★阿修羅♪ > 議論30 > 314.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
領土問題でもめるのは愚の骨頂だ。
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/314.html
投稿者 地には平和を 日時 2010 年 9 月 28 日 22:44:17: inzCOfyMQ6IpM
 

そもそも領土とは何か?
政治権力が実効支配していると強弁する地域でしかない。
領土問題でもめるのは政治権力同士であって人民は本来関係ない。
政治権力の正当性を前提とした領土紛争ほどバカらしいものは無い。

アホな人民は対立する政治権力のいずれかを支持しないといけないという二者択一の論理に騙されて人民同士殺し合いをさせられる事になる。

この主張は日本人だけに訴えているのではない。
中国人にも世界の人々にも同時に訴えている。
国境線の引き方で殺し合いをするのはやめろと。

拡張主義の中国共産党の洗脳から中国人民を解放しよう!
そして、洗脳されたアホな挑発分子中国人と領土をめぐって争おうとしている日本人を国家主義の洗脳から解放しよう!
そうでなければこの世に平和は訪れない。

領土紛争は戦争屋の売り上げの為のものでしかない。
大勢が血の海に沈み戦争屋が高笑いするだけの事である。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 有島実篤 2010年9月30日 19:39:47: JnUMLBjEgL1oc : FWjtAuE5nM
久し振りに真っ当なご意見、激しく同感。
資本は、国籍も領土も関係なく、金になればどこにでも出張る。

02. 地には平和を 2010年9月30日 23:27:33: inzCOfyMQ6IpM : 0J5kruD3Wk
有島実篤様 ご賛同ありがとうございます。尖閣諸島の問題によって日本人に対して国益意識の注入が今行われております。我々は中国の挑発を批判すると共に日本に対してこの挑発に乗って中国人と殺し合いをする方向に向かわないように訴える必要があります。ユーチューブではチャンネル桜が中国脅威論を宣伝しております。

1/4【討論!】尖閣が危ない!危機の中の東アジアと日本[桜H22/7/10]
http://www.youtube.com/watch?v=lijP20j-uVA&feature=channel


03. 地には平和を 2010年9月30日 23:42:01: inzCOfyMQ6IpM : 0J5kruD3Wk
この動きは日中を戦わせるという戦略に則って中国共産党と日本国内の排外主義者が協力してやっている事であろうと私は考えます。言うまでなく軍需産業がシナリオを書いているのです。

04. 地には平和を 2010年10月01日 00:48:08: inzCOfyMQ6IpM : rbP8ZT1CR2
中国共産党は人口が多過ぎると考え日本に移住させたり日本と戦争する事により人口を削減しようとしているのかも知れません。しかし、これこそが軍需産業の意向に適うものです。軍事力によって他国を従わせ国益を確保しようという発想そのものが軍需産業にとって願ったり叶ったりの発想なのです。我々はこれらの事が周到に準備された可能性について考える必要があります。中国で反日勢力が強いのは日中戦争があった為に当然の事です。日中友好はお互いの経済発展の為に日中の政治権力が協力した為に生まれた状況でしょう。しかし、今やアメリカが没落し、中国こそが経済的かつ軍事的に軍需産業の筆頭の得意先に踊り出たワケで日中を戦わせる事ができれば双方に武器を売って軍需産業はボロ儲けです。こんな美味しい話を軍需産業が追求しないハズが無い。軍需産業の右手に日本、左手に中国がいてパペットマペット状態でケンカをさせるという事なのだ。米軍は静観するだろう。中国とも仲良くしたいアメリカが日本の為に米兵を死なせるワケが無い。日中両国人民が戦争というブラックホールの中に飲み込まれていくのだ。何の恨みも無い中国人を殺すという不条理の中に追い込まれるべきではない。国益と個人の利益にはギャップがあるし反対になる事もある。国益の名の下に自分の命が失われるという不条理を考えよ。漠然とした概念の為に自分の生活が破壊されるという倒錯を考えよ。多くの人々は夢遊病者である。覚醒へと向かわねばならない。

05. 2010年10月01日 05:51:33: 7bsWjCNlq2

本当だ、100%そうや、でも、それをわかってて、
それを止める術は我々にあるのだろうか??

人類史もそれの繰り返し、いっつも犠牲者は弱者たる、女子メインの民草...
何とかなりませんかねぇ、と言ってて腹立つ、侘しい...


06. 地には平和を 2010年10月01日 23:02:05: inzCOfyMQ6IpM : 0J5kruD3Wk
尖閣問題で戦争が起こる事を阻止する日中人民連帯

07. 地には平和を 2010年10月01日 23:25:47: inzCOfyMQ6IpM : 0J5kruD3Wk
領土問題を平和的に解決する国際連帯

対立するそれぞれの国が主張する領有の根拠を比較し国際的な判定を行う。
国連がこれをしないなら新たな国際機関を創設する。


08. 地には平和を 2010年10月02日 01:22:09: inzCOfyMQ6IpM : DDOT6C0TKo
だいたいやね。国っちゅうものが何であるのかもっと考えなアカン。自分は日本国民やから日本の領土が侵害される事には我慢がならんというような単純さではダメだ。

09. 2010年10月02日 02:57:12: EuxaAd0Fno
戦争は文化の母。シナ人は絶滅させるべきだ。でないと予定どうり日本人が絶滅させられる。人間のカスの米とシナ。どちらも滅ぼすべき。人口は1割になっても立つべし。

10. 2010年10月02日 03:08:32: sNdrwBpvYc
>>09
>戦争は文化の母。シナ人は絶滅させるべきだ。でないと予定どうり日本人が絶滅させられる。人間のカスの米とシナ。どちらも滅ぼすべき。人口は1割になっても立つべし。


まず真っ先にオマエが滅べ!
おまえのような基地害はインターネットなんかやらずに静養してろ!


11. 地には平和を 2010年10月02日 13:27:50: inzCOfyMQ6IpM : VYCYkIoMRA
中国と戦争をしたら日本は負けるんじゃないの?中国が核兵器を持っているって事を知らないんじゃないの?9番のバカは。もちろん、軍需産業にとっては売り上げが一番であって日本が滅ぼうがどうでもいいだろう。前原は軍需産業の命令で中国と戦争をしようとしているんだ。小泉が高く評価する戦争屋である。前原が外相になったのはアメリカの命令だろう。すみやかに前原を排除しなければならない。中国共産党も軍需産業の家来と見るべきだ。中国共産党を解体しなければならない。反戦派の中国人民と共闘しよう!

12. 2010年10月02日 18:06:37: CRer5rROIE
>領土問題でもめるのは政治権力同士であって人民は本来関係ない

オメエは、尖閣諸島が日本人個人の私有地であることを知らないようだなw
しかし、オメエの言ってることは支離滅裂だな。(中学生か?)


13. 地には平和を 2010年10月02日 19:57:10: inzCOfyMQ6IpM : Vt98DE2dwA
尖閣諸島領有権問題http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E9%A0%98%E6%9C%89%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C

1895年1月14日:日本政府が尖閣諸島の沖縄県への編入を非公開の閣議で決定し、正式に日本領とした。然し、此の決定は尖閣諸島を今まで領土と主張した国が無い事から周辺国には特に伝えられ無かった。

これが日本が領有しているという根拠だろうが、この決定に関して中国や台湾が異議を唱えるのであれば個人の私有地があろうが日本が勝手にやった事だと片付けられるのである。

こんな事でもめて戦争になるのは愚の骨頂である。


14. 地には平和を 2010年10月02日 20:31:34: inzCOfyMQ6IpM : Vt98DE2dwA
領土は戦争の結果として確定してきたものであり尖閣列島の領有を主張する中国や台湾のアホどもは戦争をしてでも尖閣列島を奪い返そうとしているのである。日本人はこんなアホどもの挑発に乗ってはならない。既に領土問題化しているこの件に関して武力衝突ではなく話し合いで解決すべきだと私は主張しているのである。その話し合いの場で日本の立場を充分に主張すればいいだろう。主張が出揃った所で国連や国際司法裁判所の判断を仰げばいい。揉め事にするなというのはこういう意味だ。大多数の日本国民にとって尖閣列島の帰属問題などどうでもいい瑣末な事である。こんな瑣末な事に過剰反応して中国に核攻撃されるなどバカバカしいにもほどがあると言っているのだ。中国共産党ならやりかねんから言っているのである。我々は中国という猛獣をてなづける猛獣使いにならなければならないのである。経済的にも軍事的にも日本を凌駕している隣国でありううまく付き合うしか我々が生きる術は無いのだ。情け無い事だが致し方が無い。そもそもアメリカに屈服しいている日本は独立国ですら無いのでありプライドを持つ資格も無いのだ。身分不相応のプライドを持って戦争を始めて自滅した太平洋戦争を教訓化すべきなのだ。プライドをくすぐり続けているのが軍需産業である事を肝に銘ずるべきである。尖閣列島周辺の海底油田の開発などやめるべきである。メキシコ湾のようになったらどうする?自然破壊を人類はやめるべきだ。石油を使わない生活をすべきだ。

15. 2010年10月03日 00:48:21: CRer5rROIE
>>14
この内容から、オメエが中国の工作員(かなり低級な)であることが良く分ったよW

16. 地には平和を 2010年10月03日 10:16:41: inzCOfyMQ6IpM : Nhrq0N9KBU
15番さん 尖閣問題でもめて戦争にならないという根拠を言ってもらえませんか?中国共産党の後ろには軍需産業がついていると思っております。アメリカはもう使えないから中国に戦争をさせて金儲けをしようとしているんですよ。また、それに呼応して対立を煽る政治家が日本にもいるって事です。全ては軍需産業の売り上げの為に動いているのです。前原は漁船を拿捕し中国国内の反日感情の高揚を生み出し今度は釈放し日本国民の反中感情を高揚させて対立激化に成功したのです。この日中間の国民感情の反目を利用して戦争に持って行こうとしているのです。枝野も「中国は悪しき隣人」などとのたまい日本人の反中感情の高揚と中国人の反日感情の高揚に寄与しているのです。もめるなと言う事が中国の工作員だと言う事自体が対立を煽っていると思いますね。そういう人間こそが軍需産業の工作員だろうと私は思います。あるいは無自覚に戦争を招き寄せてしまう愚か者です。領土問題になると単純に国益を守れなどと言って戦争を招き寄せてしまうアホが多いから困ります。もっと冷静に問題を解決すべきなんですよ。

17. 地には平和を 2010年10月03日 10:18:37: inzCOfyMQ6IpM : Nhrq0N9KBU
原口も超党派の議連なんか作っちゃって全然ダメですな。ヤツも戦争屋の手先か?

18. 2010年10月03日 11:09:17: CRer5rROIE
>>16
>領土問題になると単純に国益を守れなどと言って戦争を招き寄せてしまうアホが多いから困ります。

ま、オメエの言うことも一理あることは認めよう。
しかし、イスラエルに国土を奪われたパレスチナ住民の例を見るまでもなく、
住むべき土地を失った民族というのは間違いなく悲惨な末路を辿る。

オメエは、尖閣など些細な土地にどんな影響があるのかと思うのかも知れないが、歴史を見れば分かるが、領土の侵略は最初は必ず目立たないように開始される(事実、中国の御用学者は次に沖縄も中国領と言い始めている)。

これまでこの日本の国土において、先人のたゆまざる努力と苦労によって豊かな歴史と文化を築き上げてきたわれわれ日本民族は、これを立派に子孫に残す責任と義務がある。

そのためには、真に国を愛する日本国民なら、他国の侵略の瀬戸際に立った時、銃を取ることをためらう者は1人もいないだろう。


19. 地には平和を 2010年10月04日 00:26:17: inzCOfyMQ6IpM : rVHfJLEa5o
どの国も領有を主張していないから日本が領有しようという事で始まったのが尖閣列島領有です。こんなに簡単に領有した島を戦争をしてでも守ろうというのはいかがなものか?海底資源の問題があるから戦争をしてでも取り合おうという事らしいがそんなもん命を捨てるほどの問題ではない。むしろメキシコ湾の件もあるのだから採掘をやめろと言うべきだ。仮に中国が採掘したとしても高い円で買えばいいだけの事。円高なんだからもっと円を刷って買えばいい。何も殺し合いをしなくてもいい。殺し合いなどしたらそれこそ軍需産業やアジア人同士を反目させるという世界権力の思う壷だ。中国は沖縄も領有しようとしているようだがその時は戦争になるし世界世論は中国が悪いと思うだろう。そんな事を中国がすると思うか?

20. 2010年10月04日 07:42:38: CRer5rROIE
>>19
どうやら、アンタには領土を語る資格はなようだな。

領土とは本来「どの国も領有してない」から領有するもんだよ。
すでに他の国が領有してる土地を力づくで手に入れりゃただの「侵略」だろう?w

国家は3つの要素(国土・国民・主権)から成り立っている。(中学校で習った)
国家の本分は自らの存在自体のためにこの3要素を堅持していくことにある。
それは目先の利益のためになすものではない。

「領土」のみならず、「国民」にしても、たとえその1人のことであっても、他国の不当な扱いは容認しない。(その1人を守ることにどんなに代償を払おうともである)

目先の利益の観点から国土・国民・主権を語るようでは、アンタの底が見えたってことだな。(ま、共産中国ではそれが当然のことのようだがw)
────────────────────
>世界世論は中国が悪いと思うだろう。そんな事を中国がすると思うか?

アンタの勝手な希望的観測だなw
今回のことで、中国はレアアースの日本への輸出を事実上停止したが、
これは、WTO(中国も加盟してる)違反。今後日本が正式に提訴すれば、世界は中国を断罪することは明らか。

また、これまでにも中国は膨大な知的財産の侵害を行って来ており、現在世界中から非難されてるが一向に改善しない。余り中国を買いかぶり過ぎるなよW

アンタの中学生並みのタワゴトをこれ以上聞いても仕様がないようだ


21. 地には平和を 2010年10月05日 00:27:42: inzCOfyMQ6IpM : gJhly09G2A
問題は領土を守る為に命を捨てても構わないという倒錯を美学だと勘違いするアホがいるからこの世から戦争が無くならないという事だ。単なる線引きに命を掛けるなど愚の骨頂である。これは日本のアホと中国のアホに対して言っている。自分の命を犠牲にして守った領土を利用して石油を採掘し一握りの金持ちが儲けるだけの事だ。そんな事に命を捧げる意味があるか?あるいは漁業権を確保して獲った魚で金儲けするヤツがいるだけだ。バカらしいにもほどがある。レアアースの件なら日本は何故WTOに提訴しなかった?それからそもそもこの尖閣諸島の領有問題はあいまいにするという事で日中の合意ができていたはずなんだが何故か今回日本側が強行に出て拿捕するに至った。中国にすれば「話が違うじゃないか?」って事だったんじゃないか?「そっちがその気ならこっちも領有を主張するゾ!」とエスカレートしたワケだ。これまでは漁船を追い返していただけで済ましてきたものを日本が強行に出たから中国の国内世論からしても強行に出ざるを得なかったのではないか?ビデオを早く公開して欲しいものだ。どういうぶつかりあったのか視覚的に分かるだろう。ビデオを公開しないのは日本側がやり過ぎだったからという可能性は大いにあると思う。漁船の方が攻撃的だったとしても大体これらの全てが日中の戦争屋の合作の芝居だった可能性もあるではないか。そんな事考えた事もないか?それから領土を守るという事と自分が住んで来た土地から追い出されそうになったから抵抗するという事は全く違う事だゾ。パレスチナ人は追いたてられたワケだからそれに抵抗するのは当然の事だ。個人レベルで正当な行為であるという事。その問題とこの尖閣列島の問題を同列に置く事はできない。私有地があるのなら政府が金で保障すればよい。戦争屋に操られている中国共産党と戦争をするなど愚劣もいい所だ。中国の選択肢として戦争をしない方がいいと思えるような判断材料を作っていく事だ。戦争屋を孤立させるという事。単純に武力で対峙するのは軍需産業の思うつぼである。

22. 2010年10月20日 20:23:21: 05uSMAtHW6
バカなきれいごとをいっているヒマがあるんなら、外に出て庶民の暮らしぶりをその目でみてごらんなさい。

23. 2010年10月26日 20:01:17: FHVyh15Kso
日本政府がドジを踏まなければ、尖閣は「南樺太」と同じ流れに持って行けたの。
南樺太はロシアが実行支配して、日本人をはじめ世界の誰もがロシア領と認識しているが、
「日本政府はそれを認めていない」、しかし日本政府はそれで騒がない。

尖閣の場合も、
事実上、日本が実行支配している。国際法上も、尖閣の領有は問題無い。その事実は大きい。
中国政府は、東シナ海のガス田開発でも、「中国側は認めていない」日中中間線の中国側でしか、目に見える活動をしていない。
それもこれも「中国側から尖閣の領土問題を棚上げにしたから」、中国側から「日中中間線を越える事はできない」。
「棚上げ」って事は、それまでの「既成事実」:日本の尖閣の実行支配、日中中間線を事実上の国境とする、という事も「動かさない」って事。
中国側が、中間線を越えた場合、日本側が「どこにその根拠があるのか」との問えば、中国側は答えられない。

仮に、中国が「尖閣を日本領と認めた」として、日本に何のプラスがある?
「日中中間線は1メートル」とて動かない。(ビタ一文領土は増えない)
それどころか、(詳細は省くが)中国側が行う事になっていた尖閣海域における中国船の取り締まりは、日本が行なう事になる。
それまでは、余りに酷い場合は日本政府は「堂々と」中国に抗議すればよかったが、
今後は、「中国政府の関知しない中国のウヨク」が怒涛のごとく尖閣海域に押し寄せた場合、日本が追い払わなければならくなる。(喜ぶのは米軍だけだ)
さらに、日中間においてナショナリストが騒ぐ事で、不要な軋轢を生む。
つまらない政治家のプライドを満たすだで、両国において、決してプラスにならない。

中国国内においては、尖閣諸島は「領土未定」の土地。日本においては、領有権は棚上げだが「事実上日本の実効支配」
それで、上手くやるべきだった。
中国、台湾漁民の漁業権を確保してあげたうえで、尖閣を東シナ海のガス田開発における輸送基地として、日中で共同開発・管理する。
それがうまく回ってゆけば、何も問題は起こらない。(日本も中国も五分五分で利益を分け合えるのだから)
どうして、そのシナリオを日本から手放すのか。
中国の現政権は「その方向性」なのだから、日本政府が率先して「中国政府を追い込んで」
中国の膨張論者が喜ぶだけの反日政権に仕向けるなんて、バカげている。

日本人の多くが、日本共産党の言う「ロシアは千島列島も返還せよ」なんて誰も知らないし、
南樺太だって「知らされていない」でしょう。だから、麻生前総理が樺太に行って叩かれた理由なんて分からない。
嶺土問題なんて、その程度だけどそれだけに根深い。
尖閣は中国において「国民に刷り込まれてしまったもの」だから、それを「前提」に話をしないといけない。
今回、日本政府が「ちゃぶ台返し」をした事は、非常に重大な失態であり、国益の損失だろう。


24. 2010年10月26日 20:07:04: FHVyh15Kso
>尖閣は「南樺太」と同じ流れに持って行けたの。
誤解を招く表現だか捕捉すると、同じ流れというのは、
南樺太と尖閣における「法律論」ではなく、国民における「ナショナリズムの関心度」という点においてなので、誤解しないでもらいたい。

25. 地には平和を 2010年11月02日 00:21:19: inzCOfyMQ6IpM : s2qdrZ092I
ちゃぶ台返しをしたのは前原でありヤツがそのような事をしたのは日中間でもめて日中戦争に持ち込む事だろう。アメリカがそう望んでいるから従ったのだ。前原は「オイラの後ろにはアメリカ様がいるんだゾ!」とヤクザのチンピラよろしく強がったという事だ。これは日米軍事同盟がなければ日本は自国の領土も守れないという奴隷根性を日本人に植え付ける為にも必要な事だったのだろう。中国はそんな事重々承知しているからアメリカの子分である前原を失脚させる為に前原のせいで日中首脳会談はぶち壊しになったという事にしたいのだろう。しかし、ここで日本の中に前原擁護の動きがどこまで出てくるかが問題なのだが、前原では日中関係をぶち壊してこれから中国の経済成長のおこぼれにあやかりたい財界にとっては大打撃なので「もう、こいつはクビにするか?」となってきているのではないか?領土でもめるよりも中国と経済交流した方が国益に叶うでしょ?みたいなもんで。枝野が中国に進出している企業を小バカにしたような事を言ったが何を考えてんだろうね。コイツは。バカじゃなかろうかと思う。アメリカは何としてでも日中間の仲を引き裂きたいだろう。日中が互恵関係になったらこれほど強力な経済力は無いからな。尖閣列島の問題で反日デモを行っている背景にはアメリカの暗躍があるのではないか?デモをやったら小遣いをやるとか言われてやってんじゃないの?反日をやっている中国人と反中をやっている日本人のパトロンはどちらもアメリカ人じゃないのか?って思っている。わずかな小遣いをやるだけで戦争にまで持っていけたらウハウハですもんな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧