★阿修羅♪ > 議論30 > 501.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国家財政が破綻するほどの賠償額になる!/小出裕章
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/501.html
投稿者 仁王像 日時 2011 年 10 月 01 日 13:03:10: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: 〔悪魔思想6〕原爆とそれから派生した原発は、世界権力が発意し全世界を舞台に壮大な仕掛けを展開・演出し推進してきた 投稿者 仁王像 日時 2011 年 10 月 01 日 08:37:51)

 『原発はいらない』小出裕章/幻冬舎新書‘11年から抜粋

<国家財政が破綻するほどの賠償額になる!>
・東京電力に賠償をきちんとさせるという意見は政治家にも強いようですが、本当の被害額は、東電が何度倒産しても間に合わない規模になります。日本国が破産覚悟の賠償をしても、まかない切れないかもしれません。
 事態がそれほど深刻であることを、多くの日本人はいまだ気づいていないように、私には見えます。(p218)

・原発は電力会社にとってコスト的に見合うものではありません。そこで地域独占と絶対に利益が出る料金体系で、大甘の「飴」を用意して、電力会社に「作らせた」のです。だからこそ電力会社はこれまで、競って原発を建設してきました。(p100)

<原発推進派も反原発派も心配している研究者不足>
・1960年代から70年代初めにかけて、全国7つの旧帝大系国立大には、「原子力工学科」や「原子核工学科」が設けられていました。原子力ないし原子力発電を推進するのは国策でしたから、その専門家を養成する役割を、全国の7つの国大が引き受けていたわけです。
 けれども世界はその時すでに、原発から撤退をはじめようとしていました。米国では1974年、ヨーロッパでは1977をピークに原発は減り始めていくのです。
 学生は敏感ですから、原発には夢も希望もないと感じれば学ぼうとは思わない。その傾向はずっと続いていて、今では7国立大学から、原子力に関する学部や学科はすべてなくなってしまいました。原子力の研究者を養成することに関しては、私は賛成です。私は原発廃絶のためと立場は正反対ですが、いずれの立場でも、研究者不足は深刻な問題なのです。(p177)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月20日 18:43:00: tXeRGquu5w
小出はいいかげんなことばかり言っている。

「けれども世界はその時すでに、原発から撤退をはじめようとしていました。米国では1974年、ヨーロッパでは1977をピークに原発は減り始めていくのです。」

これは嘘。

http://www.enecho.meti.go.jp/topics/hakusho/2010energyhtml/2-2-2.html

【第222-4-2】原子力発電設備容量(運転中)の推移

1951年、世界初の原子力発電がアメリカで開始されて以来、二度のオイルショックを追い風として世界各国で原子力発電の開発が積極的に進められてきましたが、1980年代後半からは世界的に原子力発電設備容量の伸びが低くなっています。

しかし、近年多くの国で原子力見直しの気運が高まっており、アジア地域では、着実に原子力発電設備容量が増加しています。2009年年初現在、日本で4基、中国では13基、韓国で6基の原子力発電所が建設中であり、更に、日本で12基、中国で13基、韓国で2基の建設が計画中である等、アジアでは原子力開発が今後も堅調に進展していくと思われます。

原子力開発が順調に進んでいるアジア地域だけでなく、原子力発電所の新規建設が少ない欧米地域においても、出力増強や設備利用率の向上によって、発電電力量は増加傾向にあります。

↑これが本当のこと。まあ、これは震災前の報告だけど。

日本では今後原子力開発にブレーキがかかるかもしれない。

世界全体で見れば、原子力開発を進めていこうとしている国の政策はほとんど変わっていない。

ドイツなど一部に例外はあるが。

アメリカ、カナダ、フランス、イギリス、スペイン、スウェーデン、フィンランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ロシア、ウクライナ、中国、台湾、韓国、インド、南アフリカ、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ等、原発を運転している国のほとんどは、原発維持であり、脱原発にはなっていない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧