★阿修羅♪ > 議論30 > 288.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本人はあまりに権力を信じすぎる
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/288.html
投稿者 taked4700 日時 2010 年 7 月 23 日 04:01:27: 9XFNe/BiX575U
 


日本人はあまりに権力を信じすぎる。
 
 金賢姫元死刑囚についての報道が続いている。韓国では、北朝鮮の工作員ではないと言う政府見解が示されたことさえある。つまり、韓国の諜報機関と米国のそれとが裏で起こした事件だという見解を政府自身が示したのだ。多分韓国は沖縄に似ている。国土で現実に戦争が起き、今でも米軍基地が数多く展開している。更に、朝鮮戦争をはさんで、軍事政権による市民虐殺事件が何度も起きている。それだけ、軍とか権力による暴力を直接経験し、その腐敗のしやすさと腐敗した時の被害のひどさを知っている人が多い。多分、韓国の特徴のもう一つは、中国と言う大陸に翻弄されてきた歴史を持つことだろう。他国からの侵略がどんなものか、その過酷さを身を持って体験してきた歴史がある。それが権力のウソへの一定程度の歯止めになっているのだろう。

 ひるがえって日本の現状を見ると、あまりに権力を信用し過ぎると感じる。多分、今の大学生のほとんどは三鷹事件、下山事件、松川事件などの戦後すぐに起きた国鉄労働組合つぶしの事件を知らないだろう。同様に1972年に起きた連合赤軍浅間山荘事件の真相は、さまざまな形で隠ぺいされ、社会的弱者を守ろうとして起こされていた学生運動がまさにあの事件によってほぼ完全に葬り去られたことさえ、人々の記憶に残らないようにされている。1975年に行われたスト権ストは、そのころ最も大きな労働組合であった国労への一般市民の支持を失わせる効果を持った。ストのやり方があまりに一般市民の生活を無視していて、労働運動一般への支持を失ったばかりか、既に少なくなりつつあった貨物輸送さえあのスト権ストによって大規模に失うことになったのだ。なお、このことがその後の宅配便の急成長のきっかけになっている。ともかく、あのスト権ストは、エネルギー資源独立派の田中角栄が政権から追いやられたと同じく、日本の労働運動が退潮傾向へ追い込まれていくその典型的な事件だった。ちょうどこのころの東京都知事が美濃部亮吉氏で、いわゆる労働貴族化がこの人のもとで進んだのだった。人々は労働者として働くことのみを求められ、その労働の成果がどう使われているかについては無関心でいろと誘導されていった。たしか、このころ、警察の捜査記録が一般公開されなくなったはず。そして、戦後生まれの団塊世代はこのような流れの中で本格的に労働力として社会の中へ組み込まれていった。

 ちょうどこのころから、日本において悪徳商法事件が起こり出す。ベトナム戦争後の米国で始まっていたものが日本へ輸出されたのだ。豊田商事事件の結末を飾った永野一男刺殺事件は1985年に起き、ちょうどその年にバブル経済を生み出したプラザ合意もされている。また、日本において初のエイズ認定患者が出たのもこの年だ。この前年に麻原彰晃はオウム神仙の会を作り、3年後の1987年にはオウム真理教を立ち上げる。そして、1990年の総選挙出馬、1995年の地下鉄サリン事件へと続く。同じ1995年に阪神大震災が起き、それは、2年後の1997年、東電OL殺人事件を発生させ、同じ年の神戸連続児童殺害事件(サカキバラセイト事件)へと続いていく。

 戦後生まれの団塊世代が世の中へ出て働き始め、その労働の成果を蓄積していくと言う過程がちょうどこういった流れのバックグラウンドを作っているのだが、同時に、社会の潮流を変える事件はほぼ間違えなく米国の干渉のもとに起こされてきたものだ。

 そして、本来なら団塊世代の老後を養うはずの富の蓄積は現実にはほとんどなされていないと言うことが今明らかにされつつあるのだと思う。そのほとんどはアメリカによるソ連崩壊のために使われてしまったのだ。隠れた米国債買いによって日本はアメリカの工作資金を負担し、ソ連が倒れた今となっては、共産圏への防波堤の役割自体が意味のないものになり、いくら持っているか分からない米国債ごと日本は破壊されていくのではないだろうか?2015年、その年に日本がまだ無事で存在するかどうかさえ、危ういと感じている。

*6月8日の記事「近づく戦争・テロ社会、これらの動きを止めるべきでは?」から一連番号を付しています。<<64>>
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2010年7月23日 13:45:57: 9XFNe/BiX575U: tC8f2oPwcc
>本来なら団塊世代の老後を養うはずの富の蓄積は現実にはほとんどなされていないと言うことが今明らかにされつつある

 自分は、上の文章を書きながら、この部分にコメントが付き、なぜそう考えるのか、根拠を示せと言われると思っていましたが、みなさん、そうされないのですね。

 みなさんもそう考えられているからですか?

 それとも、そう思うのが嫌だから、根拠を聞くことも拒否されているということですか?


02. 2010年7月23日 14:02:42: JlGkl3BsTY
すぐ下の記事がアクセス224もあるのに、この記事のアクセスは二桁だからね。

03. 2010年7月23日 16:42:43: FqDvXxU8vI
日本では本来的な意味の議会制民主主義が昭和も平成も実現されて来なかった。
未だ封建時代の残滓が色濃過ぎる。
自民は、過去の(自身が望んで来た)野党像に縛られ「何でも反対党」に成り下がっている。
其れはもう、哂うしか無い凄まじい変貌振り。
そして、メディアは何が何でも政権の悪口を言わなければならないとの強迫観念で狂騒状態から、在東京外国メディアのアジア本部が一斉に北京へ逃げ出した。
沖縄は日本の縄文弥生時代の母体・揺籃と言うべき社会だが、琉球国王を「うしゅがなしーめー」と呼び、漢字を当てると「御主愛使ーめー」。
有徳人の考え方も同じだが、金持ちや国王等、人の上に立つ者が自ずから下々を愛してくれる、との意味。
ま、苦労人が1財産築いた一代目なら、或いはそういう気遣いもあるか知れないが。
小泉純一郎や安部晋三、麻生太郎になるともういけない。

04. 2010年7月23日 20:24:32: fgm1McgQfY

>そのほとんどはアメリカによるソ連崩壊のために使われてしまったのだ。隠れた米国債買いによって日本はアメリカの工作資金を負担し、ソ連が倒れた今となっては、共産圏への防波堤の役割自体が意味のないものになり、いくら持っているか分からない米国債ごと日本は破壊されていくのではないだろうか?

いいえ、むしろ私は taked4700さんの この部分に共感を覚え、将来の日本、世界を憂慮するものの一人です。

で、以下の投稿が関連性があると考え是非、taked4700さんのご意見を伺いたいのですが

http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/166.html

もちろん、taked4700さんが ここの政治板や taked4700さんの 政治に対してのお考えも理解しているつもりですが

私のコメントはその3番で、よろしければ

>2015年、その年に日本がまだ無事で存在するかどうかさえ、危ういと感じている。

と関連して、日本が米国支配を終わらせることができるかどうかについてのお考えをお聞かせ願えないでしょうか。 ご自身の投稿でもない変な質問で申し訳ないのですがもし、お気に召されないのであればよろしくお願いします。



05. 2010年7月24日 11:50:02: TcJwcmz5Jk
この民族は滅ぼされる予定であるのが昔から決められてるのではと推測します。三島などは感ずいていて絶望して自殺したのが本当ではないのでしょうか。多分上層部は日本処分について知ってると思うのですが。抵抗しない上層部がつまらんのでしょうね

日本人は基本、ものを考え無いような文化だからだめなのではないでしょうか。陰謀なんてのを考え無いでしょ。相手を、社会を信用する感じでしょ。これではとても生き残れないのではないかと良く思うのですよ。


米ソの冷戦はやらせでしょうね。米ソとも根っこが引っ付いてるのですよ。  冷戦時の軍拡に使われた金は実際には火星の植民地の建設に使われてますよ。すでにコロニーは完成して、やつらは怖いものはない。

日本人は昔から愚民にされてるのでは。日本人は偉いとおだてられて、自分自身も偉いと錯覚してきたでしょ。愚民のさいたるものです。実力が伴ってないから、いつでも処分できるのです。ある意味韓国と似てますが。

米国にいって、無理やり黒人にオカマを掘られ、シナにいき騙されて身ぐるみはがされて、ワクチン接種などで人工削減させられて1割り以下の人口になったごろ生存本能が出てくるのでは。今は、仏さんは争うより死んでいくほうを進める文化でしたでしょう。


06. taked4700 2010年7月24日 16:17:30: 9XFNe/BiX575U: tC8f2oPwcc
04さん、

多分、ちょっと変わった方ですね。「そのほとんどはアメリカによるソ連崩壊のために使われてしまったのだ」という点について、具体的にどの程度がどうやって使われたのかにはあまり興味を示されないのですね。または、その実態をご存じなのでしょうか?

ともかく、

>日本が米国支配を終わらせることができるかどうか

については、当然、可能でもあるし不可能でもあるというしかありません。現状は、ほぼ一方的なアメリカの勝ちです。ただ、基本的にアメリカはただの国です。人口が3億人ちょっとの世界の中の一つの国でしかないのです。残りの人口60億程度の人々がきちんと考え行動すれば、簡単に対抗できるのが客観的な事実です。または、もっと言えば、日本の1億数千万の人々がきちんと考えて行動すれば、すぐにでもアメリカによる日本支配は終えることができるでしょう。今は、無差別に攻撃を仕掛けることができる世界ではないのですから、ただ、単に、人々がきちんと考えきちんと行動すれば、アメリカによるインチキ支配は簡単に壊れてしまいます。

ただそれだけですよ。逆から言えば、日本人の多くが、きちんと考えることができなくなっているというだけのこと。

別の側面から言えば、アメリカの考え方の特徴は究極的な自己肯定にあります。アメリカで心理カウンセラーが高い報酬を稼ぐのも、それだけ、欲望を最大化して行きたいという潜在心理があるのでしょう。もともと人間の存在は物理的にも、また精神的にも限られているのですから、その欲望も限りがあるのですが、それを無視してある意味単純にどんどん大きくしていきたいという心理が根本にあるように見えます。多分、この部分にアメリカのネックがあると思います。アメリカのリーダーたちの一人一人の心理としても、そして、アメリカ社会全体としても、こういった欲望の追及の極大化に耐えることができなくなると時期が来ると思います。

ただ、地球の定員が限られているとか、温暖化を防ぐためには人口減しかないなどと言った自己正当化が彼らにとって行われていて、そのため、日本をはじめ多くの国が実質的に滅んでいくまで有効であるという可能性も強くあると思っています。ただ、どの道、アメリカの社会はこのままあまりの強欲に身を滅ぼすことは確かです。日本としての問題は、アメリカの自滅を待つだけで日本の存続を図れるのかということです。素直に言えば、それでは手遅れだと思います。


07. taked4700 2010年7月24日 16:41:46: 9XFNe/BiX575U: tC8f2oPwcc
04さん、一つ忘れていました。

2015年についてですが、例えば、日経ビジネス7.12号の26ページには「あと3〜5年で経常収支が赤字になってもおかしくない」と書かれています。JPモルガン証券の経済調査部長の言葉として書かれていますが、日本の家計部門の貯蓄率低下は近年とても鮮明で、国債などの公債の国内消化は不可能になると言っているのです。

このことは必然的に国外に国債等を売っていくことを表しますが、同時に、円安や日本が持っている米国債を売却することも意味するはずです。多分、この時に、日米の対立が表面化せざるを得ないでしょう。その時に備えて時々刻々と手を打っているのは日本ではなくてアメリカのように見えてしまうのは、僕の僻みでしょうか?

なお、いろいろな投稿ですでに書いている通り、浜岡原発などの原発が地震などで原発震災を起こすリスクや東京湾北部地震や大阪などの都市圏での大地震のリスクがあります。これらのリスクはあまりに巨大で、実感がしにくいものですが、現実に存在し、それが現実化したときには、日本に住んでいる誰でもが影響をまのがれないものです。


08. 2010年7月24日 19:39:53: fgm1McgQfY

taked4700さん、お返事ありがとうございます。

>多分、ちょっと変わった方ですね。

かなり変だと自分でも認識しており、病識はあるつもりです。すみません。

>多分、ちょっと変わった方ですね。「そのほとんどはアメリカによるソ連崩壊のために使われてしまったのだ」という点について、具体的にどの程度がどうやって使われたのかにはあまり興味を示されないのですね。または、その実態をご存じなのでしょうか?

自分だけお返事をいただいてお答えしないわけにはいけないと思い、自分なりの考えをお聞きください。間違っていたらどうぞご教授ください。ソ連は第一次世界大戦中1917年建国され、当時はたしか彼らにとって唯一の外貨取得源は石油で、その精製販売を一手に引き受けたのがアメリカのロックフェラーであったのではないでしょうか。 そして建国後はご存知のように思想の違いにより冷戦がおこり、
両国とも主に原爆や、人工衛星等の開発競争で、めちゃくちゃに金を使い結局、両国の経済を破壊しつくして、そのあいだ日本は貿易黒字の決済を米国債という形でアメリカに貢献し続け、またそれによりアメリカは経済的に余力があったけれども、ソ連の経済は破産寸前、で日米欧三極委員会がロックフェラーの仲介でゴルバチョフのソ連を経済的に救う見返りとしていわゆる東欧諸国の変質を見てみぬフリをすることで合意し、しいてはそれが本家のソ連崩壊へとつらなっていったというのがあらすじだと思っているのですが...

それと
>その時に備えて時々刻々と手を打っているのは日本ではなくてアメリカのように見えてしまうのは、

アメリカはどんな傘を雨の日のために用意しているのでしょうか?
まさか日本を原発でリセットしようなどとは...??

変なやつの質問までお答えいただきありがとうございます。


09. taked4700 2010年7月24日 22:57:46: 9XFNe/BiX575U: tC8f2oPwcc
08さん、

>までお答えいただきありがとうございます

こちらこそ、関心を持っていただきありがとうございました。

アメリカは非情な国だと思っています。エイズはどうしても自然発生的に広まったものだとは思えません。事実日本では、アメリカ国内で使用しなくなった非加熱製剤が数年間もアメリカ国内で製造され輸出禁止にもならず日本へ輸出されて、日本国内の血友病の方がエイズになっていったわけです。現在、どれほどの人数の方がエイズで亡くなったのか、その概算さえも公開はされていない様子です。
そして、アジアやアフリカの多くの国ではエイズのために人口爆発ではなく人口減が起こったのです。そのため、1960年代に予測されていた食糧危機が1970年代から80年代に起きなかったという面はありますが、現実に、アフリカやアジアの多くの国ではエイズによって非常に多くの方がなくなり、今現在も母子感染などによってエイズが広まっているのが現実です。

同様にイラクやアフガニスタンでは、今でも劣化ウラン弾の影響で奇形児が多く生まれています。一説には2割にもなると言われています。そして、そういった事実を世界から隠すために、イラク国内やアフガニスタン国内で活動するジャーナリストやNGOの職員が殺され、一層これらの国々は国際的に孤立化しつつある。

こういったことを考えると、やはり、浜岡原発や伊方原発など日本国中にある50基を超える原発は、単にエネルギー政策のためだけではなく、日本社会を滅ぼすための時限爆弾だと考えるのが妥当だと思っています。羽田空港の国際化は、日本の傀儡政治家がいざというときに逃げ出しやすいようにわざわざやられたのではないでしょうか?


10. my.test.done 2010年9月17日 09:58:35: nh3G/e53Vu8.Q : FFIErVvouc
すばらしい分析をありがとう

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧