★阿修羅♪ > 議論30 > 240.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ファシズムとは何か  (仁王像さんに応えて−4)
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/240.html
投稿者 SWAN 日時 2010 年 6 月 19 日 07:07:09: 5ZIUIYNeIYP/c
 

(回答先: 「無血革命」の今日的意味  (仁王像さんに応えて−3) 投稿者 SWAN 日時 2010 年 6 月 19 日 07:00:27)

 ファシズムについても同様です。確かに現象的にはヒトラーやムッソリーニに顕著なも
のです。スターリニズム、毛沢東、あるいは日本型天皇制ファシズム。さまざまの全体主
義として規定されてきたのがファシズムです。それは独裁と結びつけられてきました。

 小沢一郎の強権は独裁を連想させ、まことしやかにファシズムの危険性が彼において語
られてきました。
 しかし、ファシズムが常に独裁と同義であるわけではありません。私は、むしろ一人一
人の主体性の喪失と他者への主体性の投棄こそがファシズムを生み出すと考えています。

 投棄への対象は様々です。個人であったり「神」であったり、「民族性」であったり、
「天皇」であったり、「国家」であったりするでしょう。主体性の投棄は「擬似的共同
性」の中である種の恍惚感を生じさせ、集団化した人々のエネルギーは暴力的にその発露
を求めます。これこそ、ファシズムです。

 近年では、9・11以降の西アジア侵略へと突出していった米国にこの現象を求めること
ができると思います。先進民主主義国家で起こるファシズム。これはパラドックスではあ
りません。現実です。

 この意味において、小沢一郎はその真逆に立っています。彼ほど主権者としての国民の
自立を率直に要求した人はおりません。彼は、あるいは厳しく、あるいは歯に衣着せず、
国民に自立を要求してきました。しかし、一度として、国民の「民度」を冷笑したことは
ありません。これは動かしようのない事実です。(謂われなき中傷でマスコミから袋叩き
に会い続けている彼であれば、「冷笑」する権利は当然あると、私は思うのですが)

 さて、これまで長々と文言を連ねてきましたが、申し上げたいことは只一点です。私は
自立した個人であり、自己の主体性を小沢一郎に投棄したわけではない、ということで
す。これを以っても「小沢信者」呼ばわりされるのであれば、私にはこれ以上申し上げる
ことはありません。
 この点を了解していただいた上で、

 ようやく、「曳かれ者の小唄」を歌うときがきたようです

 別稿として、改めて投稿します。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 仁王像 2010年6月19日 09:39:44: jdZgmZ21Prm8E: zqw7Lv8Ckk
 四幕にわたる投稿は、これまで小沢支持者が言ってきたことの再整理・おさらいなので何もコメントしないよ。
 本論の方では何か言うでしょう。

02. 2010年6月20日 08:17:22: 9lAVvYxwC6
ファシズムというのは、語源からすると毛利元就思想ですな。

03. 仁王像 2010年6月20日 08:38:08: jdZgmZ21Prm8E: zqw7Lv8Ckk
SWANさんは新顔とお見受けするので、もう一つ注意を喚起しておきます。
「ファシズム」論については松浦さんという人が数年前に優れたものをアップしています。それを他の人がこの板の数ページ前に再アップしています。私もそれらに関連して拙稿をアップしています。(私が労をとれるのはそこまでです)

04. SWAN 2010年6月21日 05:17:01: 5ZIUIYNeIYP/c: SMNbJEz7JU
 仁王像さんへ

 貴重なサジェッションありがとうございます。早速拝見します。
この板での最新のあなたの投稿にも、有意義なヒントが随所にちりばめられて
いますね。重ねて御礼申しあげます。

 「曳かれ者の小唄」近日中にupできるはずです。



05. 仁王像 2010年6月22日 12:52:52: jdZgmZ21Prm8E: zqw7Lv8Ckk
 念のためSWANさんにもう一言申し上げておきます。
 
「どのような未来を描いている」などという抽象的な論題を自他に課しても、まとめるのも大変だし百人百様になるでしょう。そして万人を納得させるものはまずない。書いた人同士で相互に突っ込みたくなること請け合いです。

 似たような質問で縄文さんから「未来社会はどうあるべきか」と訊かれたことがありますが、上述の理由でお断りました。(http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/132.html#c1)

あなたが手こずっているように「負け惜しみ板」というテーマに関係のないテーマを突然振ってくる無謀をお考えください。そして予め申し上げておきますが、あなたが「どのような未来を描いている」かをアップしても私がそれに対抗するものをアップするつもりもないことを言っておきます。


06. 2010年6月23日 21:15:44: xBXIoJwB26
>>臭うゴミ

なぜ、
> 「どのような未来を描いている」
に類することを何度も問われることになるのか?それは副島や小沢に対する仁王像の「批判」なる物は何を目指すがゆえに行われるのか?その意味や目的が見えてこないぞ、という疑問を抱いてしまう人間が多いということだろう。「批判のための批判」では、もはや荒らしや煽りに中毒した人間の所業でしかない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧