★阿修羅♪ > 芸能ニュース等2 > 499.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
本人の強い意思があったとしても、それを許可した運営側や秋元康の判断に対する違和感、嫌悪感は拭えない。アイドルの「枕営業」
http://www.asyura2.com/09/geinou2/msg/499.html
投稿者 TORA 日時 2013 年 2 月 05 日 14:59:28: GZSz.C7aK2zXo
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu281.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
本人の強い意思があったとしても、それを許可した運営側や秋元康の判断
に対する違和感、嫌悪感は拭えない。アイドルの「枕営業」は芸能界の常識

2013年2月5日 火曜日

AKB48の峯岸みなみ

◆AKB48峯岸みなみ坊主謝罪問題に「正義」はあったか? 「文化」と「女性の尊厳」から考える 2月5日 竹井善昭
http://diamond.jp/articles/-/31497

AKB48の峯岸みなみが「お泊まりデート報道」に絡み、丸坊主になって謝罪した件で、ネットでも議論が噴出している。この議論、当然のことながらファンとそうでない人間では議論が分かれるが、好感を持ってこの謝罪を受けて入れている一般人は少ない。ほとんどの人が感じるのは、峯岸みなみの誠意ではなく「違和感」だ。

?なぜ、アイドルである若い女性が謝罪のために髪を刈らなければならないのか? 坊主にする必要があるのか??そのような違和感を感じる人のほうが大多数だろう。違和感を感じる理由は何か??それは、日本には女性が謝罪する時に坊主になるという「文化」がないからだ。

日本における「謝罪の文化」とは?
?謝罪もまた文化である。謝罪とは文字通り、罪を犯したことを謝ることだが、「謝罪の行為」のなかに「たしかに、この人には謝罪の意思がある」ことを、謝罪された側の人間が理解する必要がある。そこに謝罪行為の文化的意味がある。

?かつての日本において、切腹がなぜ「謝罪行為」になっていたのか??それは日本に切腹の文化があったからで、仮に中世ヨーロッパ社会で日本人が何かの間違いを犯して、それでいきなり切腹したとしても、切腹の文化がないヨーロッパ人には訳が分からなかったはずだ。つまり、謝罪の意思は何も伝わらなかったはずである。

?同様に、日本には「女性が坊主頭になる」という謝罪の文化はない。最近ではめっきり減ったが、男性にはその文化はある。仕事でしくじった若い男性社員が、坊主頭になって取引先に謝りに行くという光景は、少し前までの日本の企業社会ではよく見られた光景だ。

?だから今回、峯岸みなみが坊主頭になったことの意味は理解できる。しかし、それは男性の文化であり、女性の文化ではない。女性の文化として存在しない行為を、女性性(「性的なもの」のことではない)を売り物にしているアイドルがやる、あるいは多くの人が感じているように「やらされた」。そこに人は大きな違和感を感じるわけである。

女性が髪を刈ることの意味
?さらに言えば、その違和感の背景には大きな嫌悪感があると思う。今回の件では、峯岸みなみ本人が自分の意思で坊主頭になったことになっているが、それを信じている人は少ない。たとえ公式発表されているように本人からの申し出であったとしても、本人の強い意思があったとしても、それを許可した運営側や秋元康の判断に対する違和感、嫌悪感は拭えない。なぜか?

?それは、女性が髪を刈ることは、(欧米や日本など多くの社会においては)女性性を削ぎ取ることだからである。だから、女性性を排除する必要がある尼僧は髪を剃るし、映画『G.I.ジェーン』のなかで、主人公役のデミ・ムーアが丸坊主になったのも、軍隊においては女性性を排除する必要があるからだ。だからこそ、デミ・ムーアが髪を刈るシーンは、彼女の「強い兵士になる!?男には負けない!!」という強い意志の表現となり得るし、デミ・ムーアのこの映画にかける意気込みも伝わる。(中略)


事実、この事件が大きな社会問題になっているにもかかわらず、インドでは年が明けてからも集団レイプ事件が起こっている。しかも、今度はこともあろうに、バスに乗っていた女性を運転手と車掌がレイプ。さらに乗り合わせていた乗客もそれに加わったという。なぜこんなことが頻発するのか??それは、多くの途上国において、女性はレイプしても良いものになっているからだ。

?レイプに関しては、日本人の常識からはあまりにかけ離れた「常識」が多くの国でまかり通っている。集団レイプはあたりまえ。レイプ被害にあった女性が訴えた場合、レイプした男性と結婚しろという判決が出される国もある。それどころか、レイプ被害を警察に訴えに行ったら、そこの警官にレイプされ街中に放り出されることもある。つまり、女性はレイプしてもいいものであり、レイプしても警察からも逮捕されない、裁判になっても罪に問われない。そんな国が世界にはまだあるのだ。

?レイプだけではない。不要になった花嫁を焼き殺してもいい。夫や彼氏に逆らったり口答えしたりしたら、顔に塩酸をかけてもいい。結婚前の娘が彼氏と性的交渉をもったら、一家の名誉のために殺してもいい。信じられないかもしれないが、そんな恐ろしい常識が存在する国や地域もまだ多い。もちろん、それらは法律では禁じられている。しかし、人の行動は法律よりも文化の方が強い規範となる。だから、法律で禁じてもレイプや殺人を平気でやってしまう。

?一方、日本や欧米先進国にも、いまだに「ガラスの天井」があり、女性は男性との不平等と戦っている。しかし、多くの途上国で起きていることは、もっと根源的な女性の尊厳を奪う行為である。

2013年は女性の尊厳を考える年に
?今回の坊主謝罪問題についての議論は、実は「女性の尊厳」に関する議論である。その意味で今回の謝罪劇は、インドで起きた集団レイプ事件と同じ次元で議論されてもおかしくない問題である。嫌がる女性の髪を切ることは暴行罪にあたるのだ。

?ちなみに1944年、パリがナチス・ドイツ軍から解放されたとき、それまでナチスに協力していた女性やナチス相手に(売春など)の商売をしていた女性をパリ市民は取り囲み、丸坊主にした。では、なぜ髪を切ることが犯罪になるのか??なぜ髪を刈ることが、激しい憎悪をぶつける行為となるのか??それは、髪が女性の尊厳に結びついているからにほかならない。

?アイドルとは時代の象徴である。大きな事件もまた時代を象徴する。昨年、国連は途上国の少女支援の一環として、10月11日を「国際ガールズデー」と定めた。しかしその日から約2ヵ月後の12月16日、世界の大きな関心を生むレイプ事件がインドで起きた。さらに年が明けて日本では、トップ・アイドルグループのメンバーが、お泊まりデートというある意味でいかにも先進国の女の子らしい行動をきっかけに「坊主頭で謝罪」という事件を引き起こした。

?やはり今年は、「女性の尊厳を考える年」なのではないかと思う。僕自身もこの問題に対処すべく、途上国の少女支援プロジェクトを立ち上げる。その立ち上げ準備の最中に起きた、今回の坊主謝罪事件。アイドルというものが、その国の「文化」を象徴し、「時代」も象徴する存在であることを改めて痛感する機会となったことは間違いない。

(私のコメント)


1月14日の「株式日記」で「裏社会だけでなく表社会でも力を伸ばしている「関東連合」は、有力者に美人タレントやアイドル(AKB48?)をあてがうことで成長してきた側面がある。」と題して書きましたが、AKB48は「関東連合」のOBが代表としてなっていいる「office48」が関与している。秋元康も見るからに悪賢そうな風貌をしていますが、峯岸みなみを坊主にしてユーチューブで晒したのも秋元康の指示によるものだろう。

頭を坊主にして謝意を表すのは男の文化であり、峯岸みなみ自身が自分の意思でしたと言っているが、わざわざそう言う事自体が不自然だ。周りにはスタッフやメイクさんなどがいたと言うのに止めなかったと言うのもおかしい。これをユーチューブに晒したと言うのは世界に配信したと言う事であり、秋元康は何を考えているのだろうか?

若い女性アイドルに「恋愛禁止」と言うのも、AKB本人達が言っていることであり、秋元康が「恋愛禁止」を言えば人権侵害になる。もちろんこれは職業上のモラルであり、自由恋愛をしようが本人たちの勝手ですが、AKB自体のイメージダウンは避けられないから、他の真面目なメンバーにとってはやりきれない。最近でもHKTやNABでの「集団卒業」が発表されたりしていますが、両親などがAKBの悪い噂を気にして辞めさせているのだろう。

AKBのメンバーには「お泊り恋愛」の常習犯がいるのだろうし、峯岸みなみも単にばれてしまったに過ぎないのだろう。「恋愛禁止」を売り文句にしていながら本人達は「お泊り恋愛」に励んでいるとしたら、AKBのファンにとっては詐欺的商法になるのでしょうが、一生懸命CDを買ったりコンサートに通ったりしていますが、ばかばかしくならないのだろうか?

これがキャバクラ嬢だったら、「彼氏はいない」と言う言葉を信じて騙されても文句は言えませんが、アイドルは可愛いだけで歌もダンスも下手でもアイドルが成り立つのは、ファンにとっては仮想恋愛の相手だからだろう。だから歌が下手でもダンスが下手でも余計に身近な存在としてアイドルになれる。これが「毎日彼氏とやりまくっています」なんて言うアイドルがいるだろうか? 

これがアダルトビデオのアイドルだったら「お泊り恋愛」も何の問題も無い。現在ではアダルトビデオのアイドルもAKB48以上の可愛い子が続々とデビューしている。それがAKB48のメンバーと言うだけで連日テレビに出て高額なギャラを稼いでいる。前田敦子は4000万円、篠田麻里子は3800万円、板野友美は3500万円と、歌もダンスの下手なアイドルとしては破格の年収を稼いでいる。これでは峯岸みなみもAKBを辞めたくないと言うのも十分わかるだろう。

それなら秋元康の指示通りに、坊主になって涙ながらの謝罪をすればファン同情が集まって、スキャンダルもうやむやになると言う秋元康の計算があるのだろう。事実その通りになっている。秋元康のAKB商法とは金を出してCDを沢山買ってくれれば会えて握手も出来ると言う商法だ。これは昔からのアイドル商法ですがAKBはそれを露骨にやっている。

本来ならばAKBは「恋愛禁止」でファンを獲得しているのだから、職業上のモラルからは「お泊り恋愛」がばれれば辞めなければならない。今までも彼氏がいたことがばれて首になったメンバーがたくさんいる。今時の若い女の子に「恋愛禁止」や「お泊り恋愛」禁止など決めたところで守られるのだろうか? 峯岸みなみの一件はAKBを辞めずに済ませるにはそうするしかないと秋元康が計算したからに過ぎない。

竹井氏はそこに違和感を感じると指摘しているし、「それは、この坊主謝罪が本人のアイデアでも意志でもなく、プロデュースされたものだと感じられることだろう。では、この謝罪劇がプロデュースされたものだとしたら、なぜ人はそこに嫌悪感を感じるのか?」 女性が坊主になると言うのは尼さんになるくらいしかありませんが、それくらい髪の毛は女性のとっては命だ。あるいはそれが関東連合にとっての掟なのか?

1月14日にも書きましたが、AKB48の一部は、「関東連合元メンバー」が関与した事務所が売り出している。噂としてはオドロオドロしい事がありますが、スポンサーやテレビ局のお偉いさんを「枕営業」で落としていくのは関東連合がやりそうなことだ。芸能界と暴力団とはコインの裏表のような関係であり、きっても切り離せないようだ。

日本ではこのような事がセックススキャンダルとして大騒ぎになりますが、アジアの芸能界では女性タレントの人権などあって無きがごときであり、韓国では女優の自殺事件が後を絶たない。いわゆる「枕営業」させられたりする事が横行して、絶望のあまり死を選ぶのだろう。韓国からの従軍慰安婦問題や中国の「レイプオブ南京」など反日運動の材料として、韓国や中国の女性を強制的にレイプしたと国際問題化しようというのは、それだけ韓国や中国では女性はレイプ事件が絶えないからだろう。

韓国や中国でレイプ事件を告発しても事件にならないが、日本相手なら事件になるし謝罪や賠償も取れる。竹井氏の記事ではインドでは集団レイプ事件が頻発しているようですが、日本にはあまり伝わってこない。「レイプに関しては、日本人の常識からはあまりにかけ離れた「常識」が多くの国でまかり通っている。集団レイプはあたりまえ。レイプ被害にあった女性が訴えた場合、レイプした男性と結婚しろという判決が出される国もある。それどころか、レイプ被害を警察に訴えに行ったら、そこの警官にレイプされ街中に放り出されることもある。つまり、女性はレイプしてもいいものであり、レイプしても警察からも逮捕されない、裁判になっても罪に問われない。そんな国が世界にはまだあるのだ。」

韓国の従軍慰安婦問題は、本来は韓国国内の女性の人権問題なのですが、日本軍が強制連行したと騒げば日本政府が大きく取り上げてくれる。だから嘘を承知でアメリカや国連で女性人権問題として訴えられているのでしょうが、韓国政府に女性の人権問題を訴えたところでレイプ事件はありふれた事件であり、裁判になっても無罪放免にされてしまう。日本女性が一人で韓国に旅行してタクシーに乗ったらレイプされた事件がたくさんある。しかし韓国の警察に訴えても相手にしてくれないだろう。相手が日本なら従軍慰安婦だの集団暴行事件は事件になりますが、中国や韓国では女優の「枕営業」が今でも横行して、女優が自殺しても小さな記事になるだけだ。

K−POPアイドルでも事情は同じで、「枕営業」はありふれた事なのだろう。今日のニュースでもこんなのがありましたが事実なのだろうか? 芸能界の「枕営業」はアメリカでもヨーロッパでもあることであり、AKB48の峯岸みなみの「お泊り恋愛」は、本来ならばニュースにもならないことであり、芸能界にモラルを求めても、堅気の世界ではない事を認識していれば、今時のアイドル達に清純さを求めても意味が無い事を認識すべきだ。


◆韓国女性グループのT−ARA、中国での仕事に「ピル持参」発覚 ネット騒然―中国報道 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130204-00000035-xinhua-cn

中国のテレビ局、安徽衛視の春節(旧正月)大晦日の大型バラエティー番組の収録に参加するため、中国を訪れていた韓国人気女性グループ、T−ARA(ティアラ)をめぐって、中国国内のインターネット上で大きな騒動が起きている。T−ARAのメンバーにサインを求めたファンが、メンバーの落とした小さなバッグの中に韓国製の経口避妊薬(ピル)が入っていたことをネット上で暴露したのだ。ネットユーザーたちは韓国芸能界の「暗黙のルール」などについて盛んに議論している。環球時報が伝えた。

あるネットユーザーは、ピルを持ち歩くことは芸能事務所が強制しているもので、多くを疑う必要はないと指摘。また、ファンを抑え込みきれなかった安徽衛視の整備員の不手際が問題だとする声も上がった。

かつてある台湾のメディア関係者は、「韓国芸能界は競争が非常に厳しく、『練習生』や女優もさまざまな形で酒やベッドを共にするよう強いられることがある」と指摘した。表向き、彼女たちの暮らしは「寮、食事付き」だが、実際には寮は「接待の場」となっており、内部事情を知らない「練習生」や女優たちはその後の成長のために、さまざまな「暗黙のルール」に従うことを余儀なくされるという。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 中川隆 2013年4月24日 12:21:41 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

枕営業を断るとどうなるのか:


欧米のポルノは何故日本のAVに敵わないのか _ やまぐちりこがAVに出演させられた理由とは
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/325.html

牧野田 彩(AYA)が AV に出演させられた理由とは
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/755.html

被差別部落出身の有名人は?_ あべ静江が結婚できなかった理由とは
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/860.html



02. 中川隆 2013年5月06日 00:21:52 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6
語られ始めた皇太子「退位論」_ 柏原芳恵バイブ事件の黒幕は?
http://www.asyura2.com/12/social9/msg/352.html


03. 2013年5月17日 15:02:50 : txKoq6KBVw
従軍慰安婦とAKBとは関係ない。
韓国の芸能界と差別化したいなら韓国みたいなことをするなとストレートに秋元に抗議すべき。


04. 2013年8月19日 02:22:38 : p4lGyf9cBM

少女たちが画面で踊る姿は、まさにバンコクや香港の飾り窓の女ですね。

肢体を見られて喜ぶ女の習性、それを利用した大掛かりなセックス産業が

AKB48とかNMB48なんだろうね。若い性をむさぼるのは勝ち組だけ。

いい世の中になったもんだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 芸能ニュース等2掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 芸能ニュース等2掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧