★阿修羅♪ > 議論30 > 791.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: ボウマン対モンサント社:インディアナ州の農業経営者 最高裁で食糧供給路の企業支配と対峙
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/791.html
投稿者 グッキー 日時 2013 年 2 月 22 日 21:22:11: Cbr3d6O9vj7Mc
 

(回答先: 地球は誰のものか??? 投稿者 グッキー 日時 2013 年 2 月 19 日 02:54:12)

ボウマン対モンサント社:インディアナ州の農業経営者 最高裁で食糧供給路の企業支配と対峙
http://democracynow.jp/


2月第3週、最高裁では、旧約聖書のデヴィッド対ゴリアテの闘いになぞらえられる審理が始まりました。インディアナ州の75歳 の農業経営者が、世界最大規模の種子企業モンサント社に挑んでいる裁判です。この争議は、大豆農家を営むヴァーノン・ボウマンが、通常 家畜飼料として使われる無印の混合種子を購入し植えたことから始まりました。生えてきた植物の中に、除草剤に対する耐性の遺伝性質をもち、広く栽培されている、モンサントが特許を独占しラウンドアップ・レ ディ(Roundup Ready)という名で知られる種が含まれていたのです。モンサント社はボウマンが、同社の技術を勝手に対価を払う ことなく使用したと非難しました。農家との契約において、モンサント社はラウンドアップ・レディ種の大豆の独占供給権を持つことになっています。同社は ボウマンを特許権侵害で訴えました。この裁判について、団体「種を救おう」(Save Our Seeds)のプログラム責任者であり、また別の団体「食の安全センター」(Center for Food Safety)の国際部長でもあるデビー・バーカーに話を聞きます。
-------------

DNAまで権利を設定するとは腹立たしい限りだ。
これではそのうち空気にまで権利を設定するかも
−−−−−−−
マイケル・ポーランが語る遺伝子組み換え産業による食の支配─遺伝子組み換え食品の表示をめぐって
http://democracynow.jp/video/20121024-2

マイケル・ポーランが語る遺伝子組み換え産業による食の支配─ニューヨーク市の甘味料入り清涼飲料水販売規制をめぐって
http://democracynow.jp/video/20121024-3
ーーーーーーーーーーー

遺伝子組み換え穀物に
放射能食品や
地溝油

安心して食べられるものが無い
人間の強欲の果てか
シバ神が活躍する分けです。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧