★阿修羅♪ > カルト7 > 709.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ダライ・ラマ、CIAと深い関係、中国かく乱の手駒、人民の星(宗教者というのは、大抵、政治の道具というのが相場のようです)
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/709.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2010 年 12 月 18 日 16:08:41: 4sIKljvd9SgGs
 

(回答先: ダライラマはCIAのエージェント、航海日誌と批判(チベット仏教の高僧は、とんだ偽ガンジーだったようです) 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2010 年 12 月 17 日 16:05:47)

http://ww5.tiki.ne.jp/~people-hs/data/5267-2.html
ダライ・ラマ CIAと深い関係 中国かく乱の手駒

--------------------------------------------------------------------------------
 いま世界各国で、中国の党・政府がチベットで「人権弾圧をおこなっている」という宣伝があおられている。この中国批判のキャンペーンの中心にたっているのはアメリカのブッシュ政府である。このキャンペーンのなかでテレビや新聞にさかんに登場するダライ・ラマ一四世は、長年にわたってCIA(アメリカ中央情報局)の反中国謀略の手先だったやからである。
 ダライ・ラマは一〇日、「亡命政府」があるインドのニューデリーからアメリカにむかう途中、日本にたちよったが、前首相・安倍夫人と自民党人権問題等調査会長・太田が会談して、注目をあびた。ダライ・ラマをマスコミがとりあげるときは、チベットの「精神的宗教指導者」とか「非暴力・平和主義者」の飾り文句がつく。また一九八九年には「ノーベル平和賞」があたえられており、各国政府は元首級のあつかいをする。
 ダライ・ラマを米日欧政府などがかつぐのは、かれが、中国の内政に干渉していくための道具だからである。ダライ・ラマは、チベット仏教の最高位の僧侶をあらわす名前で、現在は一四世である。チベットは一九五〇年に中国人民解放軍が解放するまでは、封建的農奴社会であり、支配階級は僧侶やそれをとりまく貴族で、かれらが農民を搾取してきた。ダライ・ラマは、宗教的にも政治的にも最高位をしめる支配者であった。
 アメリカ政府は当時、うまれたばかりの人民中国をおしつぶそうと必死であり、「中国内外の反共分子の育成と支持」が国家戦略の大きな柱であった。アメリカ政府は一九五〇年に朝鮮侵略戦争をひきおこす。そして同年のチベット解放後は、アメリカ政府・CIAはダライ・ラマを全面的支援し、反共反中国の「暴動」をひきおこさせた。それが失敗すると一九五九年、チベットからダライ・ラマを脱出させ、インドに「亡命政府」をつくり、反共ゲリラ活動をつづけさせた。

米コロラド州等で反共ゲリラ養成
 アメリカ政府は五〇年代後半から七〇年代、アメリカ国内のコロラド州などの基地にチベット難民をはこんで反共ゲリラにしたてあげ、チベット領内におくりかえした。この反共謀略活動は、ベトナム侵略戦争や、朝鮮半島での策動とも連動したものであった。この当時、ダライ・ラマはアメリカの意向をうけチベットの「武力解放」をかかげていた。こうした反共ゲリラの謀略は一九七〇年代なかばまでつづくが、アメリカがベトナム侵略戦争で敗北をするなかでチベットでも破産した。
 この間、ダライ・ラマはCIAの全面的な支援をうけており、ダライ・ラマ自身の生活資金もCIAからでていた。このことはダライ・ラマらもみとめている。おおやけの支援は、米中国交回復のなかでおわるが裏での支援はとうぜんにもつづいた。中国の党・政府が「改革・開放」の資本主義化推進の修正主義路線をすすめるなかで、この資本主義化に拍車をかけるために、道具の一つとしてチベット問題をつかい、ダライ・ラマらをつかったのである。
 ダライ・ラマは八〇年代にはいるとかつての「反共謀略の手先」というレッテルを払拭することにつとめ、「非暴力・平和主義」「チベットの高度な自治」の看板をかかげるようになり、各国政府に支援要請のはたらきかけをやった。
 このもとでチベットでの謀略策動をつづけた。その一つの頂点が天安門事件のあった一九八九年である。
 天安門事件は同年六月だが、この年の三月、チベットで「暴動」がひきおこされ、これが中国の「自由」や「人権」を問題とする内外呼応した中国政府転覆策動の引き金となった。ダライ・ラマが「ノーベル平和賞」をもらったのが、まさにこの年である。
 「非暴力・平和主義」など、かつてとよそおいはかわってもアメリカの手先としてのダライ・ラマの役割はかわらない。
 戦後のチベットをめぐる問題をみると、、アメリカ帝国主義が敗退し、力を低下させ、アジア・太平洋地域での中国の影響がひろがろうとしていくときに、「暴動」がひきおこされている。
 今回の北京オリンピックを前にしたチベットでの「暴動」、反中国の一連のキャンペーンは、イラクやアフガニスタンをはじめとする世界的な反米反帝斗争の発展、さらにサブプライムローン(低所得者向け住宅融資)の破たんを契機にした金融危機など、アメリカ帝国主義の段階をかくした力の低下とそれへのつよい危機感を反映している。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 猿のセンズリ 2010年12月18日 17:35:34: fpN.gB5mzCY0U : 7bQKDiPQwI
私の経験ですから、個々人違ったご意見があって当然。在家での仏教徒であり、インドは、小乗仏教と心得てます。古来、中国から、老師の影響を受け、日本仏教が出来たと記憶・・。日本仏教は、大乗の精神を持つ。これは、ブッダ釈迦の教え通りです。が、その日本仏教も次第に衰えてます。これは、「明治の革新の時、江戸の体制を否定する為に伝統文化であった宗教まで否定した。」とあります。{2004・4月号・大法輪 頁164}より抜粋。著者 川端幹雄・淑徳与野高等学校名誉校長。この頁に尊敬すべき人々とあり、アルベルト・シュバイツァー・マザー・テレサ・聖徳太子・マハトマ・ガンジー・・とあります。そして、この川端氏は、熱心な「浄土宗」信者である事を、付け加えます。以上

02. 2011年9月04日 11:01:15: jeh4tThg7E
私が腹がたつのは、オウムから膨大な金(犠牲者たちの)を受け取りながら、それを返さず、ダライラマ、高僧たち、中沢新一らは謝りさえもしないことです。「私達は、超能力はおろか、多少の知恵あるものならある詐欺師を見抜く能力すらない愚か者です、他者の施しで生活する寄生虫です、無能力者です」、と正直に宣言すべきです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト7掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト7掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧