★阿修羅♪ > エネルギー2 > 642.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“地熱”規制緩和 反対意見相次ぐ
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/642.html
投稿者 taked4700 日時 2012 年 2 月 24 日 21:37:51: 9XFNe/BiX575U
 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120224/k10013263471000.html

“地熱”規制緩和 反対意見相次ぐ

2月24日 16時17分 動画あり

“地熱”規制緩和 反対意見相次ぐ
K10032634711_1202241709_1202241711

地熱発電を推進するため、環境省は、資源の多く集まる国立公園などの一部の地域での開発について規制緩和を検討していますが、24日、都内で開かれた自然保護団体などとの意見交換会では反対の声が相次ぎ、環境省は、こうした意見も踏まえ、来月中に規制緩和の指針を取りまとめることにしています。

地熱発電は、地下深くにある高温の蒸気や熱水を取り出して発電するもので、環境省は、資源が豊富な国立公園と国定公園の一部の地域については、公園の外などから斜めに井戸を掘ることを、条件付きで認めるなどの規制緩和を検討しています。
しかし、自然保護団体や温泉事業者から反対の声が出されているため、環境省は24日、こうした団体との意見交換会を都内で開きました。
この中では、「国立公園などは地中の部分も含めて保護すべきだ」とか、「開発が進むと、温泉の量や泉質に影響が出るおそれがある」といった意見が相次ぎました。
このうち、日本自然保護協会の辻村千尋さんは、「自然公園はもともと自然を守るために設定されたもので、十分な議論がないままの規制緩和には反対だ」と話しています。
環境省は、こうした意見も踏まえ、来月中に規制緩和の指針を取りまとめ、各都道府県に通知する方針です。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2012年2月24日 21:49:12 : 9XFNe/BiX575U : LMzaIKcOqk
疑問なのは、温泉業者や自然保護団体に対して、環境省が地熱技術の実際についてどの程度説明したのかだ。「十分な議論がないままの規制緩和」という反対意見が出されているところを見ると、ほとんど現実の地熱技術について説明をしていないのではと思えてくる。わざわざ反対意見を出させて規制緩和をやらないのではないだろうか。ただでさえ不十分な規制緩和を、それさえもやらないとなれば、環境省はまさしく売国省だ。細野大臣はいったい何をやっているのか。

02. 2012年2月26日 08:54:23 : ZJrdqRMEkc
経産省は業界の利益を代弁する。ここの言うとおりにやれば地熱は第二の原発になる。
環境省が環境保全を旗印に開発阻止を言うのは、官僚機構内での発言力増大を狙っている。小出しに許可することで効果は更に大きくなる。だからとりあえず反対意見を集約しているだけ、勿体をつけて許可することで利権にすることができる。最終的には環境省主体で開発を進めたい。
どっちもどっちだよ。

03. taked4700 2012年2月27日 13:51:56 : 9XFNe/BiX575U : z97dB3mooM
>>02

>勿体をつけて許可する

そんなことをやっている間に時間がどんどんたってしまいます。ただでさえ時間のかかる地熱開発。間に合わずに告ぎの原発震災が起こってしまったり、または財政破綻が現実化してしまうと思います。


04. 蒲田の富士山 2012年3月03日 21:28:04 : OoIP2Z8mrhxx6 : ctV6CIzWJk
小田急が、箱根で地熱発電。
東武鉄道が、鬼怒川で地熱発電。
そんな実績が積みあがったなら、あ、電車が地熱で動いている、と誰の目にも明らかになる。
国が後押ししないとだめかもしれないが、「私鉄じゃあね」かもしれないが、やらなきゃ。
原発に頼りきるのは、「親方日の丸」の思想である。
もう、親方はいない。

05. taked4700 2012年3月04日 09:54:05 : 9XFNe/BiX575U : 3R1X3eBr0o
http://news.tbs.co.jp/20120224/newseye/tbs_newseye4961322.html
最終更新:2012年2月25日(土) 1時48分
「地熱」規制緩和、慎重な意見相次ぐ


 脱原発の動きの中、環境省は地熱発電の開発について規制を緩和する方針ですが、24日の意見聴取の会では、温泉事業者などから慎重な意見も相次ぎました。開発の有力な候補地、福島でも不安の声が上がっています。

 豊かな温泉が日本の風景を彩ります。日本は世界有数の火山国で、世界3位の地熱資源があるとされています。環境省は24日、自然保護団体や温泉事業者から地熱開発に関し意見を聞きました。

 「地熱開発に対して忌憚のない意見をいただく・・・」(東京農大教授・熊谷洋一座長)

 環境省が、脱原発依存を支える柱の1つとして考えているのが地熱開発です。この地熱発電の普及がこれまで進まなかった背景の1つには、地熱資源の8割が国立や国定公園の中にあり、景観保全などの理由で開発が規制されてきたことがあります。しかし、環境省はその規制を見直す検討をしているのです。

 地熱開発の促進を目的とする協議会は、大震災からの復興の観点から東北6県の開発有望地区を調査。最大74万キロワットの新規開発が可能との推計を発表しています。しかし、24日の意見交換会では、自然保護団体が環境の保全を求めたほか、温泉事業者からも新規開発は慎重に進めるべきとの声が相次ぎました。

 「近い将来に、ものすごい影響がひょっとするとあるかもしれない・・・。疑問符のついた技術で今、拙速にやるべきでない・・・」(福島県温泉協会・佐藤好億会長)

 青と白のコントラストが交わるように蒸気が舞い上がります。ここ福島県・新野地温泉は、安達太良山のふもと、標高1200メートルに位置します。この旅館の自慢は、白濁した見晴らしの良い露天風呂です。

 実はこの盤梯地域、東北地方の新規地熱開発で潜在能力が高いとされている場所でもあります。地熱発電は、地中深くの熱水をくみ上げ、その蒸気でタービンを回し発電する仕組みです。くみ上げた熱水のおよそ8割は、井戸を通じ再び地中に戻されるといいます。

 「発電所自体は大きな技術的な課題はない。どのように環境に調和した作り方をするかが今後の協議事項」(富士電機・地熱発電担当部長 山田茂登氏)

 しかし、旅館を営む相模さんは、地熱発電への不安を口にします。
 「原発(事故)でお客さんいない。宿屋さんも閉鎖していない。蒸気も出なくなったらどうしよう」(相模屋旅館・相模龍明社長)

 「地熱発電により、温泉が出なくなるのでは」との声があるのも事実です。
 「お湯の成分が違ってきて、濁らない温泉になるかもしれない」(相模屋旅館・相模龍明社長)

 50年続く旅館の2代目としての想いがよぎります。
 「この温泉を孫ひ孫、それまでずっと。私の代で終わらせたくない」(相模屋旅館・相模龍明社長)

 同じ盤梯地域にある温泉地でも不安を口にする一方で、期待する声もあります。
 「もともと小さい温泉地。知名度のアップに伴ってお客さんがたくさん来てもらえればと」(田村屋旅館・渡部恒一郎社長)

 不安と期待が入り混じる福島県の温泉地。24日の意見交換会に参加した福島県温泉協会の佐藤会長はこう話します。

 「(原発が)安全安心だといって誰も疑わなかった。何か事故があれば、福島県そのものが被害を被る」(福島県温泉協会・佐藤好億会長)

 2010年には、宮城県の鬼首地熱発電所で水蒸気が噴出し、作業員2人が死傷する事故も起きています。地熱発電は本当に安全で安心なのでしょうか。議論が十分でないまま、開発が加速することへの懸念もあります。

 「原発がダメなら地熱があるじゃないかというのには、あまりにも移行の期間が短絡的すぎる。もう少し慎重であってほしいなと。何が何でも全部ダメと申し上げているわけではない」(福島県温泉協会・佐藤好億会長)

 環境省は、3月中に規制緩和の指針を取りまとめる方針です。(24日22:44)


06. harahorehirehara 2012年3月05日 11:43:18 : UrfurLbtNaUVw : G3UdYLyhsI
地中深く掘り下げれば、地球上どこでも地熱を利用できることはわかっているので、技術と安全面の高さがまだそこまで習熟していないのでしょう。しかし、研究は日々進歩しているのでいつかは世界中で地熱を利用できるようになるかもしれません。

07. 2012年3月18日 16:19:25 : tayi2Me5zz
フィリピンでは、地熱発電が多いらしい。
その辺の事は、「自遊人」と云う雑誌に書いてある。
抜粋〉
1986年チェルノブイリ事故が発生
その直後の4月30日就任したばかりの
コラソン・アキノ大統領は、
パタアン原子力発電所の廃止を決めました。
原発廃止後のフィリピンは、
停電に悩まされながらも
各地で地熱発電所の建設を推進。
現在では、世界第2位の地熱発電国になっている。

08. 2012年4月29日 11:56:19 : OJNSj4m5pU
自然保護団体とかが原発に反対していたら、原発は作られなかったわけですね。
ぜひ自然保護団体の皆さんに原発に反対してほしいものです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > エネルギー2掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > エネルギー2掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧