★阿修羅♪ > カルト7 > 622.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
革マル派が大好きな列車テロ
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/622.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 7 月 24 日 19:13:54: xsXux3woMgsl6
 

 
 
 
 
JR西車掌:ヒューズ抜き取り「会社が困ると思った」 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100723k0000m040158000c.html
  
 
JR西車掌:ヒューズ抜き取り「会社が困ると思った」

 JR西日本の電車から防護無線の予備電源装置のヒューズが抜き取られた事件で、偽計業務妨害容疑などで大阪府警に逮捕された同社天王寺車掌区の車掌、藤田博和容疑者(49)=京都市下京区=が府警阿倍野署捜査本部の調べに「ヒューズを抜けば、会社は緊急点検を強いられるなど、大変なことになって困ると思った」と供述していることが22日、捜査関係者への取材で分かった。府警は同日、藤田容疑者を大阪地検に送検した。

 捜査本部や捜査関係者によると、同社は今年4月30日の定期点検時に車両のヒューズがなくなっているのを発見。約2800車両もの緊急点検を余儀なくされた。

 一方、ヒューズが抜き取られた22車両はすべて、旧国鉄時代に製造された車両だったことも判明。旧型車両は電源装置がむき出しになっているが、新型車両の電源装置は天井のパネル裏に格納されている。捜査本部は、藤田容疑者が簡単に抜き取れる旧型車両を狙ったとみている。

【関連記事】JR西:ヒューズ抜き取り 「すかっとした」と車掌が供述
【関連記事】JR西:佐々木社長が謝罪 ヒューズ抜き取り
【関連記事】JR西:業務妨害容疑で車掌逮捕 防護無線部品抜き取り
【相次ぐトラブル】山陽新幹線:新大阪―姫路で運転見合わせ 保守点検用の車両が追突

毎日新聞 2010年7月23日 2時30分
 
 
 
 
「どうなっている」怒る利用客…脱線山陽新幹線 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100722-OYT1T00525.htm?from=nwlb
 
 
「どうなっている」怒る利用客…脱線山陽新幹線

 22日早朝、神戸市須磨区のトンネル内で起きた山陽新幹線の保守車両同士による追突脱線事故で、新幹線は新大阪―姫路間は運転ストップとなり、混乱が広がった。けが人はなかったが、再開のめどはたたず、保守点検作業中のお粗末な安全確認の実態が浮き彫りに。JR西日本では、列車の防護無線の予備電源ヒューズを抜き取った車掌が逮捕される事件があったばかり。利用者らは「JRは一体どうなっているんだ」と怒りを募らせた。

 新大阪駅(大阪市淀川区)では博多方面行きが午前6時台の始発から運転見合わせとなった。改札前では「ただいま運転を見合わせています」のアナウンスが繰り返されるだけ。足止めされたビジネスマンや観光客らはいらだち、「いつ運転を再開するのか」と駅員を取り囲んだ。

 駅員らは約220人で対応したが、精算所には払い戻しで長蛇の列ができ、在来線のホームは乗り換えの人らであふれかえった。

 商談で岡山に向かう途中の大阪市の会社員、山田史郎さん(39)は「1時間半待ったが、詳細がわからない。払い戻して在来線を使う」と憤慨、家族旅行で島根に行くという堺市の中学1年北野友暉さん(12)は「初めて新幹線に乗るのを楽しみにしていたのに……」と表情を曇らせた。

 姫路駅(兵庫県姫路市)は、大阪方面から在来線で同駅に到着し、博多方面への新幹線に乗り換える人らで混雑。改札口に人があふれ、入場制限が行われた。

 岡山駅では精算窓口に約200人が殺到。東京で商談があるという岡山県倉敷市の会社員萩原邦章さん(56)は「安全運転のための保守整備で事故を起こすとはどういうことか」と憤った。

(2010年7月22日12時02分 読売新聞)
 
 
 
 
新幹線保守車両脱線 運転士証言内容変える「削正車のランプ見えた」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100724/dst1007240049000-n1.htm
 
 
新幹線保守車両脱線 運転士証言内容変える「削正車のランプ見えた」
2010.7.24 00:47

 山陽新幹線の須磨トンネル(神戸市須磨区)で起きた保守用車両同士の衝突・脱線事故で、追突した保守車の運転士がこれまでの証言内容を変え、「(追突された削正車の)ランプが見えていた」と証言していることが23日、捜査関係者への取材でわかった。運転士は「砂ぼこりで見えにくかったが、衝突防止装置が作動しないのでまだ距離があると思った」とも供述。兵庫県警は、防止装置が正常に作動しなかったことと運転士の人為ミスが重なって事故が起きたとみている。

 県警によると、運転士は任意の事情聴取に対し、当初は「砂ぼこりで削正車は見えなかった」と証言していたが、その後、衝突防止装置が作動する前から削正車のランプが見えていたと話したという。一方、削正車の後部にいた作業員も「数百メートル先から近づく車両(保守車)が見えた」と証言していることも判明した。

 衝突防止装置は車両の300メートル以内に接近すると作動し、非常ブレーキがかかる仕組みになっていたが、実際には117メートル手前まで作動しなかったことがこれまでの調べでわかっている。県警が23日に行った実況見分では、削正車と保守車を近づけたところ、300メートル付近で防止装置が反応したが、非常ブレーキが作動したかは確認できなかったという。

 県警は、運転士が前方に削正車が停止しているのを認識していた上で何らかのミスがあり、衝突防止装置も正常作動しなかったため事故が起きたとみている。

     ◇

 前原誠司国土交通相は23日の記者会見で、新幹線保守車両の脱線事故や、業務妨害容疑で車掌が逮捕されるなどJR西日本で問題が相次いだことについて「5年前の(福知山線脱線)事故で(安全に)取り組んできたと思われていたのに、繰り返し問題が起き、極めて遺憾だ」と批判した。
 
 
 
 
「ドン!」山陽新幹線、小動物ひく? 緊急停止、2800人影響 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100724/dst1007241050008-n1.htm
 
 
「ドン!」山陽新幹線、小動物ひく? 緊急停止、2800人影響
2010.7.24 10:50

 24日午前8時25分ごろ、広島県福山市引野町の山陽新幹線の新倉敷−福山駅間で、広島発東京行きのぞみ116号(16両編成)の運転士が、「ドン」と何かに衝突したような音を聞き、緊急停止した。

 車掌が車両を点検した結果、異常がなかったため、約30分後に運転を再開した。JR西日本によると、先頭車両にわずかに血痕がついており、小動物をひいた可能性があるという。

 このトラブルで、山陽新幹線は上下合わせて6本が最大29分遅れ、約2800人に影響した。
 
 
 
 
あんた等革マル派、ひよつとしてまた列車テロ、ヤツた?
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/389.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 3 月 24 日 21:59:59: xsXux3woMgsl6
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト7掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト7掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧