★阿修羅♪ > 芸能ニュース等2 > 515.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マイケル・ジャクソン「すべての不公正について話すためにここにいます」忘れられないスピーチ映像 「メディアは真実を話さない
http://www.asyura2.com/09/geinou2/msg/515.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2013 年 6 月 05 日 05:51:10: KqrEdYmDwf7cM
 

マイケル・ジャクソン「すべての不公正について話すためにここにいます」忘れられないスピーチ映像

http://japan.digitaldj-network.com/articles/10052.html

「メディアは真実を話さない。彼らは嘘つきだ。」

2002年7月9日、ニューヨークのハーレムにあるNational Action Network でマイケル・ジャクソンが行った人種差別に対するスピーチ「皆さんはそれを知らなければならない。」。

以前このサイトでも紹介しましたが、偶然その場に居合わせたファンによって撮影された映像を@mll1eさんのRTで知ったのでここに紹介します。

大きな愛で語られながらも、激しい怒りと情熱を含んだ歴史的な言葉たちが、どんな表情で、どんな声で存在していたのか、彼の感情の力を感じ、僕らはそれを知らなければならない。



映像の日付は2001年に。海外の検索結果でも2002年になっているので、西暦がいつなのかは定かではありません。

THE ONE & ONLY-Michael Jackson Latest さんによる訳文を再掲します。(サイトは残念ながら終了してしまいました)

2002年、ニューヨーク、ハーレムでのマイケル・ジャクソンの、人種差別に関するスピーチが翻訳されている。すこし長いが引用する。

『 私が6歳か7歳くらいだった時の、遥か昔のインデアナでのことを思い出します。

私はパフォーマーというか、皆さんもご存知でしょうが、エンタテイナーになりたいという夢を持っていた。夜寝ている時いつも、母は私を起こしてこう言ったものだ、

「マイケル、マイケル、ジェームズ・ブラウンがテレビに出てるわよ!」 と。

私 はベッドから飛び起きて、ただ画面を凝視したものだし、すべてのツイストやターンや腰を動かしたり、グラインドしたりしようとしたものだ。Jackie Wilsonも出てきた。他の有名人もたくさん次から次へだ。本当に目を見張るような、際限もないような偉大な才能の連続だった。

この時のアーティスト達が現実に一文無しな状態なのを見る事は本当に悲しいことだ。

彼 等は世界中にとてつもない喜びを生み出したのに、 レコード会社を初めとするシステムが完全に彼等を利用したからだ。レコード会社がいつも主張するように、”アーティスト達は豪邸を建てた”とか、”大金を 浪費している”とか、”たくさんの車を買った”とか、 言うようなことではないんだ。そんなこと馬鹿げている。それは言い訳だ。

そのようなことはアーティストが成し遂げたことに比べれば、なんでもないことだ。

我々が現在闘っていることは、非常に重要なことだと皆さんに知ってもらう必要がある。

なぜなら私はうんざりしているからだ。 私はごまかしに対して心底うんざりしている。

現在の状況で実際に何が起きているのかに関してマスコミがいかに全てを操作しているか本当に嫌気がさしている。メデイアは真実を話さない。彼等はうそつきだ。それから彼等は我々の歴史の本を操作している。我々の歴史書は真実ではないんだ。 それは嘘だ。歴史の本は嘘だ。

皆さんはそれを知らなければならないし それを知るべきなんだ。

ジャ ズからヒップホップ、ビーバップ、ソウルにいたるまでのすべてのポピュラー音楽の形式や、 Cake WalkからJitter Bug、Charleston、Break Dancingまで異なるダンスの形、つまりこれらのすべては、Black dancingという様式なんだ。

現実逃避という感覚、つまりエンタテインメントという現実逃避を人々に与えること以上に重要なことって何だろう?

歌がなかったら我々はどうなるだろうか? 

ダンスがなかったら我々はどうなるだろうか?

喜びや笑いや音楽がなければ?

これらはとても重要なことだ。

し かし、もし我々が角の本屋に行けば、 たった一人の黒人さえも本の表紙になってはいない!という現実を見るわけだ。皆さんはエルビス・プレスリーの顔を表 紙に見るだろうし、ローリング・ストーンズも見るだろう。でもそれを最初に始めた本当のパイオニアはどこにいるんだ?Otis Blackwell は多作で素晴らしい作曲家だ。彼は最も偉大なエルビスの曲の幾つかを書いた。でも彼は黒人だったんだ。 彼は一文無しで亡くなった。そして誰も彼のことなんか知らないし、つまり、彼について書かれた本なんか一冊もない。なぜなら僕は世界中探してきたからわかるんだ。

今日私は彼のお嬢さんにお目にかかった。とても光栄だった。彼女に会った時、私にとっては、それはイギリスの女王に謁見するのと同じレベルのことだったんだ。

しかし、今日私はすべての不公正について話すためにここにいる。

皆さんは思い出さなければならない。

私がレコードセールスで過去の記録を全て破った次の瞬間から、つまり、私がエルビスの記録を、ビートルズの記録を破った瞬間から、ギネスブックの歴史上、史上最高に売れているアルバムとして認知された瞬間から、一夜明けたら、彼等は私を変人、ホモセクシュアル、 児童虐待者と呼び始めたんだ。

私が自分の皮膚を漂白しようとしているとも言った。彼等は世間の人が私に背を向けるようにするために、ありとあらゆる全てのことをしようとした。これは全て完全な陰謀だ。皆さんはそれを知らなければならない。

私は自分の人種をわかっている。鏡を見れば、自分は黒人であることがわかっている。

今や変革すべき時だ。この建物を去るときに、何が(スピーチで)語られたかを忘れないようにしよう

心に入れて、皆さんの自意識の中に入れて、それに対して何か行動を起こそう

我々はそうしなければいけないんだ!

長い間待望されてきたが、今や変革がおきなければならない時なのだ。だから、我々の松明を高々と掲げ、我々が本来当然受ける資格のある尊敬を受け取ろう。

I love you.
I love you.
 

ど うぞ今日心に留めたことを明日に忘れないで。そんなことをするようなら、我々は自分達の目的を達することはできないだろうから。こんな(差別は)やめなけ ればならないんだ。止めなければならないし、だから私はそれを確実に止めさせるために自分の最善を尽くすためにここにいるのだから。

皆さん、I love you.
”And remember: we’re all brothers and sisters, no matter what color we are. 

そしてどうか覚えていてください。 我々は皆兄弟であり、姉妹であるということを。

たとえ我々がどのような皮膚の色(人種)であろうとも。”  』
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月17日 10:19:20 : txKoq6KBVw
マイケルが死んでからファンになった人多し。
それはあまりにも酷い誹謗中傷が日本でもなされたからです。
マイケルのファンなんて、児童虐待しても無罪を信じてるなんて、と思ってた。
ところが亡くなってから暫くして、テレビでマイケルが濡れ衣を着せられていたことが報道されて、情けないことに漸くマイケルの才能に目が行きはじめた次第です。マスコミを信じすぎていた自分がはらただしい!
彼の冤罪を晴らす運動に参加したかったです。
ごめんなマイケル。

02. 2013年6月17日 20:51:25 : dDPJGxf7Vw
濡れ衣を着せられたり、貶められたりするのは、真実に生きている者の証拠だということが、はっきりしてきた。

素晴しいスピーチ。
その思いは、確実に世界中に伝わっている。


03. 2013年7月22日 20:02:35 : gUGFP1qqBo
エルヴィスとビートルズとマイケル・ジャクソンを並べることに意味はない。

クリエイターはジョン・レノンとポール・マッカートニーとジョージ・ハリスン。
あとのはクリエイターではない。


04. 2013年7月26日 08:28:28 : uLAHC0NCNI
マイケルもジョンもダイアナもケネディーもモンローも、犯人は同じか?

05. 2014年7月10日 20:16:16 : 1bd7hJXYYk
これは911の後だ。
マイケルは911が政府の自作自演だと知ったのかもしれない。
それで、下記のような発言をしたかもしれない。

「なぜなら私はうんざりしているからだ。 私はごまかしに対して心底うんざりしている。

現在の状況で実際に何が起きているのかに関してマスコミがいかに全てを操作しているか本当に嫌気がさしている。メデイアは真実を話さない。彼等はうそつきだ。それから彼等は我々の歴史の本を操作している。我々の歴史書は真実ではないんだ。 それは嘘だ。歴史の本は嘘だ。」

マイケルは、では自分も死んだ事のようにマスコミを操ったのか。
私は、マイケルはまだ生きていると思う。
自ら死んだことにして、どこかで悠々と生きているとも思う。


6. 2017年3月14日 16:44:29 : G63bOKQHuc : @FBgDPmfE68[1]
Otis Blackwellのこと知りませんでした。
マイケルの本心は、怪族女王に謁見するよりもはるかに重要な出来事だったに違いないです。

>今日私は彼のお嬢さんにお目にかかった。とても光栄だった。彼女に会った時、>私にとっては、それはイギリスの女王に謁見するのと同じレベルのことだったんだ。


Tomomi's

「冷たくしないで」は、オーティス・ブラックウェルが作者

2012-03-14
http://blog.goo.ne.jp/tom7313nanamad/e/a99248bdd838cf79b279a2533c9644d6


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 芸能ニュース等2掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 芸能ニュース等2掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧