★阿修羅♪ > 議論30 > 344.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: いまだに源平合戦から抜け出せない思考もどうかと思うけどさ
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/344.html
投稿者 metola 日時 2010 年 12 月 12 日 17:00:37: XbEFO1BzdtcZo
 

(回答先: 日本はいつになったら敗戦から立ち直れるのか 投稿者 チベットよわー 日時 2010 年 12 月 12 日 06:41:57)

>明治維新政府とはなにか?いうまでもなく日本の西端である蛮族、
>山口や九州といった地方の田舎者のみによって19世紀に構成された
>勘違いの新政府のことである。
アホくさ。尊皇攘夷とかいって、日本をめちゃくちゃにした関東人はどうなのさ。
江戸時代まで、江戸は田舎。東京なんか、歴史も文化もない、世界でいうアメリカみたいなところだぜ。今もコンプレックスがあってさ、そのせいで未だに田舎臭い思想から脱却できないでいる。

明治維新政府とはなにか。簡単に言えば、外圧でできた政権でしょ。たまたま、外交に長けたやつらが西日本に多かったから、政府中枢も西日本出身が多いだけの話。なぜ、外交に長けているかって?そりゃ日本の歴史の八割は西日本が中心だからさ。

さらに、第二次世界大戦があれほどまでに悲惨な結果に終わったのは、国民が、というより中枢(東京)に近い国民がバカで、報道(新聞社)の情報操作に載せられたから。

そして、日本国民がバカになるきっかけを与えたのは、究極的には日露戦争だね。
日本は、もちろん単独でロシアに勝つ実力なんて無くて、ヤコブ・シフらユダヤ人からの金と、アメリカのロシアへの破壊工作があって、日本は勝ったわけ。それで、日本は一気に世界の列強に並んだと「勘違い」したわけ。地理的にみれば、資源のない小さな島国なのにさ。そういう「世界の思惑」でたまたま追い風だったから成功していたに過ぎないのに、逆風になったことに気づかず、第二次世界大戦にそれまでとおなじスタンスで突っ込んだ。

でも、「日本の端の田舎者」には知識人が多いから、日本が間違った方向に進んでいることに気づいていたね。で、どんどん刑務所にぶち込まれたよ。広島なんて、原爆でそういう人が「解放」されちゃったくらいだからね。

さらに、武力放棄して、第二次世界大戦を「わざと」引きずっているのは、戦後、アメリカの傀儡政権の中でアメリカの言いなりにならないためにするための知恵なんだよ。その辺のことは、草案を日本語訳した後から発行までのゴタゴタを見ていればよくわかる。アメリカもすぐに気づいて、日本に武力を持つように指示しているし、いまだに日本の「自衛権の定義」には手を焼いている。

日本は資源のない小さな島国だから、戦争なんてやったら負けるのは分かっている。そういう地政学的な理由で「攻めてこないでね♪」というのではなく、「わしらは、蛮人のやる戦争は放棄したけん、戦争しようと思ってもムリじゃけんの」という大義名分をつけた。その辺の事情は今も一緒。

そして、この「善意の武装国家」を中国もアメリカも恐れている。自分達がいくら正義を振りかざしたところで、日本の捨て身の対応には敵わない。日本になにかちょっかいをだせば、世界が反発して周辺国が日本を応援する。例えば中国は国境の問題をいろいろ抱えているから、日本にはちょっかいを出す気がない。中国が日本の戦争をしかければ、普段は仲の悪い幾つかの国も、日本の危機に乗じて、手をとって中国を攻撃するようになる。そんなことをすれば、中国であってもアメリカであっても持たない。日本は「世界を善意で脅迫している」のである。

唯一、日本を捩伏せるには、日本から攻撃をしかけて戦争になる場合のみであって(ジョセフ・ナイのレポートを知ってるでしょ)、それ故に、統一教会系の報道機関は、「日本は普通の国になるように」といって、憲法改正や、集団自衛権の解釈の緩和を叫んでいる。
まぁ、こいつらに騙されるのは、いつもどおりオバカチャンなんだけどね。問題は、オバカチャンが多いことだね。フォローアップ元記事筆者含めて  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. チベットよわー 2010年12月12日 20:54:38: Xy93FIMaJupUQ : EHpHpd0Ygk
いや、面白いね、日本の現状はほとんどサイケデリックな世界だから、誰でも好き勝手に視点を広げてフリートークができるよね。あんまり頭の悪い奴や基礎学力のない奴だと台無しになってしまうけどね。

面白いんだけど、ちょっと雑すぎるので、いくつかセコい事実誤認の指摘をしておきます。

>尊皇攘夷とかいって、日本をめちゃくちゃにした関東人はどうなのさ

これは単純なエラーだよね。尊皇攘夷って言葉をみればわかるけど、二つの全く異なる運動が合成されたわけで、関東かどうかにかかわらず一つの場所や階級からでてきたものじゃあないわな。もっとズバリいうと、関東人が尊皇攘夷の中心だった、とは普通は考えられていないよね。

>江戸時代まで、江戸は田舎。

これはナンセンスです。20年前まで田舎、とかならわかるけど、2,300年とかいう単位で歴史が流れた後で「もともとは」とか言ってもしかたないよね。

>明治維新政府とはなにか。簡単に言えば、外圧でできた政権でしょ。たまたま、外交に長けたやつらが西日本に多かったから、政府中枢も西日本出身が多いだけの話。なぜ、外交に長けているかって?そりゃ日本の歴史の八割は西日本が中心だからさ。

西日本の人間が外交にたけているというのは初耳。普通は地縁・血縁にしばられた西日本の古い社会のほうが外界への適応度を欠いているとみなすはずだが、まあこれは争わない。明治維新が九州・山口出身者でできていたのは反幕府軍の中心が薩長同盟だったから。小学校でならいます。

>第二次世界大戦があれほどまでに悲惨な結果に終わったのは、国民が、というより中枢(東京)に近い国民がバカで、報道(新聞社)の情報操作に載せられたから。

誰がどうみても、第二次世界大戦の責任は、勝てない相手に戦争をはじめた九州出身者中心でできた内閣にある。基本的にエンジニア体質な九州・山口の田舎者は、こぞって技術のドイツに留学したので日本人には縁もゆかりもないドイツ人を勘違いで仲間だと思ってしまい、後のナチスとの同盟におぼれていくのだ。バカな奴らめ。誰がどうみても、日本がモデルにできる欧米先進国家はまずはイギリスをおいて他にないのはわかりきったことだった。

>武力放棄して、第二次世界大戦を「わざと」引きずっているのは、戦後、アメリカの傀儡政権の中でアメリカの言いなりにならないためにするための知恵なんだよ

それは無理。武力放棄させたのはアメリカ。朝鮮半島の問題で日本にはしばらくおとなしくしてもらう必要があったからその一時的な処置。60年以上そのままとはマッカーサーもびっくりだろう。

>中国が日本の戦争をしかければ、普段は仲の悪い幾つかの国も、日本の危機に乗じて、手をとって中国を攻撃するようになる。

これは考えがたい話。常識的に考えて、武力の無い奴より、武力のある奴を加勢したくなるのが近隣国の本音。現実的にいえば、シナが日本をせめるとアメリカがでてくる。「普段は仲の悪い」韓国は絶対でてこない。善意の脅迫というのは全く意味不明である。

憲法改正、自衛隊の臨戦対応化、こういったものは、率直にいってあたりまえのことである。どうせ負けるからといって武力を放棄したままだとこれからもなめられっぱなしで、どんどんシナ人が増えるだけだ。いいか、軍隊というのは戦争をするためだけにあるのではない。一主権としての身だしなみだ。60年以上、オカマのようにいや〜ん、いや〜んと逃げてきたことに終止符を打つ。きっちり銃をかまえて自尊心を取り戻す。それだけのことじゃないか。



02. metola 2010年12月12日 22:43:55: XbEFO1BzdtcZo : H6Xx9xLmUw
>関東人が尊皇攘夷の中心だった、とは普通は考えられていないよね。
中心とは書いていませんが。バカはどこにもいるでしょという意味。タイトル読んでる?(笑)
>これはナンセンスです。20年前まで田舎、とかならわかるけど、2,300年とかいう単位で歴史が流れた後で「もともとは」とか言って
そうであれば、交雑が進んだ今になんて九州人がなどというのもナンセンスでしょ。自分で自分の考えを潰してるんだから、どうしようもないね。

>明治維新が九州・山口出身者でできていたのは反幕府軍の中心が薩長同盟だったから。小学校でならいます。
そのとおり、なぜ薩長が海外の勢力の動きに機敏に反応したのかも、小学校でならいます。ついでに、西家の存在も押さえておけば、近代日本史の流れはスッキリ見えるでしょうね。これ、講義代高いよ。

>勝てない相手に戦争をはじめた九州出身者中心でできた内閣にある
はい、彼等は勝てないことは認識していました。だから、もともと戦争は回避したかったし、やるならやるで短期決戦で引き分けに持って行こうとした。ところが、泥沼化したのは何故でしょう。え?天皇も西の人間だから「日本人じゃなかった」って?まぁ、そういう学説があるのは確かだがね。君のいう日本人の定義が崩れちゃうぜ(笑)>>60年以上そのままとはマッカーサーもびっくりだろう。
はい、だからわざとそうしていると書いているでしょ。単純なアメリカ人には日本人の知恵は見抜けませんでした。あ、あなたも解らないみたいですがね。

>武力のある奴を加勢したくなるのが近隣国の本音
尖閣問題で周辺諸国がどう動いたか、見てないの。韓国は中枢が「統一原理主義者」だから日本に敵するのは当たり前。

>どうせ負けるからといって武力を放棄したままだと
「善意の武装国家」と書いているのが読めない?武装国家ですよ。武装国家(笑)

ちなみに、
>統一教会系の報道機関は、「日本は普通の国になるように」といって、
>憲法改正や、集団自衛権の解釈の緩和を叫んでいる。
>まぁ、こいつらに騙されるのは、いつもどおりオバカチャンなんだけどね
こちらには反論ないの〜?
(・ε・)ノ


03. 2010年12月13日 07:48:19: EHpHpd0Ygk
返信しにくいフォーマットで独りよがりなことばかりぶつけてくる奴だな。よしよし、そういう困ったクンだから教育しがいがあるというものだ。(あの、これ冗談なんで悩まないように。こら真剣な顔でメモをとるなって)

>中心とは書いていませんが

心苦しい言い訳はやめなさい。あなたは九州に対する関東の功罪のあくまで罪の部分として「尊皇攘夷があるじゃないか」と発言したのだ。私は心が広いので、尊皇攘夷をやっていたのは関東よりむしろ九州のほうだとモロにいわずに、やわらかに自省をうながしたが理解できなかったようだな。

>交雑が進んだ今になんて九州人がなどというのもナンセンスでしょ。

私の意図したことはいまでもなく、時代の変化にともなう当然な内政変革が行われなかったことに対する指摘だ。つまり、九州が明治以降やってきた国家運営が終局を迎えたのにかかわらず、朝鮮戦争を控え改革につきあう余裕のなかったアメリカ軍がそのままの状態で統治したために「天皇制」と「九州中心内閣」というものがしっかり吟味されないままに戦後日本に残留してしまったのだ。それは21世紀に東京在住の九州人をどうこうするということとは次元が違うのだ。

赤ペン先生もみなまではいわん。以上のサンプルを参考に、己の過ちに気づき、すみやかに改善を目指せ。そして成長したところをいつか見せてくれ。いいな。


04. 2010年12月13日 11:28:16: fhqMEypoT6
攘夷運動の先駆けは水戸藩と土佐藩だろ。両藩の攘夷運動が潰れた後は長州が中心。
薩英戦争があっても、薩摩のいわゆる攘夷派は水戸、土佐同様潰され、
攘夷派がクーデターで実権を握ったのは長州だけぞ。
九州というか確かに薩摩はある程度権力は持ったが、薩摩出身の内閣は
黒田清隆、松形正義、山本権兵衛、小泉で、肥前が大隈重信くらいのものだ。
軍人には東郷平八郎、皇后では美智子さんが薩摩だが、後の九州勢は日向の小村寿太郎くらいだ。
伊藤、山県、桂、寺内、田中義一、岸、佐藤、安部全部長州閥だろ。
岩倉、西園寺公望、近衛は公家だろ。
陸奥宗光、世耕は和歌山、原敬、新渡戸稲造、小沢は岩手、吉野作蔵、高橋是清は宮城、
加藤高明は尾張、山本五十六、田中角栄は新潟、吉田茂の父は土佐で東京生まれ、
豊田佐吉は静岡、岩崎弥太郎は土佐。
つまり大正以後は主流が幕府・東北側になってきているぞ。
薩摩閥は山本権兵衛内閣で大体終わりだろ。

05. metola 2010年12月13日 13:03:50: XbEFO1BzdtcZo : v4HViRTG2c
そんなことより、チベットよわーよ、>統一教会系の報道機関は、「日本は普通の国になるように」といって、
>憲法改正や、集団自衛権の解釈の緩和を叫んでいる。
>まぁ、こいつらに騙されるのは、いつもどおりオバカチャンなんだけどね
こちらには都合が悪いから無視ですか〜?
(・ε・)ノ

06. チベットよわー 2010年12月14日 16:46:15: Xy93FIMaJupUQ : EHpHpd0Ygk
>04
>つまり大正以後は主流が幕府・東北側になってきているぞ。

あのね、たとえば大東亜戦争を開始したときの東條内閣みてみよね。
東條は岩手人です、たしかに。東北のカッペが日本の首相だというのは
確かにジョークです。なんでそんなジョークがまかり通ったかといえば、
毒にクスリ、つまり日本政治家史上最大のアホ、日本のルードイッヒ2世こと
近衛文麿のケツぬぐいをするために、こういうマジメで実直な田舎者が
連れてこられたのだ。(歴史の専門家はこういう言葉使いはしないだろうが、
本物の学者は私のいっていることに絶対同意しますよ)

東條の岩手内閣とはいえ、過半数は薩長・土佐のいわゆる「明治維新軍」
の閣僚によって占められていた。とくに外務大臣は全員が九州人です。
いかがでしょうか。

山本権兵衛内閣って、その後たしかまた九州人がついだよね。

もう当時の歴史の図式の外にあるべき平成はどうだろう。
15人の総理のうち、12人が西日本の出身であり、その中でも
7人までが「明治維新軍団」圏からでてきているのだ。約半数だよね。
これってただの偶然だろうか。


07. 2010年12月14日 16:48:27: EHpHpd0Ygk
>05

憲法改正をうたっているのは、まともな日本人のほぼ全員なんじゃないか?
当たり前のことを当たり前に主張し、願っている。それだけのことだよ。

憲法改正というと、右翼やけったいな民族主義運動家みたいなものと
リンクして考えるのはよくないね。


08. metola 2010年12月14日 22:22:24: XbEFO1BzdtcZo : H6Xx9xLmUw
>憲法改正をうたっているのは、まともな日本人のほぼ全員なんじゃないか?

書いてることが目茶苦茶だね。じゃぁ、なぜほぼ十年くらい前まで憲法改正に触れた政治家が選挙で落選してたのさ。アホくさ。
「普通の国になれ」という主張は橋本内閣の頃から、産経を中心とするCSM系のメディアが散々叫んでいたこと。右翼でもない、左翼でもない。お金の問題。

まぁ、徐々に、日本国民もやられてきているがね。まぁ、あんたみたいなオバカチャンが多いからね。

>当たり前のことを当たり前に主張し、願っている。それだけのことだよ。

オバカチャンがいう場合は、子供が酒を飲みたいとかセックスしたいというのと同じで下らんのよ。それをやるとどういう問題に行き当たるかということを丸っきり考えない、というか考えられない。メディアが繰り返すから「皆が思っている」と勘違いして、「皆が思っていることは正しいの」と結論する。とどのつまり集団浅慮ですわな。で、あんさんのカキコミを改めて読み帰して欲しいのだけど、まんまこの集団浅慮に陥るオバカチャンたちの思考パターンなんですわ。気をつけなさい。


09. 2010年12月15日 16:52:16: EHpHpd0Ygk
>なぜほぼ十年くらい前まで憲法改正に触れた政治家が選挙で落選してたのさ

憲法改正、9条撤廃とかいうのは、いうまでもなく戦後日本のタブーである。
日教組、サヨクが蔓延した日本ではまるでモグラ叩きのように反射的に
「それは右翼でダメなこと」と切り捨てられる考えだときまっていたのだ。

まともな日本人は、そういうサヨクの言い分こそが異常で非現実だということを
知っているので、胸をはって「核装備にYes,弱体憲法にNo」をいえるわけだ。

まさか、お前は、日本人の大多数がまともな見識をもつ大人だとか思っている
んじゃなかろうな。コノ前もいったが、北朝鮮は独裁国家で異常、この国は
一応の自由と民主主義があるようにみえながらの異常なんだ。

そもそもお前は議論ができていない。もし9条撤廃に問題があるというのなら、その議論をもってこい。具体的な極東政治や軍事、商業からの懸念でもいいし、道徳論や倫理論でもかまわん。戦いを回避するな、間違ってもいいから、お前のできる限りの論議をぶつけてみろ。心配しなくてもお前のレベルを本気で潰したりしないから、俺は。



10. 2010年12月15日 18:25:59: fhqMEypoT6
ここでちょっと議論の為に軍隊と憲法の事をおさらいさせて頂きます。

戦争がなくならないのは、何で?、るいネット(米国の煩悩が原因であり、日本文明にはそれを解脱させる力と智恵があります)
http://www.asyura2.com/10/warb6/msg/891.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2010 年 12 月 15 日 12:24:42: 4sIKljvd9SgGs

世界に日本しかないとする。その場合、軍隊というものは、ないと生活が困るものではない。
軍隊の銃口の矛先は明らかに被支配層には国民にしか向かないから不要な存在となる。
元々軍隊の起源は外敵からの防衛だけでなく、支配維持の為の装置でもあった。
軍隊とは仙石の言う暴力装置であったのだ。軍隊の暴力は確かに戦前は先進国でも被支配層に向けられた。
アメリカでも日本でもフランスでもこのような事はあったのである。
光州事件、天安門事件、スペイン内戦、中南米のクーデター。
これらにおいて軍隊はまさに階級的に支配層に忠実な暴力装置以外の何者でもない働きをした。
日本は戦後民主化した。戦時中は政府批判をする者は非国民と呼ばれ、
強制的に軍に召集され、兵隊は援護もなく見殺しに近い形で死んでいったが、
そういう事からは免れるようになった。
では、軍隊の必要はなくなったのか?
ここで朝鮮戦争が起きた時に警察予備隊が発足し、更に保安隊、自衛隊を改称されました。
ところが、この時に日本は西ドイツやイタリアみたいに軍隊とは言わなかった。
憲法を改正しなかった。安保条約、防衛庁設置法、自衛隊法は出来たのに、
この時、憲法は改正しなかった。この時に憲法は変えなかったので、後で80年代に
社会党は違憲合法論とか言って誤魔化すような訳の分からんことを言うようになった。
とにかく自衛隊は専守防衛の機関であり、軍隊ではない・・
戦車に見えるが、あれは特車というのだそうだ。
まあ、我々庶民にとっては形式やから、どうでもええ事やけどね。
いや、しかしあれを軍隊ではなく自衛隊とするから逆に扱いが難しくなった。
今まで仮に自衛隊が憲法違反だとかないとかで日常に困った事はないのだが、
あのままソ連や北朝鮮や中国が攻め込んできた場合、自衛隊を動かすとなると
それこそ違憲というか超法規的な措置になってきたりしないだろうかという懸念はある。
この議論は本来、50年から54年の間にすべき議論であったのだが。つづく


11. 2010年12月15日 19:45:33: fhqMEypoT6
「軍隊に大権を持たせるとロクな事がない。
憲法は国の最高法規だから、違憲状態には目をつぶって現状維持でいこう」
これがニュー社会党の違憲合法論の背景にある考えだろう。
そして、社共とも段々共産圏への幻想がぶっ潰れて、
ひどい状態が明らかになるつれ、違憲合法論に傾いていった。
もはや今更憲法を改正すると言い出す場合には、
権力側が更に大権を持ちたい場合だろうと言う予想である。
権力に対する不信が護憲の背景にはある。
現実問題として隣国との戦闘状態に入った場合、自衛隊の存在は宙ぶらりんになる。
隣国の軍隊が廃絶されてない以上、日本の自衛隊、安保条約だけなくせるだろうか?
現時点で憲法を改正するのは外交的には隣国との緊張を高める事にしかならないだろう。
また、内政的には憲法改正を期に戦中のように軍閥の発言権が増す可能性もある。
しかるに改憲をタブー視すると自衛隊の身動きが取れなくなる面もある。
故に自衛隊の憲法に関する位置付けは隣国の外交・軍事状況なども見つつ、
綿密に論じていく必要があると思う。
例えば、今の違憲合法的な状況であると、かえって外交・軍事面が米国主導で
日本は主体的に動けない側面もあるからだ。

12. metola 2010年12月16日 00:10:29: XbEFO1BzdtcZo : SXC03jrRqg
>>9
おやおや、臆病者はユーザー名を忘れましたかw
だいたい、最初のころの日本人がどうとか、田舎者がどうとかという話題と関係ねぇじゃねぇかよ。逃げるのはうまいねぇ。

で、見てもわかるように、わしは護憲でも平和主義でもないよ。オバカチャンが知ったかぶりでやるとろくなことにならん。国際連盟を脱会させた九州人を批判するわりには、国際法を理解していないと推定されるお前が改憲すべきというから、それは出来ない相談だと書いている。

現状では日本の自衛隊は憲法上で文言上は「何の制限もない」武力になってしまうから、いつかは改憲はせねばならん。とはいえ、日本を巻き込んで戦争をしたい輩がウヨウヨいる今は改憲議論は賢いことではない。ただ、繰り返すけれども、憲法9条に関していえば、その規定ぶりはとくに日本政府を縛るものではなくて、単に発語の力で武力の「所持」を抑止しているに過ぎない。逃げ道はいくらでもある。こういう憲法の危ういバランス感覚からわかるように、お前のような単純で無知なオバカチャンと違って、戦後政権はある意味賢かったわけよ。もちろん、悪い一面もあるから褒めはしないがな。


13. 2010年12月16日 16:47:50: EHpHpd0Ygk
>12

いやいやお前にも他人の無知を指摘する権利はある。それは認める。
ただ、その具体的な内容が伝わってこない、なぜならお前が
言わないからだ。

国際法?はあw?いや、それもお前に議論する権利はあるだろう。それは認める。
だからさ、具体的に何について議論したいのか、それをはっきりさせて
もってこいっていってるんだ。国際法でも、まあこの際、ヘブライ法でも
蓮舫でもいいよ。はったり半分でもいいから、お前の持っている全てをぶつけて
みろ。どんなボロボロのゴミカスであろうと、俺がちゃんと拾えるところは拾ってやる。失敗をおそれずに、胸をはって向かっていけ。



14. metola 2010年12月16日 21:39:01: XbEFO1BzdtcZo : AOGYIBiaas
具体的に「読めない」のはおまえさんの知能の問題。お話になりまへん。

>。ヨ核装備にYes,弱体憲法にNo」をいえるわけだ
何が言いたいんだかサッパリでんな〜(笑)


15. 2010年12月17日 08:56:45: EHpHpd0Ygk

一番上で、あなたの書いたオリジナルの投稿はいろんな意味で雑なんだが、まだましな内容だったと思う。はったりははったりでいいから、ああやって言いたいことを表現したほうがまだいい。ネットでかく恥を怖れてどうするんだ?他人から突っ込まれると、あなたの場合はどんどん殻に閉じこもって現実逃避をはじめるようだ。

あなたを見ていると、まるで日本そのものだ。いい加減、武装をして前進してみろ。傷つくことをおそれるな。どの道、私にはかなうわけがないのだから、せめて自分のベストをだして砕けてみろ。そこからあなたの成長がはじまるのだ。


16. metola 2010年12月24日 08:00:04: XbEFO1BzdtcZo : BG18oLJ59U
>他人から突っ込まれると、あなたの場合はどんどん殻に閉じこもって現実逃避をはじめるようだ。

↓が正しい
「バカなコメントを見ていると、どんどん相手にするのもバカバカしくなってしまうようだ」


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧