★阿修羅♪ > 議論30 > 855.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米、反体制派に武器支援へ=シリア政権の化学兵器使用認定−100〜150人死亡(プロパガンダ?)
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/855.html
投稿者 グッキー 日時 2013 年 6 月 14 日 22:22:59: Cbr3d6O9vj7Mc
 

米、反体制派に武器支援へ=シリア政権の化学兵器使用認定−100〜150人死亡
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013061400067&rel=&g=
シリア北部の都市アレッポ市街=シリア反体制派が運営するシャーム・ニューズ・ネットワーク提供(AFP=時事)
 【ワシントン時事】ローズ米大統領副補佐官(戦略広報担当)は13日、電話で記者会見し、シリアのアサド政権が反体制派に対して神経ガス・サリンを含む化学兵器を使用したと結論付けたことを明らかにした。100〜150人が死亡したと推定される。米メディアによれば、オバマ大統領はこれを受け、反体制派への武器供与を含む支援の拡大を決めた。
 アサド政権が「レッドライン」(越えてはならない一線)を越えたことを明確にし、17日からの主要国首脳会議(サミット)などの場で国際社会の一層の対応を強く迫る狙いがある。
 アサド政権による化学兵器の使用は、政権高官が使用を計画していたことや時間、場所、攻撃手段、被害者の状況などに関する情報を基に結論付けた。過去1年間に北部のアレッポ内外で使用されたとみられている。
 ローズ補佐官は、オバマ大統領が反体制派に対する軍事を含む直接支援の拡充を決めたと明言。ただし具体的な内容については言及を避けたほか、飛行禁止空域の設定など軍事作戦は「決定していない」と述べた。米メディアによれば、小火器や弾薬などが供与される見通しだ。(2013/06/14-12:34)
ーーーーーーーーーーーーーー

化学兵器使用「うそ」=米国の主張に反論―シリア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130614-00000185-jij-m_est
時事通信 6月14日(金)20時33分配信
 【ダマスカスAFP=時事】シリア外務省当局者は14日、アサド政権による反体制派への化学兵器使用をオバマ米政権が断定したことに対し、「捏造(ねつぞう)された情報を基にしたうそだ」と反論した。国営シリア・アラブ通信が伝えた。
ーーーーーーーーーー

シリア化学兵器使用は「捏造」=米の武器支援けん制−ロシア
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013061400701&rel=&g=
 【モスクワ時事】ロシアのプシコフ下院外交委員長は14日、シリアのアサド政権が反体制派に化学兵器を使用したと米国が結論付けたことについて、「でっち上げだ」と真っ向から反論し、反体制派への武器支援決定をけん制した。自身のツイッターに記した。(2013/06/14-21:35)
ーーーーーーーーーーー

たいへんきな臭い状況に成ってきた。
フランス、イギリスに続いてアメリカまでシリア政府が化学兵器を使ったと
結論し、反政府軍への武器援助を決定した。

反政府軍が鎮圧されそうなことへの焦りか。
科学兵器を使ったということなら、当然、軍事介入まで行くのでしょう。

しかし証拠成るものは何も提示されていない。
国連のデル・ポンテ調査官は反政府軍が化学兵器を使った証拠を確認したと
言っている。
少なくとも安保理の場でロシア、中国を納得させる証拠を提示できなければ、
単なるプロパガンダでしょう。
世界の市民への何の証拠の提示も無い。

しかも最近になって突然、シリア政府軍が子供を前線で盾に使っている
などという報道まで出てきた。
そんなつまらなくて最大限の批判を浴びることをするとは思えません。
もはや軍事介入をするつもりで、シリア政府を悪逆政府と印象付けしようと
しているとしか思えません。

シリアに軍事介入したら、世界はたいへんたいへんきな臭い状態に成ります。
次はイランということが目に見えているからです。
ーーーーーーーーーーーーー

化学兵器使用、絶対認めぬ=菅官房長官
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013061400322&rel=&g=
 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、シリアのアサド政権が反体制派に対して化学兵器を使用したと米政府が結論付けたことについて「いかなる状況にあっても化学兵器の使用は絶対に認められない。さまざまな外交ルートを使ってしっかり主張していきたい」と述べた。反体制派への支援に関しては「人道的支援をしっかりと行っていきたい」
と語った。 (2013/06/14-11:04)
ーーーーーーーー

日本政府は相変わらず金魚の糞  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. グッキー 2013年6月16日 22:56:00 : Cbr3d6O9vj7Mc : OIxNYWfJog
米国、イラク製化学兵器のシナリオはシリア向け?
http://japanese.ruvr.ru/2013_06_14/115810852/
米国はシリアの武装戦闘員に対し武器輸出を開始した。ベン・ロドス大統領副参事官国家安全保障担当によれば、シリアのアサド体制が反体制派に対する化学兵器の使用を決めたことへの報復措置として、オバマ大統領はこうした措置をとった。この声明では米国中央情報局(CIA)によって、シリア政府軍が今年3月サリンを使用する化学兵器を用いた証拠を提出された様子が伺える。
ホワイトハウスの声明には、この証拠は武装戦闘員の声明および分析を元に集められたとかかれている。それでも米政府は「分析のポジティブな結果から、市民がサリンの影響をこうむったことがうかがえるが、いつ、どこで、誰がこれを使用し、それに対する責任を負うかは確定できない」ことを認めている。ロドス大統領副参事官の声明では、CIAの集めた証拠はすでにロシア側に渡されており、このテーマについては北アイルランドで6月17−18日に開催されるG8サミットの場で取り上げられる。

サリンが使用された可能性があったのは3月。反体制派は、アサド大統領の政府軍が化学兵器を使ったと主張した。ところが5月末、トルコの特務班がシリアとの国境付近で12人の武装戦闘員を拘束したところ、この者らが運んでいたコンテナーからサリンが発見されている。

ラヴロフ外相はこの事実を国連の力で入念に、中立的立場で調査するようほかに先駆けて要求した。ところが後に外相は、この調査はシリア反体制派を支持する西側の圧力で事実上打ち切られてしまったことを確認している。セルゲイ・ラヴロフ外相は5月31日に開かれたモスクワの記者会見で次のように語っている。

「われわれは再三にわたってこのテーマの周辺にはさまざまな扇動がありうると警告しており、だからこそ化学兵器の使用に関するあらゆる証言を入念に調査し、アレッポ郊外で起きた事件を究明するため、専門家グループを派遣してほしいというシリア政府の要請を支持するよう強要してきた。

国連本部は政治ゲームに翻弄され、この要請に具体的かつ迅速にこたえることができず、われわれの見方からすると根拠の欠いた条件を推し進め、それによって事件直後の調査を行う使節団が派遣されなかったことはきわめて遺憾だ。」

 ラヴロフ外相は、国連の後援するシリア人権侵害状況独立調査委員会のメンバーのカルラ・デリ・ポンテ氏について取り上げ、ポンテ氏は化学兵器を使用したのが武装急進派のほうであることを示す証拠をつかんだと数度にわたって警告していたと語っている。米国は過去に、イラクに大量破壊兵器があるとの虚偽の情報を利用したことがある。2003年、パウエル国務長官は国連安保理の場にまで乗り込んで、CIAがイラクで見つけた試験管には白い何らかの有害物質が入っていたと主張した。2011年、パウエル長官はロンドンのガーディアン紙からのインタビューに答えたなかで、これは虚偽であり、CIAと国防総省は十分に検証されていない情報を出したことを認めている。

 武器の供給に関していえば、ベン・ロドス大統領副参事官国家安全保障担当は、大量の武器が反体制派のシリア最高軍事会議とその首領であるサリム・イドリス将軍の采配にゆだねられるとして次のように語っている。

「現在、反体制派の最高軍事会議の強化およびそれにわれわれの連合国、パートナー国と協調して支援を行うことに尽力を傾けている。アサド体制は、反体制派の軍部隊への直接的支援を含め、米国が質、数の両面で支援を拡大していくことを理解せねばならない。」

 シリア反体制派へ供給される武器がどんなもので、それがいつになるかについては明確にされていない。だが、米国のプレスは、供給されるのは米国製の武器、弾薬、対戦車兵器になるだろうと書き立てている。おそらく供給はすでに開始されているものと思われる。アフガニスタン、イラクで米国は大量の武器を備蓄した。飛行禁止区域の指定についてはまだ確定ではなく、反体制派への高射砲の供給についてもこれと同じ状況だ。ただしロドス大統領副参事官国家安全保障担当は、北アイルランドのG8で討論が行われた後、米大統領は新たな決定を取る可能性があることも示唆している。
-------------------

酷いなー
ロシアに提示された証拠成るもので、
証拠らしい証拠は何も無いじゃない。
反政府軍の証言と、サリンが誰かによって使用されたということだけ。
これで武器援助とか飛行禁止区域とかいうのはイラクの時にそっくり。

デル・ポンテ調査官は反政府軍が使った証拠が有ると言ってるし、
反政府軍のコンテナからサリンが見つかった。
動機も反政府軍に有るし反政府軍がサリンを使ったと
確定したようなものじゃない。

しかしイランの大統領は欧米との対話というローハーニー師、
ローハーニー師はシリア問題にどう対処するするつもりだろう。
サリンを使用したなんてもうガチンコになっているから
妥協の余地など無さそうだが。

エジプトのモルシはシリアと断交した。
スンニ派の突き上げか。
反政府軍がサリンを使ったなんてことに成ったら
悪逆テロリストを支援したということで、面目丸潰れに
成るだろうに。


サリンを使ったのは誰だ!!
これをはっきりさせなければ
サリンを使ったものは生き残れない。
それを支援したものも。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧