★阿修羅♪ > 議論30 > 595.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「控訴の条件」
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/595.html
投稿者 カッサンドラ 日時 2012 年 5 月 04 日 00:30:20: Ais6UB4YIFV7c
 

 被告の犯罪を立証するのは原告側である。普通は検察側であり、今回の裁判では指定弁護士側である。1審の判決の結果を踏まえて控訴する場合、被告側と原告側で条件はまったく同じであろうか?


 1審の判決が有罪になった場合は、被告側が控訴する。これは判決の内容に不服があるから再度高等裁判所で争いたいとの思いからであり、いわば裁判長の見解に異を唱える行為である。始めにも言ったが犯罪を立証するのは検察側であり、証拠の大半は検察が所持している。守勢の被告側としては「判断」を裁判長を替えて再考を促すために控訴すると考えられる。


 1審の判決が無罪になった場合は、原告側が控訴する。この場合1審で手持ちの証拠類をもって全力で犯罪を立証してそれでも無罪と判断されたのだから、控訴するからにはさらに強力な証拠が必要となる。同じ手持ちの証拠しかなければ、同じ判決が繰り返されるだけである。検察が原告側なら、再度捜査を行って新たな証拠を得ることも可能であろう。


 では指定弁護士の場合はどうか? 指定弁護士も検察官の役目を担うが、捜査権は本物の検察官に嘱託しなければならない。検察がもし捜査に非協力的であったなら、指定弁護士は立ち往生する。また今回のように検察自体に火がついているときに、積極的な協力は望むべくもない。


 指定弁護士は新たな証拠を引っさげて控訴できるだろうか? 私は無理だと思う。ほとんどの言い分を認めてもらっても有罪にはできなかったのだ。これ以上どんな新証拠が出てくるというのだ。


《検察審査会法》
第41条の9
3 指定弁護士は、起訴議決に係る事件について、次条の規定により公訴を提起し、及びその公訴の維持をするため、検察官の職務を行う。ただし、検察事務官及び司法警察職員に対する捜査の指揮は、検察官に嘱託してこれをしなければならない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧