日時 2011 年 3 月 28 日 09:36:41: df41dfYPUQVJ.
 

【小児肺炎球菌/ヒブワクチン】4月に再開‐医師判断で同時接種も可

2011年3月25日 (金)

http://www.yakuji.co.jp/entry22476.html

 厚生労働省は、同時接種後の死亡が相次いだため、一時見合わせている小児用肺炎球菌ワクチン「プレベナー」と、ヒブワクチン「アクトヒブ」の予防接種を、4月から再開する。24日に開かれた薬事・食品衛生審議会安全対策調査会と予防接種副反応検討会の合同会合が、「接種と死亡に直接的な明確な因果関係は認められない」と結論づけたことを受けて決めた。重篤な基礎疾患のある乳幼児であっても、単独接種を考慮しながら、医師の判断で同時接種することを認める。

 死亡が報告されているのは、2歳までの乳幼児7例で、接種後7日後までに亡くなっている。このうち3例が基礎疾患を有し、4例は基礎疾患が明確でなかった。いずれも、複数のワクチンを同時接種していた。

 国立感染症研究所によるワクチン検定では、死亡症例へ投与した全てのロットに逸脱は認められず、製造工程にも問題はなかった。

 両ワクチンについては、国内外のデータで、同時接種による副反応の発現率が、単独接種に比べ高い傾向を示す報告があるものの、重篤な副反応の増加は認めらていない。専門家会合は、「特に安全性上の懸念は認められない」と判断した。ただ、重い先天性心疾患などのある患者については、「状態によっては、十分な注意が必要」とした。

 そのため、両ワクチンを使用する際の留意点として、[1]同時接種のメリットと単独接種が可能なことを示した上で、同時接種を行う場合には保護者の同意を得る[2]重篤な基礎疾患のある乳幼児については、状態を確認し慎重に接種する――を挙げた。

 会合では、単独・同時接種の取り扱いをめぐり、「重い基礎疾患を有する子どもほど、状態が安定した時に同時接種する必要がある」とする意見も出た。しかし、公費助成による接種促進によって、経験の乏しい医師が接種するケースが増えたり、同時接種に不安を感じる保護者がいることも予想されるため、どちらかを推奨する考え方を明示せず、最終的に医師の判断に委ねることで合意した。

____________________________________
ひと月足らずであっさり再開。
事実上同時接種は避けさせる内容。
お偉いさんは、原発と同じで継続ありきで話を進めている。
彼らには「やめる」という選択肢は見えないらしい。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧