★阿修羅♪ > 議論30 > 328.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本を取り巻く国際関係について
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/328.html
投稿者 baka 日時 2010 年 11 月 07 日 16:46:48: RQJEnV9HbG4Tk
 

 中国共産党の幹部子弟は,米国はじめ諸外国に留学している.
それでいて,中国国内に情報管制をしいて,諸外国の批判を行い,策謀をめぐらしている.

中国が北朝鮮と違うのは,世襲ではなく集団指導,人口と国土が桁違いに大きい,国民の多くが自発的に日本侵略に協力する,北朝鮮やミャンマーの国民まで間接的に苦しめる.しかし,本質は同じだ.

中国共産党指導部と軍部は,悪辣な利権集団であり,中国という国家はヤクザが仕切っているようなものだ.

 中国にはもちろん善良で優れた人達がいるだろう.戦前の日本にも善良で優れた人はいたが,戦争は
始まった.ドイツやイタリアもそうだ.今の中国の政治体制は,65年以上前の日本以下かもしれない.

中国人は,戦前の日本侵略を批判するが,彼ら自身は,チベットやウイグルを植民地化し,北朝鮮やミャンマーの非民主政権の後ろ盾になって,彼の地の人民を苦しめている.

 ロシアを見れば,旧ソ連が火事場泥棒のようにして奪い取った北方4島をもはや返す必要なしとしている.これら旧及び現共産主義国家の後進性と暴力性は明らかであり,仮に中国が民主化されたとしても,ロシアのような振る舞いに出ることは想像に難くない.  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年11月08日 01:06:18: GITUG195W2
非常に良い投稿内容だ。

baka氏が疑問を持つのも、無理はない。

1、政治体制を考察するには、おまかに、2つのアプローチ方法がある。

  (1) 歴史的文献を、分析し、結論を導く方法。

  (2) 人間の意識の進化を、分析し、結論を導く方法。


2、歴史的文献を、事実か、改ざんされているかは、別として、

  文献のみから、事象を分析すれば、

  およそ、人類の政治体制は、はっきり言って、


   戦争、つまり、


     殺し合いの歴史なのです。


   この場合の戦争は、親子での権力争い、

   部下が、臣下が、権力者を、殺して政権を握ることも、含めます。


   よって、勝てば、権力者に、なれるのです。一刻はね。

   この繰り返しです。状況は、時代で違うだけ。


3、人間の意識の進化から見れば、分析は、さらに難しくなる。


 (1) 宗教、思想が、絡むのです。

     これは、各人の意識の内面の問題ですから、事実としての検証は、

     非常に難しい。

     宗教や、思想に囚われているうちは、自由な独創的な発想は、

     出にくいのです。

 (2) したがって、その国の政治体制の形態は、

     その国の市民の意識の現れ、反応なのです。

     この意味において、国の政治体制は、その国の市民の責任なのです。

     もう一度、言いますよ。ここが、ポイントです。

     独裁であろうと、皇帝であろうと、

     なんと、民主主義であろうと、


   その国の政治体制、状況は、その国の国民、市民の責任なのです。

   

結論、

中国、ロシア等の国を非難しても、それは、お門違いに、なるのです。

(注意、  非難と、指摘は、違うのですよ)

その国の政治は、その国の国民のレベルに、合致するのです。


したがって、国民、市民の意識の向上を、啓蒙、善導、推進することが、

政治体制の向上化に寄与するのです。

そうすれば、外面、内面の平和を維持できるのです。


 方法は、


正しい知識の会得による、教育なのです。

そして、経験による知恵なのです。


    核兵器を、人殺しに使うのか、電気などに、


    善用するかは、

    人によるのです。


よって、この事を理解したら、善悪は、厳然とあるのですが、

   あるがままに、今を、一瞬、一瞬、生きるのです。

   肉体が死ぬまで、ね。


 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧